反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

カテゴリ:Krush( 137 )

Krush.80の感想

 Abema TVで視聴。

卜部功也○-×ヤニック・レーヌ(判定)
 蹴り合いからスタートしやや静かな展開が続くが、1R終盤に功也の右ハイがヒットしレーヌがグラつく。チャンスを迎えた功也だが、攻め切れずにラウンド終了。
 2Rに入ると功也の左が繰り返しヒット。レーヌは下がりながら防戦一方となるが、功也も上体の動きでかわすレーヌを捕えきれない。3Rも功也が攻め続けるものの、あと一打が出ないまま終了。復帰戦を白星で飾ったが、60キロトーナメントを制したときの凄味はまだ戻っていないか。

軍司泰斗○-×隆聖(判定)
 軍司が前蹴りで飛び込みながらのパンチ連打。隆聖もパンチを返すが、回転力・正確性で軍司が上回り始める。右ハイを入れた軍司がすぐさまラッシュを仕掛けると、ヒザからのパンチ連打であっという間に2度のダウンを奪取。隆聖は鼻血を出し、早くも気力だけで立っている感じ。
 2Rも軍司の勢いは止まらず、顔面への前蹴りで3度目のダウンを奪う。殺傷力の高いコンビネーションもさることながら、攻勢のこの場面でも冷静にボディを打ち込むのが凄い。隆聖も粘りを見せKOは免れるものの、最後まで攻勢をキープした軍司が圧勝で第2代53キロ王者に。
 軍司の試合を初めて見たのだが、以前からこんなに強い選手だったの?若くて伸び盛りのいい選手が王者になってくれたなあ。
 
 

[PR]
by nugueira | 2017-09-08 23:28 | Krush | Comments(0)

Krush.80の予想

 8日のKrushの予想を。

山内佑太郎○-×小鉄
 山内が2年ぶりのリング復帰。靭帯の手術を経てのカムバックということで、年齢も含めて厳しい状況なのは確か。とはいえ、全日本キック時代から見続けてきたファンとしては応援しなきゃ嘘ですよ。

卜部功也○-×ヤニック・レーヌ
 卜部弟の復帰戦。ISKA王者をぶつける辺りは楽をさせてもらえないなあ、という感じだが、ヌルい相手に勝たれてもしっくりこないのも確か。ゴンナパーへのリベンジを狙うにせよウェイ・ルイへの挑戦を狙うにせよ、次につながるしっかりした勝ち方をしてほしい。

[PR]
by nugueira | 2017-09-04 23:31 | Krush | Comments(0)

Krush.79の感想

 名古屋大会、トリプルメインイベントの感想を。

KANA○-×エミリー・マシュー(1R KO)
 圧力をかけていくKANAに、マシューは細かいロー。構わず前に出続けるKANAが左右のボディを入れるが、マシューの返しの左がヒット。しかしKANAはなおもロープ際に詰めると、右フックを打ち抜く!一撃でグラついたマシューに追撃の右!マシューが倒れた瞬間セコンドがストップをかける、文句なしのKO。カウンターを被弾したのは危なっかしかったが、ヘウヘスとのリマッチへ準備は整ったか。

大和哲也○-×エルソン・パトリック(2R KO)
 上背に勝るパトリックだが、大和は構わず懐へ飛び込みボディやミドル。2Rに入ると一層圧力を強めた大和がロープ際へ詰め左右のボディを連打するが、パトリックの右ストレートが入り大和が出血。ストップがちらつき一転ピンチになる大和だが、再開後にボディからの連打でダウンを奪うと、すぐさまカウンターの右を叩き込み2度目のダウン。最後はコーナーに詰められたパトリックがストレートを打ち抜かれたところでストップ。大和がピンチを力ずくで振り払うようなKO勝利。

野杁正明○-×ディエゴ・フレイタス(2R KO)
 野杁はロー、ボディ、ヒザと相変わらず上下左右に散らす多彩な攻め。フレイタスもK-1ルールへの適応は問題ないようで、額をつけるような近距離でパンチ・ヒザを繰り出し合う。それでも野杁は三日月蹴りやアッパー3連打を繰り出し、優勢な印象で1R終了。
 2Rも近距離でのコンビネーション合戦となるが、野杁が左ボディからヒザを突き上げると、グラついたフレイタスにパンチ連打から右ハイ!ダウンしたフレイタスは立ち上がりかけるものの再び倒れてしまい、野杁がインパクト十分のKO勝利。
 実況席が言っていたようにセミ終了の時点でハードルを思い切り上げられていた状態、かつ相手も油断できないレベルの選手だったが、最後はきっちりKOで締めてみせた。K-1の65キロ戦線は野杁vs大和に収れんされていくのかな。

