反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

<   2006年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧

 まず、アーツの欠場が非常に残念。せっかく「史上最高」と言っても言いすぎではないメンバーが揃っていたのに。アーツ自身今年は調子良さそうだったから、結構期待していたし。アーツのいない東京ドームは遠からず現実になると思っていたけど、このタイミングでこういう形で実現してしまうのはなんとも・・・。

ルスラン・カラエフ○-×バダ・ハリ
 試合間隔が空いているハリがいきなり勝つのはどうも想像できない。カラエフも打たれ弱いから、序盤でいいのが一発入ると分からないだろうけど、それ以上にハリも試合内容がけっこう粗いからなあ。
 ここから先は実力とは関係ないんですが、どうもハリは好きになれない。今も、おそらく今後も。パフォーマンスもプロの条件であるのは認めるけど、結果の伴わないビッグマウスは単なるチンピラと変わらんでしょう。

ゲーリー・グッドリッジ×-○レミー・ボンヤスキー
 当初のカードどおりならアーツが勝つんじゃないかと予想していたんだけど、さすがにこの組み合わせならレミーで堅いか。それにしてもグッドリッジは本当にオファー断らないなあ。

グラウベ・フェイトーザ○-×ポール・スロウィンスキー
 この辺りの「地味強」同士の対戦は非常に楽しみ。フェイトーザのブラジリアンキックか、スロウィンスキーのキラーローか。お互いスタイルを確立しているし、それが非常に噛みあいそう。
 接戦になってもおかしくないけど、やっぱり場数の差とバランスの良さでフェイトーザだろうか。

セーム・シュルト○-×ビヨン・ブレギー
 ディフェンディングチャンピオンなのに中盤戦に登場。しかも相手は一気に覚醒した気配のあるブレギー。K-1は本当にシュルトを大事に扱う気がないんだなあ。
 シュルトは今年2敗といっても、ルール改正やら過密スケジュールやらわけ分からんジャッジに苦しめられての話だろ?普通に試合すれば問題なく押し切ると思う。といいつつ、ブレギーが大番狂わせを演じてもさほど驚きはしない、と一応書いておく。

レイ・セフォー○-×ステファン・“ブリッツ”・レコ
 K-1上位戦線復帰を果たしたレコがいきなりセフォーと激突。昔から見てるファンにはたまらんなあ。
 レコのスピードと手数か、セフォーの打たれ強さとパワーか。好対照だけど、ハイレベルに噛みあってくれそう。でもやっぱり最後はセフォーかなあ。このところディフェンスの甘さが目立つレコは、一発をもらったらリカバリーができなさそう。

アーネスト・ホースト○-×藤本祐介
 電撃復帰のホースト、ここは藤本を軽くいなしそう。なんだかんだでプロテクトされてるなあ。やっぱりあれか?こういうのを論功行賞人事っていうのか?
 正直ホーストにV5を達成する力はないだろうから、あとくされなく綺麗な負け姿を見せるのが今回のホーストの役割だと思う。東京ドームで介錯を務めるのは、果たして誰になるのか。

武蔵○-×ハリッド・“ディ・ファウスト”
 これまたプロテクトの気配が見え隠れする武蔵。ファウストはパンチは早いけどリーチがあるわけじゃないし、武蔵がのらくらかわして毎度おなじみ判定勝ちじゃないですかね。フェイトーザ戦は負けたとはいえ動きはよかったし。

ジェロム・レ・バンナ○-×チェ・ホンマン
 谷川も思い切ったカード切ってきたなあ。武蔵じゃなくホンマンをプロテクトしようという発想はないのかね。まあでも、ホンマンの場合うかつにオーソドックスにバランスのいい選手をぶつけると負けかねないから、どうせなら派手な相手をぶつけた方がいいのか。
 勝敗予想は迷わずにバンナに印を打ちますよ。でも、妙に不安感が漂うんだよなあ。伸び盛りのホンマンに対して、バンナは去年のGP敗退後にトーナメントに対してモチベーションをなくしたような発言してるし。しかもシュルト戦でも見られたホンマンびいきのジャッジ。
 さらに、今日の会見はバンナは欠席して、なんと前日の夜に日本入り。コンディション調整大丈夫なのかね。うーん、「招かれざる番狂わせ」が起こる気もしてきた。

