反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

<   2007年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

K-1開幕戦の感想

 テレビで見た感想。客入ってましたねえ。キャパがどのくらいの会場なのかはよく知りませんが。

セーム・シュルト○-×ポール・スロウィンスキー
 スロウィンスキーがペースをつかむ間もなく、シュルトが伸びるジャブ・ストレートから、最後はヒザ一撃で圧勝。以前知人が「シュルトってAボタンとBボタンだけ押してるような攻撃で勝っちゃうよな」と言っていたのを思い出した。これを見ちゃうと、やっぱり決勝大会はシュルト優勝が一番手堅いなあ・・・。

グラウベ・フェイトーザ○-×ハリッド・ディ・ファウスト(判定)
 1Rにグラウベのヒザが入ったときは「こりゃすぐ終わるわ」と思ったのだが、ファウストがここから粘ること。今年に入ってから初の試合とはとても思えない。
 グラウベがしとめ損なったというより、ファウストが倒れなかったことを褒めるしかないような内容。やっぱりビジネスで成功する人間は根性あるわ、と変な関心をさせられてしまった。

レミー・ボンヤスキー○-×ステファン“ブリッツ”レコ(1R KO)
 開始直後からハイスパートでの打ち合い。このレベルの選手が互いに万全のコンディションと気合でやり合うとこうなる、といういい例。最後のストップのタイミングはちょっと早かったかなあ。もう少し長く見ていたい試合だった。

ジェロム・レ・バンナ○-×パク・ヨンス(1R KO)
 まるでマンガのようなKOシーン。バンナは決勝トーナメントに向けていい試運転になったか。

バダ・ハリ○-×ダグ・ヴィニー(2R KO)
 ダグ・ヴィニーに「アテネ五輪ボクシング出場」という肩書きがついていたのにビックリ。最終予選の時点からそれ言っとけよ。
 パンチの回転の速さではヴィニーに分がありそうだったが、ハリは落ち着いて距離を取ると、ヴィニーがローを狙って下を向いた瞬間にパンチ一発でKO。去年のニュージーランド大会のハリならガンガン打ち合いに応じて負けていた気がする。自分の間合いで戦える冷静さと、勝負どころを逃さない決定力が今のハリには備わっている。

藤本祐介×-○澤屋敷純一(3R KO)
 藤本が武蔵から日本人最強の座を奪ったのが3月。それからわずか半年後に、今度は藤本が澤屋敷に敗北。時代が移り変わる時期というのはここまでめまぐるしくなるものなのか。
 澤屋敷は勝つとすればカウンター狙いかと思っていたんだけど、実際はテンカオと首相撲からのヒザでじわじわダメージを与えてのKO勝ち。技術論から見れば、ヒザという新しい引き出しを用意していた澤屋敷の作戦勝ちということになるのだと思う。
 でもそれ以上に、序盤に鼻を骨折して大流血してもそこから巻き返した辺りに、澤屋敷の勢いというか、「こいつが勝つことになっているんだ」という時代の流れのようなものを感じずにはいられない。12月の決勝トーナメント、澤屋敷はいよいよ正真正銘の大一番を迎える。

ピーター・アーツ○-×レイ・セフォー(1R TKO)
 予想どおり、ここ1~2年の両者の調子がそのまま反映された試合内容。少し前ならセフォーのパンチ対アーツの蹴りという構図になっていたんだろうけれど、今の両者の力関係では、セフォーはパンチですら優位な展開には持ち込めなかった。シュルトの3連覇を止められるとしたらやっぱりアーツかな・・・。

チェ・ホンマン○-×マイティ・モー(判定)
 まず最初に言うと、ホンマンの今回の試合運びは悪くなかったと思う。前蹴りで距離を取って攻めて、モーに懐に飛び込まれても慌てずに決定打を避けていた。試合前に狙っていたゲームプランをしっかり実行できていたと思う。
 それだけに、2Rのあのダウンがなあ・・・。映像で見る限り、明らかにローブローだろう。しかもラウンドが終わってもその場面はスロー再生してくれないし。実際がどうあれ、あれじゃ「主催者ぐるみの八百長」「極端なホームタウン・ディシジョン」と見られて仕方ないですよ。あのダウンがなければドローで延長ラウンドに入っていたはずで、後味の悪さだけが残る試合になってしまった。

 今年も決勝大会は見に行くかな。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2007-09-30 23:20 | K-1 | Comments(0)

