反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

カテゴリ:雑記( 737 )

[こだわり]バウト

 今月は観戦した試合数が少なめのうえに正直「これは!」という試合も少なく、MVPのみ選出。格闘技的には夏枯れの時期だったか?

MVP:フロイド・メイウェザー(8/27 スーパーウェルター級12回戦)
 この試合をどう消化すればいいのか未だに自分の中で答が見つからないのだが、パッキャオ戦以上のビッグマネーを生み出したメイウェザーは少なくともビジネスマンとして超一流。試合内容も気づけばあれよあれよという間にマクレガーを掌握してしまい、久しぶりのKOシーンまで見せてくれる文句のつけようがない勝ち方だった。

[おすすめ]バウト:ゲンナディ・ゴロフキンvsサウル・カネロ・アルバレス(9/17 3団体統一世界ミドル級タイトルマッチ)
 こちらは何の迷いもなく正面から受け止めるしかない、今年のボクシング界最大のビッグマッチ。連続KOが途切れたとはいえ世界トップクラスのパンチ力と技術を持つゴロフキンと、中量級の至宝カネロが激突。いったいリング上でどういう化学反応が起きるのか、楽しみで仕方がない。9月にはこの他にも井上のアメリカ初進出、ロマゴンが王座奪回に挑戦、リナレス防衛戦とボクシングが見どころ満載。

[PR]
by nugueira | 2017-08-30 23:36 | 雑記 | Comments(3)

勝敗予想(8月の決算)

 8月の集計を。

8/6 Krush.78(1/2)
8/6 UFN114(1/2)
8/20 PANCRACE289(2/3)
8/20 Krush.79(3/3)
8/20 KNOCK OUT vol.4(3/4)
8/27 メイウェザーvsマクレガー(1/1)
8/27 コットvs亀海(0/1)


 合計は11/16で的中率68.8%。全体として大外れはなかったのだが7割には届かず。うーん、トンネルは長い…。


[PR]
by nugueira | 2017-08-29 23:12 | 雑記 | Comments(0)

[こだわり]バウト

 7月の各賞と8月のおすすめバウトを。ベストサブミッションは該当なし。

MVP:田口良一(7/24 WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ)
 これまでのややひ弱というか不安定な印象を払しょくする、序盤から相手を押しきってのKO防衛。奇しくも内山の引退表明と時期が前後したが、内山も後輩のこの戦いぶりを見れば安心してリングを下りれるのでは。

ベストバウト:北岡悟vs矢地祐介(7/30 RIZIN)
 堀口vs所も涙なしに見られない結末だったが、北岡の気迫溢れる戦いに敬意を表しこちらを選出。所と同じく下の世代に呑みこまれる結果にはなったが、敗れてもなおリング上の主役は北岡だった。

ベストKO:那須川天心(7/30 RIZIN)
 入場の段階から会場内に那須川への期待感が渦巻いていて、それに難なく応えてしまうのが毎回驚き。日本にこういう10代がいて、その試合をリアルタイムで追いかけていられることに幸せを感じる。

[おすすめ]バウト:ミゲール・コットvs亀海喜寛(8/27 WBO世界スーパーウェルター級王者決定戦)
 同日開催のメイウェザーvsマクレガーに注目が集まることはこの際否定しないのだが、日本のボクシングファンが注目しなければおかしいのはこちら。この階級で日本人が世界を獲れば快挙だが、コットのブランクを考えれば決して無謀な挑戦ではない。海外で茨の道を突き進んできた亀海が、黄金の階級で頂点をつかむか!?