 このメンツなら大阪ドームでやりゃいいのに。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-09-30 02:37 | K-1 | Comments(2)

生協のヌゲイラさん②

 前回の第1弾がやや低調に終わった新企画、懲りずに第2回。

 今回はちゃんと答えが返ってきそうな疑問を。

 「ピーター・アーツが罹ったウイルス性の病気って何?」

 いや、ネットを丹念に探っていけばすぐ見つかるのかもしれませんけど、仕事がバタバタしてまして。情報をお持ちの方、ぜひ教えてください。
 この際だから正解以外にも「私の見立てでは・・・」とかの怪情報も可です。どしどしコメントお待ちしています。

 正解がすごい重たい答えだったらどうしよう。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-09-29 02:41 | 雑記 | Comments(2)
 今朝の日刊スポーツの記事を見た瞬間の感想は、一言では表現しづらい。
 「そんな・・・」というのが最初に浮かんだ言葉。その後「やっぱり・・・」とも思い、最後には「もう、そろそろいいんじゃないか」という気持ちになっていた。

 桜庭が既にピークを過ぎていることは、もう動かしようのない事実だと思う。この年齢になってから肉体改造に取り組んでまで一線で戦い続けようとするモチベーションの高さには驚嘆するし、賞賛に値する。だけど悲しいかな、もう肉体がモチベーションについていけなくなっているのだと思う。

 桜庭が単に「強さ」にのみ存在意義を持っている選手であれば、実力の低下が自然とリングからのフェードアウトにつながっていったと思う。だが、桜庭という「存在感」は強さとは別の次元で価値を持ち続け、主催者・観客の要求に桜庭は応え続けた。ここに桜庭の悲劇があったのだと思う。

 昔のようなパフォーマンスができなくとも、ファンはリングの上に桜庭の姿を求め続ける。悲しいかな、ここ最近の桜庭の試合には常にある種の「切なさ」がつきまとっていた。そして、なお悪いことに、ファンも心のどこかでその「切なさ」を楽しんでいたのではないかと思う。
 桜庭を起用し続ける主催者と、そんな桜庭を見続けるファンの間には、桜庭の選手寿命どころか命まで削ってしまいかねない「共犯関係」があったのではないだろうか。

 常にシビアな戦いを強いられるPRIDEからHERO’Sに戦いの場を移すことが、桜庭の復活の足がかりになるのでは、という期待は、8月のスミルノヴァス戦で脆くも崩れ去った。やはり、格闘技のリングはどこまでもシビアだ。
 今回の症状と前回の試合のダメージが無関係と言われても、「じゃあ大晦日で復帰だね」という流れには、もはや賛成する気にはなれない。多くのファンもいい加減、同じ気持ちではないだろうか。

 「他人に引退の時期を決められたくない。」桜庭が近年よく口にしている台詞だ。だけどやっぱり、本人の意思だけで続けさせるには、今の総合格闘技の環境はあまりに危険で、未成熟だ。

 本人が望まなくとも、決断すべきときは近づいているのではないかと思う。「桜庭がいないリング」という現実は寂しいが、いつかは避けられない結末であるのなら、できるだけポジティブな状況でその事実を受け入れたい。桜庭ファンとしての、今の素直な気持ちだ。

 代打出場は誰なんだろう。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-09-28 02:06 | HERO’S | Comments(2)

UFC63

 例によってWOWOWでつまみぐい観戦。

 大注目のマット・ヒューズ対BJペンによるウェルター級タイトルマッチは、序盤劣勢だったヒューズが大逆転勝利で2度目の防衛。
 2ラウンドまでは完全にBJの試合だったのになあ。相変わらずタックル切るの上手いし、パンチの当て勘いいし。2ラウンドに金網に押し込められているのにスルスルッとバックに回った場面は神業だった。
 結局は前回のGSP戦と同様、後半に失速して逆転負け。今のBJの課題はスタミナか。というかウェルター級は本当に適正階級なのか?
 それにしても、ヒューズはホイス粉砕に続いてBJにもリベンジ成功。完全に「リビング・レジェンド」の域に達してきたな。

