反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

<   2006年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

UFC62

 パンクラスの観戦記はひとまず置いといて、先にWOWOWで観たUFC62の感想を。パンクラスの観戦記はこのまま闇に葬ってしまいたいくらい。

 セミのフォレスト・グリフィンVSステファン・ボナー、客は盛り上がっていたみたいだけどなんだかなあ、という感じ。両者とも積極的に攻めの姿勢だったのはよかったけど、それが打ち合いとして噛みあうところまで達していなかった。
 グリフィンが相手をよく見てタイミングよく攻め込んでいたから判定は妥当だけど、どうも当て勘の悪さの方が目立った。「TUF」出身のグリフィンをどうしても色眼鏡で見てしまうのも原因かもしれないけど。

 そしてメインのチャック・リデルVSレナート・ババルのライトヘビー級タイトルマッチ。
 好調に連勝を重ねていたババルだけにリデルもてこずるだろうし、ひょっとしたら番狂わせもあるのでは。と思っていたけど、蓋を開けてみればリデルの圧勝。グリフィンとは好対照に当て勘の良さが凄い。フィニッシュの前もババルのラッシュに下りながら打ってるのに、しっかりテンプルを捉えてるんだもん。ここまで来ると天賦の才能の世界か。
 リデルは昔から「打撃のフォームも大してきれいじゃないけど、当て勘だけはやたらいい」という印象だったんだけど、そのスタイルを完成形に近づけている感じ。
 シウバも同様のタイプだからこの2人の試合はめちゃめちゃ噛みあうだろうけど、勝敗の行方は・・・シウバ、やばいかもなあ。

 UFCの今後のスケジュールを見ると、9/23のUFC63ではJSPの怪我によりマット・ヒューズ対BJ・ペンのリマッチが実現。これすごい楽しみ。
 さらに10/10のUFC Fight NightではティトVSケンシャムが3度目の遺恨清算マッチ。間を空けずに10/14にUFC64でフランクリンVSアンデウソンのミドル級タイトルマッチ。
 10月に2回興行って、露骨にPRIDEラスベガス大会を潰しに来てるなあ。交流戦が実現するのか不安になってきた。今回もティトがリデルに「12月にタイトルマッチだ!」とか要求してたし。

 しばらく観戦記ばかりになりそう。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-08-31 00:27 | UFC | Comments(3)
ウェルター級GP2回戦
ダン・ヘンダーソン×-○三崎和雄(判定)

 4月の対戦時と同様、スタンドでの攻防を中心に試合が進んでいく。三崎がテイクダウンをとってもダンヘンはすぐ立ち上がってそれ以降の展開を許さない。三崎がフットワークと手数で休まず動き続ける一方で、ダンヘンは相変わらず攻めに転じる時のギアチェンジが上手い。一瞬でも集中力を切らした方が負け、という緊張感がリング上に流れる。
 序盤はダンヘンが優位な雰囲気だったが、三崎のフックがクリーンヒット。ダンヘンの動きが明らかにガクッと落ちる。それでもこういう状況からのダンヘンの粘り強さは流石で、この後の足を止めての打ち合いでは逆にクリーンヒットを入れ返す。1Rはほぼ互角だが、ダンヘンの方が有効打が多い印象。
 2Rも引き続きスタンドの攻防がメイン。互いに目立つクリーンヒットは入らなかったが、終盤はダンヘンが完全に守勢に回ってしまい、ローで攻め続けた三崎の積極性が目立った状態で試合終了。
 終了のゴングが鳴った瞬間、思わず「あー、分からん!」と叫んでしまうほど微妙な勝負だったが、判定は3-0で三崎。1Rは僅差でダンヘン、2Rは三崎が取っていて、試合全体を通じて最後まで攻め続けたのは三崎だから、まあ妥当な判定か。