[PR]
by nugueira | 2017-08-23 23:01 | Krush | Comments(0)

Krush.79の予想

 夏の恒例イベントとして定着してきた感のある、20日のKrush名古屋大会の予想を。

KANA○-×エミリー・マシュー
 王座奪還へ再始動のKANA。相手はISKA王者だが48キロ級の選手なので、ここはしっかり勝っておきたい。

大和哲也○-×エルソン・パトリック
 大和をいつゲーオに当てるか…と思っていたら野杁が新王者に。こう言っちゃなんだが王座奪取のチャンスは相対的に高まったはず。タイトルマッチへアピールできる快勝を期待。

野杁正明○-×ディエゴ・フレイタス
 メインはその野杁が凱旋試合。まあここで揃って勝利して野杁vs大和が激突必至!という空気づくりへ…というのが理想的な展開ですわな。

[PR]
by nugueira | 2017-08-16 23:40 | Krush | Comments(0)

Krush.78の予想

 6日のKrush、ダブルメインの予想を。

佐々木大蔵○-×谷山俊樹
 63キロタイトルマッチはともにK-1トーナメント初戦敗退からの再起戦。両者再浮上のために負けられないところだが、過去のタイトルマッチで説得力ある勝ち方をしている佐々木に期待。

中澤純×-○左右田泰臣
 65キロタイトルマッチの方は、左右田としてはベルトを手土産にK-1再上陸をしたいところ。中澤は王者決定トーナメントでもそこまでインパクトのある勝ち方ではなかったし、厳しい試合になるか。

[PR]
by nugueira | 2017-08-05 21:41 | Krush | Comments(0)

Krush.77の感想

ティエ・インホァ○-×渡部太基(判定)
 渡部がミドルからパンチ。インホァはハイ、さらにパンチを返す。渡部のパンチが入りインホァが一旦下がるが、インホァのパンチのタイミングも合いだしてくる。近距離での打ち合いで1Rが終了。
 2Rも圧力をかける渡部。しかしインホァはそれを押し返すと、右ストレートをヒット。さらにハイ、左右のフックを入れていく。3Rもインホァがヒザ蹴りから左右のフックで攻勢。渡部はダウンは免れたが一方的に攻められ終了。判定でインホァが勝利。

チュー・ジェンリャン○-×小宮由紀博(判定)
 後ろ回し蹴りを繰り出していくジェンリャンに、小宮はパンチからローで応戦。1R終盤にジェンリャンの後ろ回し蹴りが入り小宮ダウン。2R以降もジェンリャンはバックハンドブローや後ろ回し蹴りを交えたコンビネーションで圧倒。小宮が組んで凌ごうとしても、少しでも隙間が空くとボディ連打やアッパーを繰り出してくる。
 判定は終始攻めたジェンリャンがフルマークで圧勝。回転系の技は普通出したところで一息ついてしまうが、ジェンリャンの場合はコンビネーションの中で普通に出してくる。どういうボディバランスしてるんだ。戦績を見るとイリアス・ブライドやジョムトーンにも勝っているらしいし、日本に継続参戦してくれないかな。

ジェン・ジュンフェン○-×卜部弘嵩(判定)
 ジュンフェンは前蹴りで先手を取りながら鋭いパンチ。卜部はローキックを返すが手数が少ない。2R、ジュンフェンは強引に前に出て攻勢。パンチが入り卜部の腰がガクリと落ちるが、ダウンはギリギリのところで回避。3Rは卜部がローを効かせるようになり、終盤にはパンチでジュンフェンを下がらせる。
 2Rジュンフェン、3R卜部でドローでいいように思ったが、判定は2-0でジュンフェン。

 中国側の4勝2敗で勝ち越しという結果自体はさほど驚きではなく、最悪1勝5敗もあり得る…と思っていたのだが、その確実な1勝として見込んでいた卜部が敗れたのが衝撃。急成長している中国勢の強さを思い知らされた。これがK-1に大量参戦してきたら、勢力分布がガラリと変わりそうだな。

[PR]
by nugueira | 2017-07-21 15:28 | Krush | Comments(0)

Krush.77 の予想

 16日のKrush、日本vs中国対抗戦の予想を。

佐野天馬×-○ユン・チー
 小澤には敗れたユン・チーだが、巻き返しへ向けここは取りこぼしできない。

瑠輝也○-×ドン・ザーチー
 前評判ではザーチー優位のようだが、瑠輝也はこの前のK-1でのKOが鮮烈だったので、期待値込みでこういう予想に。

渡部太基×-○ティエ・インホァ
小宮由紀博×-○チュー・ジェンリャン

 中国勢が強そうというよりは日本勢が期待薄かなと思い、厳しめの予想を。

卜部弘嵩○-×ジェン・ジュンフェン
 メインは卜部兄の再起戦。K-1のタイトル獲得以降は正直精彩を欠いているだけに、復活への足掛かりをここでつかみたい。

[PR]
by nugueira | 2017-07-10 23:53 | Krush | Comments(0)