全日本キック速報

泰輝×‐〇望月竜介(判定)
カウンターでダウンを奪った望月、泰輝の追撃を振り切りリベンジに成功。

濱崎一輝×‐〇石毛慎也(3R TKO)
序盤は様子見の感もあった石毛だが、肘一撃で濱崎の鼻を粉砕し完勝。
d0010886_931714.jpg

金沢久幸×‐〇クリストフ・プルボー(判定)
プルボーが肘、膝で計4度のダウンを奪う圧勝。
d0010886_93362.jpg

サムゴー・ギャットモンテープ○-×レイ・スターリン(2R KO)
 腹ダルダルのサムゴー、左ハイ一撃でスターリンを粉砕。信じられない!
d0010886_935745.jpg

 「生きる伝説」は、「錆びついた神話」などではなかった。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2007-09-29 23:00 | 全日本キック | Comments(2)

今日の速報

 今回も全日本キックボクシング後楽園ホール大会を速報。

 11月のトーナメントに向けた中量級の注目カードが目白押し。サムゴーのダブついた身体を拝見してきます(苦笑)。
[PR]
by nugueira | 2007-09-29 16:01 | 全日本キック | Comments(0)

K-1開幕戦の予想

 明日に迫ったK-1開幕戦。間際でのカード変更などバタバタした部分もありますが、勝敗予想させてもらいます。

バダ・ハリ○-×ダグ・ヴィニー
 誰にあてがわれるのか興味深いところだった安全パイ・ヴィニーはバダ・ハリの相手をすることに。今年に入ってからの好調ぶりを見ても、バダ・ハリが問題なく勝つでしょ。体格差があるわけでもないし。

セーム・シュルト○-×ポール・スロウィンスキー
 シュルト、相変わらず理不尽なまでに扱いが悪いなあ・・・。2連覇してる王者の試合順じゃないぜ、これ。
 スロウィンスキーを当てるあたりに「うまいこと番狂わせが起きてくれないか」という主催者側の意図を感じるのですが、去年も同じ狙いで送り込まれたブレギーをあっさり下してるからな。スロウィンスキーが強くなってるのも間違いないところなんですが、自分のペースに持ち込む前にシュルトに押し切られるんじゃないかと思います。

レミー・ボンヤスキー○-×ステファン・“ブリッツ”・レコ
 去年ローブローであれだけ騒動になったカードをどうして平然と組むかなあ。もうレコがローキックを出すだけでドキドキしちゃいそう。
 レミーってここ数年は地味に安定した結果を残してるんだよね。判定までもつれこむだろうけど、レミーの手堅い勝利を予想。

グラウベ・フェイトーザ○-×ハリッド・“ディ・ファウスト”
 今年に入ってから怪我続きで1試合もしていないファウスト、開幕戦にやっと登場。まあグラウベも1試合しかしてないけど。
 ここ最近精彩を欠く印象もあるグラウベだけど、この組み合わせなら地力の差を見せてくれるんじゃないでしょうか。

ジェロム・レ・バンナ○-×パク・ヨンス
 カラエフが交通事故により欠場。KO負け続きで打たれ弱くなってたからなあ・・・。そういう問題じゃないか。とりあえず無事を祈ります。
 バンナもなんぼなんでも、この相手にとりこぼしはしないでしょう。カラエフ相手でもバンナ勝利と予想するつもりだったけど。景気づけになるドカンとしたKO勝ちを期待してます。

藤本祐介○-×澤屋敷純一
 開幕戦の中でこのカードが一番難しい。澤屋敷はこの面子の中に放り込まれるとさすがにボロが出そうな気がするんだけど、藤本も負けず劣らずポカが多いからなあ・・・。
 とはいえ、やはり場数の差で藤本が押し切るんではないかと。チードラの勢いはバカにできない、という思いは捨てきれませんが。

ピーター・アーツ○-×レイ・セフォー
 ベテラン同士の派手な潰しあい。とはいえ、今年はどうもパッとしないセフォーに対して、「変なもん食ってるんじゃないのか」と疑いたくなるぐらい好調を維持しているアーツ。勢いがそのまま試合内容と結果に反映されそう。

チェ・ホンマン○-×マイティ・モー
 「開催国推薦」という降ってわいた制度で気づくと名前が潜り込んでいたホンマン、モーへのリベンジマッチに挑戦。
 この試合も予想難しいんだよなあ。普通ならモーが返り討ちという展開になりそうなんだけど、ここ2試合で明らかにリズムをおかしくしているし。ホンマンが自分の間合いをキープしたまま判定でリベンジ成功するんじゃないか、という気がしています。
 モーに負けて以降露骨にプロテクトが発動されているホンマンをどこまで評価したものか、という点も非常に難しいところだけど。