 勝敗を分けたのはモチベーションの差か。ダンヘンは王者なのにどうしてまたGP?という気持ちが少なからずあっただろうし、特に思い入れもない相手とわずか4ヶ月間隔の再戦ではテンションも上がりにくい。「前回勝った側に『またコイツかよ』という思いがある」というリベンジが成功する条件にぴったりハマっていた感じ。
 とはいえ、本来であればモチベーションの違いぐらいではひっくり返されないぐらいの地力の差があったはずだし、ダンヘンの持ち味の後半の粘り腰が今回発揮されなかったのも事実。負けるべき時期が遂に訪れただけ、と言ってしまってもいいのかもしれない。

五味隆典○-×デビッド・バロン(1R チョークスリーパー)
 メインを飾るのは「元・絶対王者」の復帰戦。
d0010886_1152830.jpg

 五味はどうも体の大きさというか厚みがなくなった印象。のっけから不安になってくる。
 開始直後はスタンドの攻防。当然ながら五味が圧倒的優位だが、ロープ際に詰めてもどうもあと一歩が攻めきれない展開。ラウンドの後半、グラウンドに持ち込むと五味があっさりバックを取る。ここもなかなか極めきれず少々やきもきしたが、最後はチョークを極めて一本勝ち。
d0010886_1203388.jpg

 結果から見れば復帰戦を完勝で飾った、ということになるんだけど、感想としてはだいぶ攻めあぐねた、という印象の方が強い。これまでの試合内容が神懸っていたから評価のハードルが高くなってしまっているのかもしれないけど、それこそ全盛期なら最初の2~3分でスタンドだけで仕留めていたんじゃないの?
 メレンデス・青木の台頭に川尻の完全復活と、陣容が厚くなる一方のライト級。仮に今のメンバーでトーナメントを行ったら、五味は昨年のような圧倒的勝利を収められるか?残念ながら自信を持ってイエスということはできない。

 興行自体は非常に濃密な内容で大満足。開幕時にあれだけ地味だ地味だと言われていたウェルター級GPが、なんだかんだで盛り上がる気配を見せているのが凄い。やはりPRIDEには選手の力を引き出す独特の磁場がある。
 とはいえ、終了時刻が9時近く。日帰りだったので終電一本前の新幹線にようやく乗り込んで、駅弁も買えないままうつらうつらしながら帰京。やはり14試合は欲張りすぎた。最初の挑戦試合は要らなかったね。

 ようやく終わった。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-08-30 01:28 | PRIDE武士道 | Comments(2)
 休憩明けにヒョードル登場。漁船拿捕の件で謝罪でもするのかと思ったが、普通にラスベガス大会の宣伝だけだった。
d0010886_0582496.jpg

ウェルター級GP2回戦
デニス・カーン○-×アマール・スロエフ(1R チョークスリーパー)

 スタンドの攻防はカーンがローで先手。一発一発が重くて効きそう。スロエフが途中いいパンチを入れそうになった場面もあったが、カーンのストレートが先に当たってそのままグラウンドへ移行。寝技ではスロエフは全くいいところなく、最後はバックに回ったカーンがチョークを極めて一本勝ち。難敵のスロエフをあっさり退けてベスト4一番乗り。
 スロエフがブスタマンチ戦みたいに間合い勝負に持ち込んでズルズル判定まで行く展開も十分ありえたと思うんだけど、カーンの突進力がそれを許さなかった。この男、やはり強い。

ウェルター級GP2回戦
長南亮×-○パウロ・フィリオ(1R 腕十字)

 開始早々、長南は蹴り足をつかまれるようにしてあっさりテイクダウンを許す。フィリオ相手にはどれだけ立っていられるかが生命線なのに・・・。
 この後はフィリオによる寝技の模範演技。パスガード、サイド、マウントと思いのままにポジショニングを支配して、最後は長南がブリッジで返したところでタイミングよく腕を捕らえてそのまま腕十字へ。フィリオがあまりにも綺麗に勝利し、長南はあまりにも何もできずに負けた。他に感想が出てこないぐらい圧倒的な試合内容だった。
d0010886_1141675.jpg
 
