反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

カテゴリ:その他(立ち技系)( 269 )

KING OF KNOCK OUT 2017 の予想

 KNOCK OUTにとって旗揚げ以来最大の大会となる、10日の両国大会の予想。

大月晴明○-×町田光
 思えばKNOCK OUT旗揚げ戦は大月のKOから幕を開けた。町田とは噛み合う展開になりそう。一発もらうリスクも当然あるが、大月のKOを期待。

能登龍也○-×石井一成
 西の神童・石井がリベンジマッチに挑む。前回はパンチ一発でひっくり返されてしまい交通事故的な感じもなくはないのだが、石井のその後の戦績を見ると完全に低迷期に入ってしまった印象。能登に返り討ちにされそう。

不可思○-×金原正徳
 ライト級トーナメントで勝次と激闘を繰り広げた不可思が登場。契約体重は金原寄りだが、ここは本職の意地を見せてほしい。金原もキックやるよりRIZINに参戦すればいいのに。

小笠原瑛作○-×高橋亮
 旗揚げ戦以来KO勝利を連発し、森井とともにミスターKNOCK OUTと呼ぶべき存在となった小笠原。正直那須川戦への機運が盛り上がっているかといったら微妙ではあるが、勝利を重ねて力ずくで那須川を引き寄せてほしい。

森井洋介○-×勝次
 ライト級トーナメント決勝。旗揚げ以来ハイペースで試合を重ねてきた本命・森井と、年間ベストバウト級の試合を立て続けにやってのけた勝次。どっちがどう勝つにしても、絶対面白くなる。
 勝次は2戦続けての逆転勝ちはお見事だが、2試合ともダウンしているのはディフェンスの甘さの現れでもある。森井はガンガン前に出てパンチ・ロー・ヒジを繰り出すので、遠い間合いで戦いたい勝次には嫌なタイプ。乱打戦になっても森井はヒジを繰り出す引き出しの豊富さがあるし、やはり最後は「森井の、森井による、森井のためのトーナメント」になると予想しておきます。

[PR]
by nugueira | 2017-12-08 23:18 | その他(立ち技系) | Comments(1)

KNOCK OUT vol.5の予想

 4日の後楽園ホール大会の予想。

大月晴明○-×中尾満
 思い返せばKNOCK OUT旗揚げ戦は大月の鮮烈KOから始まった…ということで、今回も興業に勢いをつける爆勝を期待。

森井洋介○-×町田光
 勝次の名勝負連発に食われてしまった感はあるものの、ライト級トーナメントは本来「森井の、森井による、森井のためのトーナメント」だったはず。町田を粉砕して両国へ弾みをつけたい。

[PR]
by nugueira | 2017-10-02 23:52 | その他(立ち技系) | Comments(0)
 KNOCK OUTの那須川天心vsウィサンレック・MEIBUKAIを視聴。

 1R、ウィサンレックが飛び込んでの右ストレート。踏み込みの速さにヒヤリとするが、天心は落ち着いてボディ、ストレート、ミドルで攻勢。2Rに入ると那須川が強烈なミドルとボディブロー。更にウィサンレックが飛び込んでくるところへ左を合わせる。ウィサンレックのローブローで中断の後、再びローキックが下腹部に入り那須川悶絶。
 那須川優勢で迎えた3R、那須川がジャブを的確に顔面へ突き刺すと、左ミドルからすぐさまローへつなげる高速コンビネーション。さらに跳びヒザでウィサンレックの顔面を切り裂きドクターストップによるTKOで勝利。

 本人は消化不良な様子だったが、明確な打撃での流血だしキックルールでのこの勝ち方はなんら恥じ入ることはないでしょう。那須川はMMAと二足のわらじを履きつつ、こういう実績のあるタイ人相手にもきっちり結果を出し続けるのはさすが。

[PR]
by nugueira | 2017-09-02 23:37 | その他(立ち技系) | Comments(0)

KNOCK OUT vol.4の予想

 20日のKNOCK OUTの予想を。那須川出場で興味はあるが、所用のため会場観戦は見送り。

小笠原瑛作○-×ファン・ヒョシク
 森井と並ぶ「ミスターKNOCK OUT」的な存在になりつつある小笠原。今回は軽めの相手をあてがった感もあるので、連続KOを更新できそう。

森井洋介○-×ジュ・ギフン
 森井と町田のライト級トーナメント準決勝は町田の怪我で延期。森井はそれでも代役相手にきっちり試合するのがキックボクサーらしくていい。ここはKOでクリアして町田戦へ勢いをつけたいところ。

