反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

<   2008年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

DREAM.2観戦記②

田村潔司○-×船木誠勝(1R TKO)
 煽りVについては、前田を引っ張り出した時点で佐藤Pの勝利でしょう。この一戦を語るのにこれ以上の人選はありえないですよね。どうせなら解説席にも座ってほしかった。UWFをリアルタイムでは見ていないのに、最後の方は鼻の奥がツンとしてきた。
 「田村はテーマ性のある試合では凄味を発揮する」というのは以前から思っていたことなんですが、今回もさすがでしたね。UWFという共通の遺伝子を持ちながら、Uインターとパンクラスという違う道を歩んだ二人。その両者の邂逅の結果、田村が船木に対して突きつけたのはパンクラスの看板であったはずの「秒殺」という現実だった、という見方はセンチメンタルに過ぎるだろうか。
 マッチメイクの時点で生じた大きなテーマを短い試合時間の中で濃密に消化しきった、競技論とは別の意味での名勝負。試合後、両者ともコメントせずにリングを降りたのも良かった。この試合に関しては、当事者ではなく試合を見た観客の側が語るべきでしょう。

デニス・カーン×-○ゲガール・ムサシ(1R 三角絞め)
 打撃戦になるかと思いきや、カーンが落ち着いてテイクダウンに切り替えてグラウンドをコントロール。やはり総合力に勝るカーンが優位か、と思いきや、パウンドに来たカーンをムサシが三角に捉えてあっという間に一本勝ち。弁慶VSスルタンアクメドフもそうだったけど、ハイレベルな実力者同士の一戦であっても、決まるときは一瞬の隙で勝負がついてしまう、ということか。カーンとしてはもったいない敗戦だなあ。

桜庭和志○-×アンドリュース・ナカハラ(1R フェースロック)
 ナカハラの腰の重さに手こずりつつも、落ち着いて対応し続けた桜庭がテイクダウンから一気に勝負を決めて一本勝ち。総合の試合で「フェースロック」というフィニッシュを初めて見た。まあ経験の差が順当に出た、という感じですね。

 各試合ともちゃんと盛り上がるポイントがあり、興行全体として及第点の内容を見せてくれた、という感想。本当は旗上げ戦でこういうものを見せて欲しかったんだけど、その旗上げ戦の消化不良感を第1試合できっちり払拭してくれたという点も含めて、十分合格点でしょうね。
 2回戦のカードだけど、桜庭VS田村は何としても実現してほしい。ファンも待たされ過ぎたほど待ち続けているんだし、もはや出し惜しみをする状況ではないでしょう。長い長い回り道の末にぶつかり合う二人がどういう化学反応を起こすのか、というのはやはりこの目で見届けたい。あとはムサシVS弁慶も組んでほしい。タイプ的にも噛み合いそうだし、語呂もいいし。(←もの凄い適当な根拠だが、けっこう核心を突いているのではないかという自信がある。)
 残りの選手については、どういう組み合わせにしても大ハズレもなければ大爆発もないかな、という感じ。残り1枠の選手が決まってからシャッフルですかね。

 来月も楽しみ。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-04-30 23:19 | その他(総合・寝技系) | Comments(4)

DREAM.2観戦記①

 PPV観戦。まずは前半戦の感想を。

J.Z.カルバン×-○青木真也(判定)
 青木すげえ!!!!!
 もう他に言葉がいらない、というより表現する言葉が見つからない一戦。前回と同様打撃の距離を潰した青木が、バックマウントからねちっこくカルバンを攻める。下になっても蹴りを使ってカルバンにパウンドの距離を取らせない青木が、2Rにもアームロックを極めかけて文句なしの完勝。因縁の一戦に遂に答えを、しかも最高の答えを出してみせた。
 カルバンも一発で試合を終わらせる力を持っているだけに、最後まで息が抜けない緊張感の連続。2Rのアームバーを逃れたカルバンの根性も凄かった。この一戦、会場で見たら泣いてただろうな。 

ミノワマン×-○金泰泳(判定)
 金の試合運びって本当にソツがない。序盤はロー中心の攻めでテイクダウンを取られてもガッチリガードで凌いで、相手のペースが落ちてきた1R中盤以降はテンカオも混ぜて一気に攻勢に。どっちが総合の場数を踏んでいるのか分からない試合内容だった。
 終盤はお互いガス欠を起こして低レベルの殴り合いになってしまったのは残念。年齢を考えると、金のウイークポイントは長丁場になった時のスタミナか。

ユン・ドンシク○-×大山峻護(判定)
 大山も動きは悪くなかったんだけど、現段階での両者の地力の差が現れた感じ。ドンシクは一本は逃したけど、スタンドも対処していたしパウンドも効果的に使っていたし、やっぱり強いわ。