ウェルター級GP2回戦
郷野聡寛○-×ゲガール・ムサシ(2R 腕十字)

 注目の郷野の入場は今回もDJ.GOZMA。途中寸劇も交えながらのダンスパフォーマンスに場内大盛り上がり。紹介Vの発言なんかを見ていても思うが、郷野の頭の良さは格闘家の中でも群を抜いていると思う。美濃輪とはまた違う意味でのプロ意識の固まりだ。
d0010886_1173597.jpg

 試合が始まると、いつもながらの「判定上等」の郷野スタイル。序盤はコーナーに詰められてムサシのラッシュを浴びる場面があったが、きっちり全部ブロックした上に隙を見て打ち返している。本当に上手い。
 1R中盤にグラウンドに持ち込んで以降は完全に郷野ペースだったが、腕十字はムサシがポイントをずらして逃れる。ムサシはグラウンドの技術レベルは明らかに低いのだが、こういう際の場面での逃げ方だけは上手い。
 1R終盤から2Rにかけては郷野がややペースダウンしてムサシが盛り返した感じもしたが、最後はグラウンドに持ち込んだ郷野が今度こそ腕十字を極めてムサシがタップ。終始試合をコントロールした郷野がきっちり一本勝ちで準決勝進出を決めた。

すんません、まだ続きます。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-08-29 01:29 | PRIDE武士道 | Comments(2)

パンクラス速報

 観客動員は大苦戦。

 戦闘竜、チョークで圧勝。もはや体形が力士出身に見えない。
d0010886_0271696.jpg

ヘビー級キング・オブ・パンクラス決定戦
ポアイ菅沼×‐〇アルボーシャス・タイガー(3R ドクターストップ)

 一進一退の接戦だったが、アルボーシャスのヒザでポアイがカットし無念のドクターストップ。
d0010886_0283234.jpg

ウェルター級キング・オブ・パンクラス決定戦
井上克也×‐〇石毛大蔵(判定)

 大凡戦。低レベルの殴り合いの末に石毛勝利。この程度の選手がベルト巻いていいのか?

フェザー級キング・オブ・パンクラス決定戦
前田吉朗〇‐×DJ.taiki(判定)

 後半に盛り返した前田がマスト判定2‐1で接戦をものにした。
d0010886_0301737.jpg

ライトヘビー級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ
近藤有己〇‐×松井大二郎(判定)

 近藤が地力の差を見せて完勝。つまらなかった。

 パンクラスはもう見に行かない。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-08-28 00:32 | その他(総合・寝技系) | Comments(4)
8月26日(土)名古屋レインボーホール

 格闘技観戦目的での名古屋訪問は今回が初めて。レインボーホールも当然初めてだけど、ホールというよりでかい体育館みたいな感じ。周りにコンビニの類がほとんどないのは参った。

日沖発○-×ジェフ・カラン(判定)
 両者が並ぶと身長差がやたら目立つ。日沖のプロフィールを見ると身長177センチだけど、よくライト級でやってるな。
 試合は日沖がリーチ差を活かして、遠い間合いからのローとパンチを織り交ぜて序盤から優勢に。カランは飛び込みながらフックを振り回すが、なかなか有効打に結びつかない。なんか佐藤VSザンビディスの試合のようだ。
 1R終盤からカランがグラウンドで上を取ったりして徐々に盛り返したものの、日沖が逃げ切って判定勝ち。正直インパクトのある内容ではないけど、地元での大一番できっちり結果を出した。

青木真也○-×ジェイソン・ブラック(1R 三角絞め)
 青木は黄色のロングスパッツで登場。ブルース・リー?キル・ビル?
d0010886_10471058.jpg