 今年の決勝は横アリかよ。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2007-09-28 23:16 | K-1 | Comments(0)
 先日のUFC76の結果、大混乱になったライトヘビー級戦線。そもそもトップコンテンダーが誰なのかも分からなくなってきたので、状況の整理を。

ダンヘン・・・当分は順番待ち。そもそもミドル級に落とすか?
リデル・・・2連敗で王座挑戦からは完全に圏外。
ティト・・・エヴァンスとの決着戦が必要なので、タイトル戦線どころじゃない。
シウバ・・・デビュー戦でいきなりタイトルマッチはさすがにないか。
ショーグン・・・いきなりコケた上にヒザの手術で長期欠場・・・。
グリフィン・・・ショーグンには勝ったものの、それ以外に上位陣相手の実績がない。
LYOTO・・・無敗だが内容がしょっぱい。
ビスピング・・・上位陣相手の実績がない。
ジャーディン・・・リデルに快勝したならともかく、スプリット判定ではアピール不足。
中村・・・コカイン。

 はい、見事に全員が全員決め手に欠ける結果となりました。

 それでも消去法で考えると、シウバ、グリフィン、LYOTOのうちのいずれか2名で挑戦者決定戦という感じかなあ。UFCとしてのプッシュしやすさを基準に考えると、シウバVSグリフィンが妥当なところですかね。ショーグンの敵討ちというストーリーもあるし。
[PR]
by nugueira | 2007-09-27 23:22 | その他(総合・寝技系) | Comments(3)

全日本キックの予想

 土曜に開催される全日本キックの予想です。
 70キロトーナメントは山内の怪我により残念ながら延期となったものの、結果的にえらく豪華な前哨戦が実現することに。

泰輝○-×望月竜介
 カノンスック改め泰輝が望月相手にえらい早いリマッチ。前回の対戦も序盤は望月がローで押していたから接戦になっておかしくないんだけど、あの勝ち方を見る限りやっぱり勝敗はひっくり返らないかな。

濱崎一輝×-○石毛慎也
 試合を見たことはないのだが、NHBから参戦の石毛に一票。濱崎を評価する要素もあまりないし。

金沢久幸×-○クリストフ・プルボー
 個人的に出場候補と読んでいたプルボーがやはり参戦。70キロに適応できるかが未知数ではあるのですが、これまでの試合内容から考える限り、金沢を食ってしまう可能性は高いと思います。

サムゴー・ギャットモンテープ×-○レイ・スターリン
 山内が欠場したかと思ったら、隠し玉としてサムゴーが参戦!いやー、ビックリした。さすが全日本キックですわ。
 とはいえ、無理矢理体重増やした感満載のだぶついた体を見る限り、ドラゴや山内に五分以上の戦いをしているスターリン相手はちょっと荷が重いのではないかと。今回はさすがに無理な気がするなあ。

 この8名に山内・クンタップ・大輝・優弥といった面子を加えたメンバーがトーナメントの出場候補ですかね。優弥は代々木大会もあるから少しきついかな。いずれにしても中身の濃いトーナメントになってくれそうで、今から楽しみ。
[PR]
by nugueira | 2007-09-26 23:12 | 全日本キック | Comments(0)
 この週末は注目の興業が多いので、勝敗予想を立て続けにやらせてもらいます。まずは日程的には前後しますが、シュートボクシングから。

 今回はTATSUJI・HAYATOが参戦、10月の両国にはアンディ・オロゴンが参戦と、「MAXでさばききれない選手をシュートボクシングで消化する」という構図ができつつありますね。まあオロゴンを除いて、結果的に興味深いカードが増えることになるので歓迎ですが。

宍戸大樹×-○TATSUJI
 宍戸にとってはホームでの試合となるものの、ここ最近の両者の勢いがそのまま反映されるのではないかと思います。去年のブアカーオ戦以降歯車が狂いっぱなしの宍戸と、この2年で着実に経験と結果を積んでいるTATSUJI。宍戸がつけいる隙があるとは、ちょっと考えにくいんですよね。

大野崇×-○HAYATO
 このカードについても、ホームの立場となる大野の不利は否めないという気が。HAYATOはMAXではどうも突き抜け切れないものの、試合内容は一定のラインをキープしているし。大野相手に取りこぼしをすることはないんじゃないでしょうか。

 シーザー会長の体は大丈夫なのか・・・。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2007-09-25 23:22 | その他(立ち技系) | Comments(0)