ゼルグ・“弁慶”・ガレシック○-×マゴメド・スルタンアクメドフ(1R 腕十字)
 いきなり打撃を仕掛けた弁慶をスルタンアクメドフがあっさりテイクダウン。ここから両者スイープを繰り返し、どちらが主導権を握るか・・・と思っていたところで弁慶の下からの腕十字が極まり一本。好勝負の予感がプンプンしていただけに、あっさり決着が着いてしまい残念。スルタンアクメドフはロシア人特有の体の強さを端々で発揮していたので、もうちょっと見ていたかったなあ。

ホナウド・ジャカレイ○-×イアン・マーフィー(1R チョークスリーパー)
 アリゲーター、グリーンボーイをいとも簡単に一呑み。頭部にヒザを入れた辺りでマーフィーは心が折れてたね。
 実力差からして当然ではあるんだけど、グラウンドでのジャカレイの動きの素晴らしいこと。マッチメイク次第だけど、調子づいたらGPの台風の目になりそう。やはりトリッグ戦が流れたのは正解だったかも。

 後半へ続く。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-04-29 23:47 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)
 毎度恒例の企画。オランダ大会の結果、ランキングに変動が。

スーパーヘビー級
王者 シュルト(→)
1位 アーツ(→)
2位 レミー(→)
3位 グラウベ(→)
4位 武蔵(→)
5位 バンナ(→)
6位 バダ・ハリ(→)
7位 澤屋敷(→)
8位 グーカン・サキ(↑)
9位 スロウィンスキー(↓)
10位 エロール・ジマーマン(↑)


 IT'S SHOWTIMEの方でスロウィンスキーに勝ったサキ、トーナメントでブレギーに勝ったジマーマンがランクイン。ブレギーとマゴメドフは押し出される形でランク外へ。スロウィンスキーは今年の台風の目だと思っていたんだけど、いきなりつまづいちゃったなあ。っていうかサキをこれからどう扱うんだろう。

ヘビー級
王者 バダ・ハリ(→)
1位 金(→)
2位 武蔵(→)
3位 澤屋敷(→)
4位 藤本(→)
5位 レミー(↑)
6位 マヌーフ(↓)
7位 グラウベ(→)


 レミーは今回体重100キロオーバーだったと思うんですが、直接対決の結果を反映してマヌーフとランクを入れ替え。マヌーフはここまでボコボコにやられちゃ、さすがにDREAMへのスクランブル出撃は難しいか。
[PR]
by nugueira | 2008-04-28 23:33 | K-1 | Comments(1)

DREAM.2の予想

 カード編成のドタバタでテンションダウンは否めませんが、DREAM.2の予想を。

J.Z.カルバン×-○青木真也
 前回のノーコンテストになるまでの展開をどう見るか。カルバンが寝技に持ち込まれる隙を見せなかったとも言えるし、青木が打撃の距離をうまく潰していたとも言える。とりあえず、「青木と心中」という当初のスタンスどおり行かせてもらいます。
 正直、このカードについては「どっちでもいいからちゃんと決着さえ着いてくれればいいよ」というえらい低いハードル設定で見てしまっていますが。

ミノワマン×-○金泰泳
 なんだかんだで今回最も予想が難しい試合。ミノワマンの方が場数の分はあるけど、金も復帰以来、非常にいいパフォーマンスをしているからなあ。ミノワマンが勝つとしたら寝技だけど、無駄に足関やってる間に逃げられて一発もらっちゃいそうな気が。

ユン・ドンシク○-×大山峻護
 マヌーフ戦以降、自分の勝ちパターンを固めてきているドンシクが大山相手に取りこぼす要素が見当たらない。秋山欠場によりこのトーナメントの優勝候補最右翼はドンシクでは、という気がしてきた。

ゼルグ・“弁慶”・ガレシック○-×マゴメド・スルタンアクメドフ
 スルタンアクメドフも要注目なんだろうけど、とりあえず馴染みのある方に一票。弁慶は去年勝ったことで、本来のポテンシャルを発揮してくれるのでは。

ホナウド・ジャカレイ○-×イアン・マーフィー
 トリッグ相手は正直キツいのでは、と思っていたジャカレイだけど、無名の相手に変更してくれて一安心というところか。「ランディ・クートゥアー並みの逸材」がどんなもんなのか見せてもらいましょうか。

田村潔司○-×船木誠勝
 さすがに船木に賭ける要素が見つからない。田村も試合ごとのムラが大きいのでそれ次第だけど、こういうテーマ性の強い試合では凄味を発揮するタイプなので、意外とサックリ勝つんじゃないかと。

デニス・カーン○-×ゲガール・ムサシ
 一回戦最大の潰しあい。とはいえ、ムサシはカーン相手にアップセットを演じるほどのポジションにまでは来ていないか。

桜庭和志○-×アンドリュース・ナカハラ
 どういう切り口で何を語ったらいいのかもよく分からないカード。ここまでやって桜庭を引っ張り出したからには、2回戦で田村戦を実現してくれるんだろうな?準決勝まで引っ張ろうとしたら、その前にお互い負けちゃうよ。