前口太尊○-×勝次
 もう一方のトーナメント準決勝。普通に考えてあれだけのダウン合戦を演じた勝次のダメージがすぐ抜けるとも思えないので、前口優位か。あれだけの試合をやってのけた勝次に頑張ってほしい、というのもあるけど。

那須川天心○-×ウィサンレック・MEIBUKAI
 那須川がKNOCK OUTの初メインに登場。相手のウィサンレックは元ルンピニー&ラジャ王者だが、35歳が那須川のスピードに対応できるかどうか。というか相手のレベルがどうこうに関係なく、那須川が実際に負けるまでは勝敗予想は絶対那須川に印をつけ続けます。

[PR]
by nugueira | 2017-08-17 23:24 | その他(立ち技系) | Comments(2)

KNOCK OUT vol.3 の感想

 ライト級トーナメント残り2試合の感想を。

 町田光 vs DJ.taikiは最終ラウンドに居合いパンチを立て続けに当てた町田が判定勝利。あのパンチが入るのがつくづく不思議。どういう仕組みなんだろう。

 前口太尊vs山口侑馬は、前口がローからボディ、さらに左フックで攻めていく。重たいパンチを振るう前口に対し山口は後手に回るが、ラウンド終了間際に打ち合いの展開からパンチを入れる。
 2Rもジャブからボディと顔面に打ち分け、前口が攻勢。右フックを叩き込んでからの連打でダウンを奪うと、すぐさま追撃のラッシュ。叩き付けるようなパンチで2度目のダウンを奪い、最後は前口が連打を打ち込んだところでレフェリーがストップ。柄の悪い風貌同士の一戦をKOで制した(←ひどい言いぐさ)。

[PR]
by nugueira | 2017-07-01 23:04 | その他(立ち技系) | Comments(0)

不可思vs勝次

 KNOCK OUT のライト級トーナメント、話題になった不可思vs勝次の一戦をテレビで確認。

 1Rは開始から前に出た不可思がローからパンチ。しかしラウンド終了間際、不可思のパンチで下がった勝次が、スーパーマンパンチを叩き込みダウンを奪う!
 続く2R、今度は不可思が右をねじ込みダウンを奪い返すと、再開後にすぐさま追撃の右を入れ2度目のダウン!しかし近距離での打ち合いから勝次が左を振り抜きダウンを奪い返す!さらに勝次は跳びヒザからのパンチ連打で2度目のダウン!
 3Rも勝次の勢いは止まらず、ワンツーを入れるとさらに跳びヒザからパンチを叩き込みダウンを奪取。足元がおぼつかない不可思の攻撃を勝次が見切り、自分の距離で闘い続ける。
 4R、勝次が前蹴りを出すが、不可思は圧力をかけるとローからパンチ。ダウンのダメージを感じさせない攻勢をかける。続く5Rも不可思が前に出るが、距離が詰まったところに勝次が縦ヒジ!不可思の鼻からの出血が止まらずドクターストップがかかり、勝次が激闘に終止符を打った。

 とにもかくにも、2Rが凄すぎた。両者合わせて4回ダウンなんて、こんなバカげた試合(←褒め言葉)今まで見たことあるだろうか?完全に死に体かと思った不可思が4Rから逆襲へ転じたのも凄かったし、これだけのダウンの応酬の末に肘カットで決着、というのもキックルールならでは。この日会場にいたお客さんは正真正銘の勝ち組だなあ。

[PR]
by nugueira | 2017-06-24 22:35 | その他(立ち技系) | Comments(0)

KNOCK OUT vol.3の予想

 那須川・梅野が揃って出場せず、真価が問われる興業となる17日のKNOCK OUTの予想を。ライト級トーナメントはいまいち分からない選手が多いのでパス。

T-98○-×廣虎
 ラジャ王座から陥落したT-98の再起戦。旗揚げ戦の自演乙戦でのKOはお見事だったので、今回も快勝を期待。

石井一成○-×能登龍也
 こちらも王座陥落からの再起戦となる石井。まあここでの取りこぼしはないかなと。

小笠原瑛作×-○ワンチャローン・PKセンチャイジム
 KNOCK OUT唯一の3連勝を記録している小笠原が、旗揚げ戦で那須川に敗れたワンチャローンと対戦。一階級下とはいえ小笠原にとっては過去最強の敵。タイ人との試合もまだ見たことがないので、正直どこまで食らいつけるのか不安。ここで勝てば那須川への挑戦に説得力が出るが、厳しい試合になりそう。

森井洋介○-×ワンマリオ・ゲオサムリット
 ライト級トーナメントで一足先に準決勝進出を決めている森井が志願の連戦。相手は梅野に敗れているワンマリオ。KNOCK OUTでの森井は神がかった試合を連発しているし、今回もいけるのでは。梅野が仕留められなかったワンマリオをKOするようなことがあればインパクト的にもデカい。