 開始早々に青木が引き込んで下になると、足を軟体動物のようにブラックに絡める。何を食ったらこんなに軟らかくなるんだ。このままスルスルッと青木の足が上がっていき、あっさりと三角絞めに移行してフィニッシュ。
 時間にしてわずか2分弱、ビッグマウスの問題児が有言実行の一本勝ち。少々大げさかもしれないが、ノゲイラのPRIDEデビューのときを思い出した。

帯谷信弘×-○ギルバート・メレンデス(判定)
 試合は予想どおり序盤からゴツゴツした殴り合いになったが、とにかくメレンデスがすごい。左右の連打・すぐさまタックル・離れ際にヒザとパンチ・テイクダウンからパウンドと、一瞬も休まず攻め続ける。ルミナ戦は時間が短くて分からなかったけど、こいつどういうスタミナしてるんだ?
 1R中盤にスタンドの打ち合いから、メレンデスのパンチがヒットして帯谷がダウン。正直、ここで試合を止めてよかったと思うんだけどなあ。この後は帯谷が一瞬逆襲に転じたり、メレンデスの攻め疲れもあって判定までもつれこんだけど、結果は文句なしでメレンデス。
 桜庭戦の後だから言うわけでもないけど、レフェリーはもう少し安全性を考えたレフェリングをしてほしい。帯谷のダメージが心配。

川尻達也○-×クリス・ブレナン(1R KO)
 「僕ハ負ケテ強クナル」で始まる紹介Vがなかなかの出来。煽りVについては正直今回も苦戦気味だったけど、頑張ってこういうクオリティーの高いものを生み出してほしい。
 試合の方は、川尻が昨年来のボクシング練習の成果を発揮する内容に。相手のパンチをよく見切ってダッキングした後は、パンチの連打を集めて最後はヒザ蹴り。一瞬にしてブレナンを破壊し、「クラッシャー」が完全復活。
 格下の相手だったことは割り引かないといけないかもしれないけど、五味戦での敗北を経て川尻が確実に強くなったことが実感できた一戦。もしも、今五味と川尻がリマッチしたとしたら?簡単には予想できないが、確実に差は縮まっていると思う。

石田光洋○-×クリスチャーノ・マルセロ(判定)
 マルセロのパンチの打ち終わりを狙って石田がドンピシャの弾丸タックル。以前自分で「絶対に切られないタックル」と言っていたけど、本当にスピード・タイミング・粘り強さのどれを取っても完璧。
 試合はこのまま、石田がテイクダウン&パウンドを繰り返す展開。2Rにマルセロが一瞬の隙を突いて下から腕十字を極めそうになったけど、ここもなんとか凌いで石田が判定勝利。
 石田はこれで無傷の3連勝。五味への王座挑戦の第1コンテンダーではあるんだろうけど・・・どうも地味なんだよな。今回の試合も完勝ではあるけど、タイトルマッチへの前哨戦にしては少々物足りなさが。

桜井“マッハ”速人○-×ルシアノ・アゼベド(1R ドクターストップ)
 しつこくタックルを狙うアゼベドにマッハはヒザを見舞っていくが、粘り強く押し込んだアゼベドがテイクダウンに成功。ねちっこいグラウンドからマッハはなかなか脱出できず、マッハにグリーンカードが出されてブレイク。
 引き続きタックル狙いのアゼベド、立って戦いたいマッハ、という展開の中、アゼベドが頭を下げ気味にしていたところにマッハの跳びヒザがクリーンヒット。これでアゼベドの額がザックリ割れてしまいドクターストップ。ややスッキリしない内容だったが、マッハが復帰2連勝。