 PPVで見ます。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-04-27 23:04 | DREAM | Comments(4)

DREAM.2

 この前の記事で戦極のカード発表の早さを褒めたとき、「それに引き換えDREAMは・・・」という思いがあったんですが、案の定こういう展開に。

http://www.boutreview.com/data/news05/080429dream.html

 もうねえ、いい加減にしてくれ、という以外に感想が出てきませんよ。みんな思ってるんだろうけど。
 「60億分の1」だとか「世界最高峰」だとかを実現するのはもう無理、というのは冷静なファンはちゃんと分かっているわけで、DREAMはDREAMなりの世界観と熱気を地道に作ってくれればいいんですよ。でもカードが決まらない、発表したカードを実現できないじゃ、世界観だの熱気だのいう以前の問題じゃないですか。これじゃファンもシラける一方ですわ。

 笹原氏の発言内容からするに、トリッグと正式な契約を交わしていなかったのは間違いなさそうだけど、この御時世に口約束だけでカード編成を進めちゃうのは問題外でしょう。PRIDE時代もおそらくこんな感じだったのかな、というのが察せられるけど、日本の団体がズバ抜けていい条件を提示できる状況でもなくなっているわけだし。

 戦極のバローニ問題や三崎を巡る谷川発言もそうだけど、主催者側は「親しき仲にもまず契約」というのを肝に銘じて欲しい。アバウトな大会運営は選手とのトラブルを増やして、ファンの信頼を損なう結果にしかつながらないので。

 残り1カードは誰を引っ張り出すんだろう。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-04-26 13:48 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

UFC83

 ジョルジュ・サンピエールVSマット・セラをやっと動画で見れた。

 地元カナダだけあってと言うべきか、地元ということを差し引いてもと言うべきか、GSPへの歓声(及びセラへのブーイング)がすごいね。何度も言ってるがどっちが正規王者なのか分からなくなってくる。

 試合の方もGSPの独壇場。これも予想どおりと言うべきか、予想以上にと言うべきか。開始直後にセラのパンチに対して潜り込むようにテイクダウンを取ると、セラに起き上がる隙を与えずポジションをキープし続け、隙間が空くと強烈なパウンド。2Rもこの流れは変わらず、最後はグラウンドでヒザを入れ続けたところでレフェリーストップ。セラは文字どおり何もさせてもらえず、「やはり去年の敗戦は何かの手違いだった」ということをGSPがいとも簡単に証明してみせた。

 今のGSPは完全にレスリング主体のスタイルにシフトチェンジした感じ。まあセラには前回打ち合いで負けているので、スタンドを必要以上に避けたのかもしれないけど。

 次の挑戦者はジョン・フィッチでほぼ決まりのようだけど、今のGSPを相手にどうこうできるのかなあ。と言いつつフィッチの試合を見たことないんだけど。黄金のウェルター級も、気づけばGSPの絶対政権樹立が近づいてきたか。
[PR]
by nugueira | 2008-04-25 23:30 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)

ジョシュVSモンソン

 戦極第二陣のジョシュ・バーネットの対戦相手がジェフ・モンソンに決定。少し前に「ジョシュVS小川」という噂を聞いたときはけっこうテンション上がったんだけど。小川は前々から噂には上がり続けているので、戦極と何らかの交渉は続いていると見ておいていいんですかね。

 ジョシュが有利だろうとは思うものの、モンソンの寝技にどこまで付き合っちゃうんだろう、というのがやや心配。相手の持ち味を引き出すいつもの「風車の理論」をやると、ガッチリ固められて終わっちゃいそうな気も。

 大会3週間前にここまでカードを揃えているのは上出来。アメリカの団体に比べると遅いけど。通好みのツボを押さえているカード編成といい、やっぱり戦極の姿勢は評価しておくべきなのでは、と思えてくる。
 真っ先に参戦発表されたホジャーの相手が未定なのがかわいそうだけど。
[PR]
by nugueira | 2008-04-24 20:08 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)

K-1オランダ大会の予想

 K-1オランダ大会の勝敗予想を。トーナメントには結局スロウィンスキーもレコも出ないということで、少々トーンダウンですが。

ダグ・ヴィニー×-○ザビット・サメドフ
 昨年の最終予選決勝のリマッチ。前回のヴィニーの勝利もかなり微妙な判定だったからなあ。地元ヨーロッパでもあり、サメドフのリベンジという予想にしておきます。

フレディ・ケマイヨ○-×カタリン・モロサヌ
 うわー、よく分かんない。じゃあ見覚えのあるケマイヨに印つけとくか。2月の1回戦ではグールに勝ってるし。それも評価の根拠としてはやや微妙だけど。