[PR]
by nugueira | 2017-08-09 23:36 | 雑記 | Comments(0)

勝敗予想(7月の決算)

 7月の勝敗予想の決算を。

7/2 パンクラス288(3/4)
7/2 パッキャオvsホーン(0/1)
7/8 TUF Finale(0/2)
7/9 UFC213(1/4)
7/15 DEEP(1/2)
7/16 Krush.77(3/5)
7/16 三浦vsベルチェルト(1/1)
7/17 UFN(0/1)
7/23 UFC on FOX(1/3)
7/30 RIZIN(4/10)
7/30 UFC214(5/8)


 合計19/41で的中率46.3%…。どの大会が悪かったというより、どの大会もまんべんなく外した轟沈としか言いようがない状態。一度お祓いに行った方がいいのだろうか。

[PR]
by nugueira | 2017-08-03 23:56 | 雑記 | Comments(0)

[こだわり]バウト

 6月の各賞と7月のおすすめバウト。

MVP:チンギス・アラゾフ(6/18 K-1 WORLD GP)
 大本命の前評判に違わぬ圧倒的実力を見せてトーナメントを制覇。一回戦・準決勝のKOシーンは、ひいてしまうぐらい凄かった。準優勝の城戸もMVP級の大健闘。

ベストバウト:アンドレ・ウォードvsセルゲイ・コバレフ(6/18 3団体統一世界ライトヘビー級タイトルマッチ)
 息詰まる攻防が続いた前半戦の後、コバレフの疲れを見逃さなかったウォードが圧巻のフィニッシュ。ボクシングの醍醐味の詰まった、いい試合だった。

ベストKO:マックス・ホロウェイ(6/4 UFC212)
 間合いのコントロールに長けたアルドに対してしつこく圧力をかけ続け、最後は相手の根負けを誘うようにKO。怒涛の10連勝が伊達ではないことを証明する、UFCフェザー級に新時代をもたらす価値ある勝利。

ベストサブミッション:ベン・ウェン(6/11 UFN110)
 エリオットを下すというアップセット込みで選出。相手の投げを潰してからタップを奪うまでの早業はお見事。

[おすすめ]バウト:ミゲール・ベルチェルトvs三浦隆司(7/16 WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ)
 海外で異常なまでの勝負強さを発揮する三浦がベルト奪還に挑む。楽な試合にはなりようがないが、名勝負製造機・三浦の底力に期待。

[PR]
by nugueira | 2017-06-28 23:43 | 雑記 | Comments(0)

勝敗予想(6月の決算)

 6月の勝敗予想の集計を。

6/4 UFC212(2/6)
6/11 UFN110(2/5)
6/17 KNOCK OUT vol.3(2/4)
6/17 UFN111(5/7)
6/18 ウォードvsコバレフ(1/1)
6/18 K-1(11/13)
6/25 ベラトール(3/4)
6/26 UFN112(1/3)


 合計は27/43で的中率62.8%。K-1のトーナメントでかなり盛り返したものの、序盤の出遅れを取り戻せず。いまいち波に乗り切れないまま2017年も後半戦へ突入。




[PR]
by nugueira | 2017-06-27 23:11 | 雑記 | Comments(0)

[こだわり]バウト

 5月の各賞と6月のおすすめバウト。

MVP:井上尚弥(5/21 WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ)
 村田の理不尽な敗北に意気消沈したが、そのもやもやを晴らしてくれる圧倒的なKO防衛。次の視線は北米へ。世界が恐れるモンスターの上陸準備は整った。

ベストバウト:石渡伸太郎vsハファエル・シウバ(5/28 PANCRASE287)
 グラウンドのしつこさにアドバンテージのある挑戦者を、3Rから削り続け逆転する5ラウンドマッチの醍醐味満点の試合。UFCに行くにせよRIZINに行くにせよ、石渡への期待感を高めるには十分な好勝負だった。

ベストKO:比嘉大吾(5/20 WBC世界フライ級タイトルマッチ)
 曲者メキシカンとフィジカルと一発の強さで粉砕する、日本の軽量級にはなかなかないタイプの強さを見せてくれた。師匠・具志堅に匹敵する名王者となってくれるか。

ベストサブミッション:ローリー・マクドナルド(5/20 ベラトール179)
 UFCからの移籍組が苦戦傾向にある中、UFC時代以上の強さを感じさせる圧勝劇。「UFC王者とベラトール王者、どちらが強いのか」という議論が成立する時期が意外と来てしまうのかも。