[PR]
by nugueira | 2017-06-13 22:48 | その他(立ち技系) | Comments(0)

KHAOS.2の感想

 旗揚げ戦は見逃したKHAOSをAbemaTVで視聴。かねてから思っているのだが、これだけの格闘技観戦インフラを構築した功績をもって安倍政権はサイバーエージェントに何らかの表彰をすべきだと思う。

佐野天馬○-×里見柚己(判定)
 1Rはローの蹴り合い。佐野の圧力がやや強いか。2Rにさらにプレッシャーを強めた佐野が、左右のボディ連打から打ちおろしの右を入れダウン奪取!立ち上がった里見になおも追撃のボディ連打を入れ2度目のダウン。これで勝負ありか…と思ったら、前がかりに攻める佐野に今度は里見がカウンターの左!計3度のダウンを奪い合う神ラウンドに。
 まさかのダウンを喫した佐野だが、3Rは再び前に出てペースを掌握し判定で完勝。負けた里見もナイスファイトだった。

軍司泰斗×-○龍矢(判定)
 K-1甲子園決勝の再戦とのこと。1Rは軍司が倒す気満々の叩き付けるような左右のフックを連打。龍矢も右ストレートからヒザを突き上げるコンビネーションで反撃。
 2Rに入るとやや攻め疲れのみえる郡司に対し、龍矢が手数を増やし反撃。3Rもなかなか前に出られない軍司だが、終盤に左右フックを連打して試合終了。
 2・3も明確な差がついたか微妙だし、1Rは軍司かなあ…と思ったが、判定は2-0で龍矢。-53キロ王座挑戦者決定戦だったらしいが、さすがに武居相手にどうこうできる感じはしないなあ。

[PR]
by nugueira | 2017-05-13 21:34 | その他(立ち技系) | Comments(0)
 MXでちょこちょこ見ているKNOCK OUTの感想を。まず小笠原瑛作vsビョン・ソンジは、小笠原が序盤からローを効かせ、1Rにローからのミドルで早くもダウン奪取。何とか立ち上がるソンジだが、小笠原の追撃のローを食らいあえなくTKO。スクランブル出場の相手ではあるが、これで小笠原は3連続KO勝利。旗揚げ戦でもいい勝ち方していたけど、そこから一気に勢いに乗っている。

 続いて健太vsジャオウェハー・シーリーラックジム。健太は1Rからパンチとローのコンビネーションで先手を取り、ジャオウェハーは早くもローを嫌がっている様子。2Rも健太優位のペースは変わらず、アッパーも効果的に使いながらローを着実に入れていく。
 しかし3Rに入った途端、ジャオウェハーが一転して圧力を強め、ヒジで攻勢。2Rまではヒジを上手くかわしていた健太だが、遂に額をカットされてしまう。一度は再開するものの再び出血がひどくなったところでドクターストップ。
 昔後楽園ホールで新日本キックなんかを見ていたころの「強いタイ人」の勝ち方を見せられた感じ。ムエタイの上位陣は追い込まれてからがいやらしいし強いんだよなあ。

[PR]
by nugueira | 2017-05-04 23:46 | その他(立ち技系) | Comments(0)

梅野vsロートレック

 KNOCK OUT vol.2、梅野源治vsロートレック・ジャオタライトーンを視聴。

 1R、梅野はパンチからロー、さらにアッパー。ロートレックはじりじり前に出ながらローを返す。2Rもロートレックが前に出ながらロー連打。梅野はミドルからインローを入れるが、ロートレックは蹴り終わりにスピードのあるローとパンチを返す。
 3R、ロートレックがワンツースリーからロー。左右のパンチが梅野を捉える場面が増え、梅野もパンチやヒジを返すものの徐々に下がらされてくる。
 4Rもロートレックの圧力と手数に手を焼く梅野。ロートレックが右目の上から流血するが、これはバッティング。5Rはロートレックが徹底して組み付くと首相撲からのヒザを連打。梅野は距離が空いたところで単発のミドルを返すが逆転にはつながらず、判定2-0でロートレックが勝利。

 梅野の「KOイコール正義じゃない」という発言は勝利という結果を出し続けているからこそ許容されるはずであり、その意味で非常に痛い敗戦。おりしもメインでは同階級の森井が説得力満点のKO劇を見せており、梅野は厳しいポジションに追い込まれてきたか。

[PR]
by nugueira | 2017-04-15 23:46 | その他(立ち技系) | Comments(0)