 久々のオクタゴン復帰となったジェンス・パルヴァーは、ジョー・ラウゾンにわずか48秒TKO負け。序盤に攻め込まれて面食らっているうちにズルズルいってしまった感じ。
 この前の武士道のアライケンジ戦もディフェンスの粗さが目立っていたし、もうピークを過ぎちゃったのかなあ。せっかくライト級王座が復活するのに、タイトル戦線に絡めずにこのまま姿を消してしまうとしたら寂しい限り。

 露骨にPRIDEを潰しにきている次回大会では、リッチ・フランクリン対アンデウソン・シウバのミドル級タイトルマッチ。これ地味に楽しみ。でもアンデウソンが勝った場合、UFCの客にブラジル人王者を受け入れる度量があるかなあ。ないような気がするなあ。

 「UFC63」で検索してくる人がけっこう多い。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-09-27 02:11 | UFC | Comments(6)

真王杯観戦記②

-60kgトーナメント準決勝
中須賀芳徳〇‐×ラスカル・タカ(5R TKO)

d0010886_19884.jpg

 両者が向かい合うとけっこう身長差が目立つ対戦。序盤は上下のパンチの打ち分けで攻めるラスカルに対して中須賀は組んでからのヒザで反撃と、お互い持ち味を活かした攻防。
 2Rに入ったあたりから中須賀のパンチが当たりだし、パンチ→ヒザのコンビネーションで主導権を握っていく。ラスカルは試合のペースを握り返すことができず、4Rに中須賀が首相撲からのヒザ・ヒジを連打。防戦一方で動けないラスカルにスタンディングダウン。
 5R、後がないラスカルは猛反撃に出るが、受けてたった中須賀が再び首相撲からのラッシュで3度ダウンを奪い、KO勝利。中須賀にしてみれば最後まで自分の距離で戦い続けての危なげない試合運びだった。

-55kgトーナメント準決勝
米田貴志〇‐×寺戸伸近(判定)

 これまた2人の身長差が目立つ組み合わせ。プロフィールによると米田の身長は176センチ。バンタム級でこの身長は反則だろう。
 試合が始まると、やはり寺戸がリーチ差に苦しめられる展開に。米田の蹴り足をつかんだりして一瞬チャンスは作るが、あと一歩が踏み込めない場面が続く。対する米田は3Rあたりからパンチが当たりだし、パンチ→ローで着実に有効打を稼いでいく。寺戸はなかなか連打が出ない。
 最終ラウンドに寺戸が必死の反撃に出るも、ここもきっちりパンチからローにつなげて返していった米田が三者とも50-47の判定3-0で完勝。
 米田はムエタイ王者にKO勝利という結果から勝手に「一発屋」のイメージを持っていたんだけど、けっこう堅実な試合運びをするのね。寺戸はどうも動きが硬く、いつもの出入りの早さやうまく連打をまとめるラッシュが発揮できなかった感じ。残念。

-55kgトーナメント準決勝
藤原あらし〇‐×国崇(判定)

d0010886_1254744.jpg

 2試合続けて全日本キック勢がNJKFに敗れるいやなムードの中スタート。
 第1Rは「これぞバンタム級」というスピード感たっぷりの攻防。お互いこれという決定打もなく「しばらくはこのまま行くかな」と思っていた2R、あらしが飛び込んできたところに国崇がタイミングよくストレートを合わせ、いきなりあらしがダウン。ダメージはさほどない様子だが、全日本ファンにしてみれば最悪の展開に。
 ところが、ここからあらしが絵に描いたような逆転劇を見せる。3Rに左ミドル主体の攻めに切り替えるとこれが面白いようにヒット。国崇の右半身がみるみるうちに赤くなってくる。国崇はミドルをもらい過ぎて右腕を殺されたか、これ以降手数がほとんど出なくなる。
 結局3ラウンドから5ラウンドまではあらしが手数・有効打ともに完全に圧倒し、判定は三者とも48-47であらし。国崇を返り討ちにするとともに、NJKFの決勝独占を阻止する価値ある勝利となった。

-60kgトーナメント準決勝
桜井洋平〇‐×大宮司進(1R KO)

 大宮司への花束贈呈に、なぜかピーター・グラハムが登場。
d0010886_1343924.jpg

 今日は身長差の話ばっかりしてるが、桜井もこれまたデカいなあ。身長180センチ?昔バンタム級で試合していたというのはたちの悪い冗談としか思えない。
d0010886_1374169.jpg