エロール・ジマーマン×-○アティラ・カラチ
 これもよく分かんないや。なんか今回のトーナメント予想に手を出していいのか不安になってきた。カラチってハンガリーの注目株なんだっけ。じゃあこっちの勝ちにしとくか。ちなみにカラチの所属は「ハンガリアン・トップチーム」。いい加減にしとけよ。

ビヨン・ブレギー○-×ヤン・“ザ・ジャイアント”・ノルキヤ
 サップを秒殺し勢いにのる(苦笑)ノルキヤがヨーロッパGPへ殴りこみ。でも相手がブレギーじゃなあ。唯一の強みである体のデカさすら活かせないとなるとかなりきつそう。

 で、準決勝以降。

サメドフ○-×ケマイヨ
 ここ1年ぐらいの戦績からするにサメドフの方が地力に上回っていそう。

カラチ×-○ブレギー
 カラチにそこまで肩入れする根拠がない。

サメドフ×-○ブレギー
 サメドフに頑張ってほしい気もするが、さすがに体格とパワーの差が出そう。

 というわけで優勝はブレギーという予想結果に。これはけっこう鉄板かな、という気がする。

 あとはスーパーファイト。

レミー・ボンヤスキー○-×メルヴィン・マヌーフ
 興味深い組み合わせではあるけど、ボンヤスキーはマヌーフに自分の距離で戦わせないでしょ。蹴り主体で手堅く勝ちそう。マヌーフはDREAMのミドル級GPに出てくれりゃよかったのに。さすがに地元の試合を優先しないわけにいかないんだろうけど。

 頼むから日本で放送してくれないか。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-04-23 23:39 | K-1 | Comments(0)

パンクラスの予想

 日曜に行われるパンクラスの予想を。いつもはあまり手を出さないんですが、1月大会をスカパーで見た直後でもあるので。

井上克也○-×クラバノフ・ジャマル
昇侍○-×大石幸史

 その1月大会のタイトルマッチに勝利した2人が揃って出陣。まあ両者とも無難にクリアだろう、という予想で。ライト級戦線はこの2人を軸にしたいところだろうし。そう言いつつも、井上の相手のロシア人がまた無闇に強かったらどうしよう、という不安感もありますが。

近藤有己○-×KEI山宮
 今大会のメインは予想の難しい一戦。ここ最近80キロ台の試合が多かった近藤にライトヘビー級での試合はどう影響するか。打撃戦になったらキックボクシングで戦歴を積んだ山宮が上回るのでは。などと近藤にとっての不安要素の方が大きいものの、パンクラスにおける近藤の「内弁慶」的な強さを信じてこういう予想に。最悪でもドローぐらいには持ち込むんではないかと。
[PR]
by nugueira | 2008-04-22 23:24 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

全日本キックの予想

 土曜の全日本キックの予想を。

ベルナール・アッカ×-○西脇恵一
 アッカがいきなり全日本キックに電撃参戦。身体能力は侮れないけど、ここはさすがにチームドラゴンにきっちり迎撃して欲しいところ。まあアッカが勝てばそれはそれで面白いけど。

ソルデティグレ・ヨースケ×-○上松大輔
 来月のCUB-KICKSもそうだけど、チームドラゴン絡みのカードだけK-1ルール。なんだなんだ、前田憲作のワガママは全部通るということなのか。
 ソルデティグレって先月の大会でKO価値してた選手だっけ。まあ上松がきっちり復帰戦を飾るんではないかと。真弘とのタイトルマッチはちゃんと実現してやってほしい。

望月竜介○-×江口真吾
 望月も早く山内とタイトルマッチやればいいのに。本来一階級上の相手なので油断できないけど、無難にクリアして欲しい。

藤原あらし○-×ロームラン・オー・ベンジャマー
 ムエタイ超えをテーマにしているらしいあらしの2008年第1戦。ワンロップ戦の勢いをそのまま持ち込んでくれることを期待。タイ人は無名でもむやみやたらに強い可能性があるので心配だが。それにしても今回の相手、「当初発表では19歳だったけど本当は29歳」って、ものすごいサバの読み方だな。

石川直生×-○山本元気
 ノンタイトルとはいえ大注目のこのカード。最初は石川優勢じゃないかなあ、と思っていたんですよ。モチベーションでは明らかに上回っているだろうし、元気は試合感覚が空いちゃってるし。
 でもやっぱり、極上のカードだからこそ理屈じゃなく直感で予想。思えば全日本キックを観始めたころ、元気の「殺しの左」に心の底からシビれたものでした。一昨年のワンロップ戦に匹敵するような、超弩級の名勝負を期待しています。

 さすがに会場観戦はできない。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-04-21 23:54 | 全日本キック | Comments(2)