美濃輪育久○-×バタービーン(1R 腕十字)
 バタービーン、やはりデカい。
d0010886_11502115.jpg

 対する美濃輪、今回は黒タイツで入場。新日の若手みたい。
d0010886_11521621.jpg

 ゴング直後、美濃輪がドロップキックを2連発。会場大爆発。何というかもう、「お前はプロだ!」という以外に感想が見つからない。
 ドロップキック後にバタービーンが上にのしかかってきたものの、そこから上を取り返した美濃輪が完全にコントロール。最後は腕十字を極めてフィニッシュ。またもや場内大歓声。
 前にも書いたが、今の美濃輪は「PRIDEの治外法権」としてのポジションを確立している。対戦相手のレベルがどうだとかいう雑音を封じるだけの大歓声を呼んじゃってるんだから、完全に美濃輪の勝ちですよ。美濃輪を勝負論最優先のウェルター級GPの世界に放り込まなかったのは大正解だった。

 後半戦へ続く。長い・・・。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-08-27 12:00 | PRIDE武士道 | Comments(5)

8/27の速報

 武士道の観戦記もまだ書いてませんが、8/27はパンクラス 横浜文体大会を会場から速報。

 日帰りで名古屋に行ったと思ったら今度は横浜。格闘技ファンやるのも楽じゃないよ。

 で、MARS見に行った方っていらっしゃいます?
[PR]
by nugueira | 2006-08-27 01:40 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)
池本誠知×‐〇中村大介(1R 腕十字)

阿部裕幸△‐△松下直揮(ドロー)


日沖発〇‐×ジェフ・カラン(判定)
リーチ差を生かした日沖が危なげなく勝利。

青木真也〇‐×ジェイソン・ブラック(1R 三角絞め)
青木圧勝。やはり強い。
d0010886_124379.jpg

帯谷信弘×‐〇ギルバート・メレンデス(判定)
帯谷もだいぶ粘ったが、メレンデスの猛攻に沈む。もっと早く止めていい試合だった。

川尻達也〇‐×クリス・ブレナン(1R KO)
川尻、ブレナンを一瞬で破壊。明らかに強くなっている。
d0010886_126799.jpg

石田光洋〇‐×クリスチャーノ・マルセロ(判定)
下から十字を極められそうになった場面もあったが、石田が得意のテイクダウン&パウンドで完勝。

桜井“マッハ”速人〇‐×ルシアノ・アゼベド(1R ドクターストップ)
しつこい寝技に少してこずったが、マッハが膝蹴りで相手の額をカット。

美濃輪育久〇‐×バタービーン(1R 腕十字)
美濃輪、ゴング直後にドロップキック。プロとしての仕事をやりきった。
d0010886_128455.jpg

デニス・カーン〇‐×アマール・スロエフ(1R 裸絞め)
カーン、くせ者スロエフにほぼ何もさせず圧勝。こいつ、やはり強い。

長南亮×‐〇パウロ・フィリオ(1R 腕十字)
フィリオの寝技地獄に長南何もできず。フィリオも化け物みたいに強い。
d0010886_131540.jpg

郷野聡寛〇‐×ゲガール・ムサシ(2R 腕十字)
相変わらずド派手な入場、そして試合は地味だけど堅実な勝利。美濃輪とは違う、これが郷野なりのプロフェッショナリズム。
d0010886_1322250.jpg

ダン・ヘンダーソン×‐〇三崎和雄(判定)
微妙な差だったが、最後まで手数を出し続けた三崎が3‐0で勝利。ついにダンヘンが負けた!
d0010886_1333325.jpg

五味隆典〇‐×デビッド・バロン(1R 裸絞め)
五味、復帰戦は危なげなく完勝。されど全盛期の勢いやオーラは感じられず。
d0010886_1344226.jpg

 疲れた・・・。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-08-26 23:55 | PRIDE武士道 | Comments(0)

8/26の速報

 PRIDE武士道-其の十二- を名古屋レインボーホールから速報します。

 関東以外での格闘技観戦は去年のPRIDEミドル級GP開幕戦以来。名古屋での観戦は初めてですわ。我ながらようやるよ。

 あれ、今回も地上波なし?スポナビの速報解禁も夜中?ウワ、それじゃPPV見れない人はこのブログ見なきゃ。10回は見なきゃ。

 あとこれは募集ですが、両国国技館のMARSを観戦される方、是非コメントかトラックバックをお願いします。本当に(ネガティブな方向で)興味あるので。
[PR]
by nugueira | 2006-08-26 00:46 | PRIDE武士道 | Comments(0)

タイソン、中国で試合?