 一回戦のTURBΦ戦で桜井がものすごい勝ち方をしたことは知っていたが、今回もそれに負けず劣らずの試合に。ゴングと同時に襲い掛かるようなラッシュを見せた桜井。大宮司に攻めるスキを作らせずに組み付くと、ヒザの連打からストレート。これがモロにヒットし、大宮司はそのまま立ち上がれず。この間わずか54秒、桜井が戦慄のKO勝利で決勝進出を果たした。
 キックの試合はさんざん見ているはずなのに、このKOシーンには「すげえ」という以外の感想がみつからないし、桜井に対しては「バケモノだ」という以外の表現が思いつかない。この選手の試合を今まで見てなかったのはもったいないことしたなあ。(と思わされてる時点でNJKFの思うツボか。)

 とりあえず11月の決勝も、よほどの用事が入らない限り絶対見に行く。あらしの優勝見たいし、何より桜井の強さをもう一度この目で確かめたい。

 いい興行だった。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-09-26 01:44 | その他(立ち技系) | Comments(3)

真王杯観戦記①

9月24日(日) 後楽園ホール

 NJKFは今回が初観戦。最初は空席が目立ったけど、真王杯が始まるころには文句なしの満員。まあこのメンツなら客も集まりますわ。

ミシマ×-○大和哲也(2R KO)
d0010886_1251223.jpg
 正直なところ「前座6試合もやるのかよ、たるいなあ」と思っていたのだが、5回戦に入ったあたりから急に試合内容がヒートアップ。予想外に面白かったので触れておく。
 まずはライト級ワンマッチに出場の大和哲也。とにかくパンチのタイミングがいいしパンチスピードも速い。相手の蹴りに合わせてパンチを出して、相手より先に当たってるんだもん。1R早々にダウンを奪うと、2Rはパンチの固め打ちであっという間に3度のダウンを奪取。この人強いわ。こういう掘り出し物を見れるから前座も気が抜けない。

前田浩喜○-×TSUYOSHI(1R KO)
d0010886_1291382.jpg
 バンタム級らしいスピーディーな攻防を見せた後、前田が回り込むようにしながら放ったハイキックがTSUYOSHIの後頭部の辺りを直撃。仰向けにひっくり返ったTSUYOSHIは、片足をロープに引っ掛けたまましばらく動けず。前田が一撃でKO勝利。
 こういうKOシーンは何度見てもドキドキする。やっぱりシウバはしばらく休養しなきゃダメだよね、と改めて思った。

ヨーユット○-×ガンバ黒田(5R TKO)
d0010886_1331963.jpg
 元ルンピニーランカーのヨーユットが終始笑みを浮かべながら余裕の試合運び。時折ミドルやハイを放つだけで客席がどよめくんだもん、格が違いますよ。
 黒田もところどころパンチで攻め込む場面は作っていたけど、5Rにヨーユットが「そろそろ本気出しちゃう?」とばかりにヒジで黒田を切り裂きTKO勝利。試合中ムエタイに倣ってBGMを流していたこともあり、「ムエタイ強し」が際立った試合。日本の国技も、簡単に外国人に頂点取らせちゃいけないよなあ。などという感想を思ったりしました。

 怒涛の後半戦はまた明日。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-09-25 01:37 | その他(立ち技系) | Comments(0)

真王杯速報

中須賀芳徳〇‐×ラスカル・タカ(5R TKO)
 中盤から試合を支配した中須賀、粘るラスカルをヒジ・ヒザのラッシュで圧倒。
d0010886_1171770.jpg

米田貴志〇‐×寺戸伸近(判定)
 リーチ差を活かして終始ペースを握り続けた米田が完勝。寺戸は動きが硬かった感じ。
d0010886_118986.jpg

藤原あらし〇‐×国崇(判定)
 2Rに出合い頭のパンチでダウンを奪われたあらし、左ミドルの連打で3R以降主導権を奪い返し逆転勝ち。
d0010886_119319.jpg

桜井洋平〇‐×大宮司進(1R KO)
 桜井、ワンパンチで秒殺KO。化け物だ。他に表現が見つからない。
d0010886_1201845.jpg

 桜井の強さ、本当にヤバイ。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-09-24 23:55 | その他(立ち技系) | Comments(0)