UFC76

 もう本当に驚き。動画で見たのはマウリシオ・ショーグン対フォレスト・グリフィンだけなんですが、どうしてこんな結果に・・・。
 序盤の感想は「ショーグン相変わらず寝技うまいなあ」といったところ。不利なポジションになる場面は多いんだけど、そこからスルスルッと体勢を入れ替えちゃう。
 でもいつもならスムーズに上のポジションを取るところが、タックルに行ってもグリフィンに凌がれたまま、カメの状態でパンチをもらう場面が徐々に増えてくる。2R後半からはショーグンがガクッとペースダウンし、完全にグリフィンが主導権。別に長丁場が不得手ではないはずなのに。
 結局3R終了間際にチョークを極められたけど、どっちみち判定でも負けていたでしょう。この1試合だけで判断するのは早計かもしれないけど、ミルコといいショーグンといい、PRIDE勢はなぜここまでパッとしないのか。UFCは結果的に、単価が高くて使い勝手の悪い選手を増やしてしまっている・・・。

 チャック・リデル対キース・ジャーディンは動画はまだ見ていないけど、ライトヘビー級戦線はもうぐっちゃぐちゃだな。これで年末のリデルVSシウバは白紙、ランペイジに次に誰が挑戦すればいいのかも分からなくなってきた。
 もっとも、リアルファイトの興行である以上、こういう事態は一定の確率で起こりえることなんでしょうけど。去年のPRIDEだって無差別級GP直前にハリトーノフとショーグンが立て続けに負けてるし。今は団体自体に勢いがあるから、最終的にはうまいこと面白い方向に回っていくんですかね。

 中村和裕対LYOTOは速報しているサイトで活字だけみて、あまりに予想どおりの内容だったので動画を探す気すら失せた。混迷のライトヘビー級戦線だが、LYOTOがしばらくタイトルマッチに挑戦しないことだけは確実だろうな。

 やはり「UFC76 動画」で来る人多数。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2007-09-24 23:32 | UFC | Comments(0)
 「久しぶりに相撲を生観戦だ!」と思い立ち嫁に相談したところ、「チケット手に入るの?」という反応が。
 「大丈夫だよ、絶対当日券余ってるって」と言いつつ、念のため土曜に様子を見に国技館へ。

 千秋楽のチケット、完売でした。

 ええっ!?相撲ってそんなに客入ってるの?なかなか満員御礼が出ないとか、一時期不入りが話題になってなかったっけ。

 おかしいなあ、去年国技館に行ったときも、こんなにガラガラだったのに。
d0010886_12144589.jpg

d0010886_1215051.jpg

 あー、失礼。これ、S-CUPの画像でした。

 よせばいいのに、今年もまた両国大会が・・・。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2007-09-23 12:16 | 雑記 | Comments(2)
 月曜にディファで開催のM-1ムエタイチャレンジ。観戦はしませんが、注目のカードが多いので勝敗予想をしてみます。

クンタップ・ウィラサクレック○-×白虎
 今月初めに新日本に出場したクンタップがまたも登場。ムエタイの世界ではざらなんだろうけど、よく働くねえ。まあ今回も問題なく勝つでしょう。
 全日本の70キロトーナメントがせっかく延期になったんだから、是非クンタップも出場してほしい。

我龍真吾×-○城戸康裕
 日本人同士によるM-1ミドル級タイトルマッチ。正直、どちらについても「何度か試合を見たことはあるがさほど詳しくは知らない」ぐらいの知見しかないんですが、宍戸にも勝って勢いに乗る学生キックの星・城戸がタイトル奪取するのではないかと。

ワンロップ・ウィラサクレック×-○米田貴志
 今回最も予想が難しい試合。万全の状態なら間違いなくワンロップなんだけど、先月まで体調を崩してたばかりだしなあ。前回の対戦もけっこう接戦だったし、格上の選手に「まさか」という番狂わせを演じることの多い米田が、今回もやらかしてしまうのではないかと予想しておきます。
 ちなみに先日、なぜか私と米田がスパーリングをやるという夢を見ました。いやー、こっちのパンチ一発も当たらないんだもん。やっぱ米田は強いわ。

カノンスック・ウィラサクレック○-×TURBΦ
 先月あれだけ派手なKO負けをしたカノンスックが出場。ボクシングみたいにKO負けに対する出場停止措置はないのかね。
 付け入る隙がありそうな気はするものの、TURBΦって結局は日本人相手に勝ったり負けたりのレベルの選手だからなあ。カノンスックの勝利に一票入れときます。

コムパヤック・ウィラサクレック○-×駿太
 コムパヤックって元気やあらしに勝ってる選手ね。じゃあ今回も勝つ。

 今年もM-1(漫才の方)に出場します。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2007-09-22 14:53 | その他(立ち技系) | Comments(4)