 書くネタが浮かばないので、とりあえずタイソンの話題を。
 
 MMA WEEKLYのこちらの記事によると、タイソンは総合ルールではなく立ち技ルールでの試合を行う見込みで、試合の開催地は中国になるのではないかとのこと。対戦相手候補にはミルコ、またはハントの名前が。

 まあ、仮にタイソンがPRIDEで試合をすることがあるとしても、これぐらいの展開が一番妥当な気がする。記事の情報源が紙プロハンドというあたりが微妙ですが。

 でも、今回のタイソン参戦って起死回生の一手になるのかなあ。みんな以前のK-1騒動で懲りてるからなあ。ファンもマスコミも冷静を通り越して冷ややかな反応になっている感じがする。

 期待せずに待ってる。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-08-25 23:55 | PRIDE | Comments(0)
 月曜から香港旅行。先ほど帰ってきました。

 不在中に日本でも色々とありましたねえ。駒大苫小牧が残念だったとかシュレッダーが危ないとか冥王星がどうなっちゃうのとかも大事ではありますが、ブログの趣旨に則って格闘技の話題をピックアップ。

K-1ワールドGP、開幕戦のカード一部決定
 ジェロム・レ・バンナ vs. チェ・ホンマン
 ピーター・アーツ vs. レミー・ボンヤスキー
 セーム・シュルト vs. ビヨン・ブレギー
 アーネスト・ホースト vs. 藤本祐介
 武蔵 vs. ハリッド・“ディ・ファウスト”


 予想はしていたけど、やっぱり1回戦から潰しあいになったなあ。シュルトVSブレギーなんて大会の行方に大きく影響しそう。まあその一方でホースト・武蔵をきっちり甘やかしていますが。
 ベルナルドの引退セレモニーをやるらしいが、まだ正式に引退していなかったことの方が驚きだ。

PRIDE無差別級GPの追加カード発表
 中村和裕 vs 中尾“KISS”芳広
 西島洋介 vs エヴァンゲリスタ・サイボーグ


 武士道とは好対照にあくまでメインはGP。ワンマッチは露骨に手を抜いてきた。中村VS中尾は7月にアングルを作っておいた甲斐があったというところか。

9/4 K-1MAXの全カード決定
 石井宏樹ののMAX参戦は「体重合うのか?」と疑問だったのだが、やはり参戦回避。まあ妥当な判断ですね。
 レミーガの怪我により前田宏行の相手はカラコダに変更。まあ結果は変わらないだろうな・・・。あとヴァシコバ、防衛できなかったのにMAX参戦だけはちゃっかり実現しちゃうのね。

8/27 全日本キックに『SRS』襲来
 えーっ、浅草キッドと西山茉希、来場するの?「大物ゲストも登場」とか書いてるし、俺が観戦回避を表明した途端にこの仕打ちかよ。

8/26MARS 83キロ以下トーナメントの組み合わせ決定
 ダニエル・タベラ(スペイン) vs. べ・ミョンホ(韓国)
 レオナルド・チョコレート・ナシメント(ブラジル) vs. 佐藤隆平(日本)
 バスティアン・レイエン(オランダ) vs. 三原秀美(日本)
 ジョン・マイケル・コロシ(アメリカ) vs. ブライアン・ラフィーク(フランス)

 
 スマン、勢いで載せてしまった。佐藤は去年の修斗新人王トーナメントで決勝まで行った選手だっけ。後は知らん。ビタ一文知らん。純度100%、まじりっけなしの地味強メンバーだ。ていうか本当に強いの?

 当日の両国の状況が本当に気になる。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-08-24 22:37 | 雑記 | Comments(2)