9/24の速報

 NJKF "真王杯" を会場から速報します。

 60kg級 準決勝
 桜井洋平 VS 大宮司進
 中須賀芳徳 VS ラスカル・タカ

 55kg級 準決勝
 藤原あらし VS 国崇
 米田貴志 VS 寺戸伸近


 昨年のMACH55決勝の再戦となる藤原あらしVS国崇に注目が集まってますが、俺的メインは米田VS寺戸。寺戸はここで勝って一気に頂点取りへ突っ走って欲しいところ。
[PR]
by nugueira | 2006-09-23 23:30 | その他(立ち技系) | Comments(0)

やっつけ海外情報

 10/7にブラジルで開催されるスーパーチャレンジの対戦カード、なかなか面白そう。

 73kgトーナメント 一回戦組合せ

 ルシアノ・アゼベド
 ヴィニシャス・ドラクリーノ・マガリャエス

 マウロ・シュシャ
 ホドリゴ・ダム

 ジーン・シウバ
 レオナルド・サントス

 ジョニー・エドゥアウド
 ミルトン・ヴィエイラ

 83kgトーナメント 出場選手
 アレッシャンドリ・カカレコ
 ダミアン・マイア
 エドワルド・パンプロナ
 ファビオ・ネガオン
 カテウ・キビス
 レオナルド・チョコレート・ナシメント
 グスタボ・シム


 73kgトーナメントは武士道を1回きりで追い出された連中武士道にも出場経験のある強豪がずらり。ジーン・シウバVSレオナルド・サントスなんて、実績的には1回戦にはもったいないぐらいの好カードですよ。噛みあうかどうか分からんけど。ホドリゴ・ダムはこの前MARSに出てた選手だっけ。

 一方の83kgトーナメントは順当に行けばカカレコとグスタボ・シムの優勝争いか。でもカカレコってもっと上の階級の選手じゃなかったっけ?
 昔パンクラスで菊田と対戦経験のあるパンプロナ、S-CUP出場経験のあるカテウ・キビスといった微妙に懐かしい名前もちらほら。まあ最大の注目はチョコレートですね。「名前が面白い」という以外に理由ないけど。

 これ、どっかのケーブルテレビで放送してくれないかなあ。絶対面白くなりそうなんだけど。

 ブラジルまで行くわけにもいかないし。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-09-23 22:39 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

生協のヌゲイラさん

 こういうバカなブログでもコツコツ続けているとけっこう読者が増えてくる。
 それに伴って「記事の中で何気なく書いた疑問に答えが返ってくる」というシチュエーションが多くなり、非常にうれしい限りだ。

 記憶の限りでは「ブラック・マンバの本名は何?」という質問に返事があったのが最初で、「デラホーヤが一番強かった階級は?」「前田宏行はなぜ世界タイトルに挑戦しなかった?」といった、こちらとしては回答を期待していなかった疑問にまで答えが返ってくることがある。やっぱりネットってすげえ。

 というわけで新企画。私が疑問に思っていることを書いて、知見のある方に答えてもらおうという寸法だ。まあ言うてみれば「生協の白石さん」ですよ。オレ、答える方じゃなくて質問する方だけど。

 さっそく今回の疑問。

 「なぜブラジルの柔道はあまり強くないのか?」
 
 柔術はあれだけ盛んなお国柄なのに、柔道でめちゃくちゃ強いブラジルの選手ってあまり記憶にない(そもそも私の柔道に対する知識があまり深くないが。)。
 国際柔道連盟のHPを見たところ、メダルはちょこちょこ取ってるし、遡れば金メダリストもちゃんといるけど、「格闘技大国」のイメージからするとどうも物足りない感じが。グレイシー柔術なんてもとを辿れば講道館なのに。

 まあ「日本だって、柔道強いけどアブダビでは勝てないじゃん」と返されてしまうと黙るしかないんですが。柔道の世界におけるブラジルの位置づけってどんなもんなんでしょう。講道館の普及があまり熱心に行われてこなかった、とかの歴史的経緯とかあったりするんでしょうか。
 事情を御存知の方、コメントお待ちしております。

 いきなり無反応も辛いんで、まあ何でもいいから書き込んでください。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-09-22 00:05 | 雑記 | Comments(5)