[おすすめ]バウト:第2代スーパーウェルター級王者決定トーナメント(6/18 K-1 WORLD GP)
 今年に入って大会のたびにニューヒーローが誕生するK-1のトーナメント。王座戦線が長らく休業状態にあったスーパーウェルター級だが、説得力のある新王者が出てくるか。

[PR]
by nugueira | 2017-06-02 22:19 | 雑記 | Comments(0)

勝敗予想(5月の決算)

 5月の勝敗予想の集計を。

5/14 UFC211(4/4)
5/20 RISE117(1/1)
5/20 Bellator179(1/1)
5/20 村田vsエンダム(0/1)
5/28 UFN109(1/2)
5/28 PANCRASE287(1/3)
5/28 Krush.76(2/2)


 合計は10/14で的中率71.4%。そもそも試合数が少なかったものの、とりあえず7割はクリア。これで上昇気流に乗りたいところだが、6月はどうなるか。

[PR]
by nugueira | 2017-05-31 23:02 | 雑記 | Comments(0)
 先日のAbemaTVの「亀田興毅に勝ったら1000万円」企画はカネロvsチャベスを録画視聴していたためチェックせず。グローブハンデだヘッドギアだの疑惑云々は別に、この企画に格闘技としての面白みは見いだせないなあ。
 ただ、今回の「視聴回数1000万回突破」という数字には本当に驚いた。これについても「視聴回数であって視聴人数ではない」「同時視聴人数ではないのでテレビの視聴率とは比較できない」といった指摘がされているけど、格闘技ファンにしてみると「AbemaTVで初めて視聴回数100万回を突破したコンテンツはK-1」という認識があるので、その10倍以上の数字が叩き出されたことは素直に驚くしかない。
 テレビの視聴率と比較できないのはその通りなんだろうけど、同じAbemaTVのコンテンツで比較する物差しがあるだけに、今回の「1000万突破」の凄さが実感できてしまった。

 それなりに、どころか十分な盛り上がりと熱を生んでいるはずの新生K-1だけど、それでも亀田の10分の1以下。亀田が未だに凄いのかK-1がまだまだなのか、多分両方なんだろうけど、武尊がぶち上げている「K-1ゴールデン中継」への道のりがいかに厳しいかを改めて思い知らされた。(さっき自分で「この企画に格闘技としての面白みは見いだせない」と書いたばかりなので、比較材料にするのが間違いなのかもしれないが。)

 とはいえ、たまアリ進出初回となる6月大会も様子見をしているうちに安い席は完売しており、会場のキャパが大きくなっても依然チケットはよく稼働している様子。地上波ゴールデンの現実味はさておき、K-1は今できるステップアップを着実にこなしていくのが最善の道か。武尊も今回の亀田企画のゲスト解説に出ていたので、「(格闘技云々ではなく番組コンテンツという意味での)越えなければならない壁」を目にして闘志を奮い立たせているのでは。

[PR]
by nugueira | 2017-05-11 23:30 | 雑記 | Comments(0)

勝敗予想(4月の決算)

 4月の勝敗予想の決算を。

4/1 KNOCK OUT vol.2(2/3)
4/1 ベラトール175(1/1)
4/2 Krush.75(2/4)
4/9 UFC210(2/4)
4/16 UFC on FOX(6/7)
4/16 RIZIN(7/10)
4/22 K-1 WORLD GP(4/10)
4/23 PANCRASE286(3/3)


 合計は27/42で的中率64.3%。相変わらずの低空飛行。
 4月で痛かったのはK-1のスーパーバンタム級トーナメント。なんと7試合中的中は1試合のみ。ワンデートーナメントがリスクが高いのは確かなんだが、ここまでひどいのはさすがに初めてかも。とはいえ武居と久保が決勝を争うなんて予想、絶対できなかったからなあ…。




[PR]
by nugueira | 2017-05-02 23:11 | 雑記 | Comments(0)