Krush.76の感想

 AbemaTVで観戦。

木村“フィリップ”ミノル○-×KENJI(1R KO)
 序盤にコーナーに詰められ攻め込まれた木村だが、ここをガッチリ凌ぐとボディから打ちおろしの右で反撃。KENJIから次々ダウンを奪い、1ラウンドKOでようやく長いトンネルから脱出。これでK-1ウェルター級トーナメントは確定か。

KANA○-×グレイス・スパイサー(判定)
 序盤からキレのある動きを見せるKANA。細かくヘッドスリップする動きから左右のボディ連打、ローへとつなげるコンビネーションでペースを握り続ける。2Rには前蹴りでスパイサーの鼻を派手に出血させると、3Rに左ボディから右ハイの見事なコンビネーションでダウンを奪取。完璧な内容で復帰戦を飾った。以前よりも強くなったのでは?と思わせるぐらいで、もうヘウヘスとの再戦へ待ったなしの状況か。

レオナ・ペタス×-○安保璃紅(判定)
 1Rから近距離で互いのパンチが交錯するが、両者目立った決定打はなし。2R開始と同時に安保が跳び蹴りで奇襲。面食らったようにスリップするレオナだが、すぐ立て直すと逆にパンチで安保を下がらせる。この後もダウン上等の打ち合いに挑む両者だが、ディフェンス技術も高く決定的な場面は出てこない。
 3Rも両者積極的に攻めるが決定打はなし。蹴りも出している安保に比べレオナはパンチ一辺倒か、という感じはするが、それでも時折安保の顔面を捉えてはいる。これは延長戦か…と思いながら判定を聞いたものの、ジャッジは三者とも安保を支持。
 安保が要所要所で先手を取って蹴りも出していたのは確かなのだが、キックの採点でよくこの差を評価したなあ、という印象。個人的にそれほどの差は感じなかった、というかレオナに一票入れたいぐらいだったが。安保がいきなりK-1で通用するかというと微妙な気はするが、デビュー以来8連勝の19歳。また将来性のありそうな若手がのし上がってきた。

[PR]
by nugueira | 2017-05-28 23:48 | Krush | Comments(0)

Krush.76の予想

 28日のKrushの予想。60キロ王者決定トーナメント決勝はこれまでの試合を見れていないためパス。

木村“フィリップ”ミノル○-×KENJI
 立ち技再起戦にも敗れ落ちるところまで落ちた感のあるミノル。ただ前回は一発もらって負けたものの直前まで動きは悪くなかった。さすがにこの辺で上昇気流に乗りたい。

KANA○-×グレイス・スパイサー
 KANAの再起戦。ヘウヘスからベルトを奪うとしたらKANAがリベンジするしかないと思うので、まずは目の前の試合をしっかり勝ってほしい。相手も強そうなので油断できないが。

[PR]
by nugueira | 2017-05-26 23:28 | Krush | Comments(0)

Krush.75の感想

 メインの-65キロタイトルマッチの感想を。

小宮由紀博×-〇中澤純(判定)
 1R、ジリジリ前に出る中澤に小宮はローやミドル。中澤は距離が詰まるとパンチを強振し、さらに右ハイからテンカオを浅くヒットさせる。
 2Rは小宮がボディストレートを起点にパンチを増やす。中澤も引き続き圧力をかけながらパンチを返し、二段蹴りのようなハイキック。ここまでほぼ五分の展開。
 最終ラウンド開始早々、中澤が左右のローをヒット。小宮はパンチの手数を増やすが、バッティングにより中澤が流血。再開後、なおもパンチで出てくる小宮を中澤がパンチで吹き飛ばすがノーダウン。最後までお互いパンチを振るい続け試合終了。
 どちらも手数は出しつつ決定打に欠けるジャッジ泣かせの試合だったが、判定はスプリットで中澤。終始前に出続けて自分のペースで試合を作っていたのが勝利につながったか。歴代王者に比べるとややインパクト不足かなあ…と思っていたら試合後に左右田が挑戦を表明。K-1からの都落ち組も絡めて上手くタイトル戦線を回す流れができつつある。

[PR]
by nugueira | 2017-04-02 23:27 | Krush | Comments(0)