反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:その他(総合・寝技系)( 811 )

PANCRASE 292の予想

 ディファでの最終興業となる10日のパンクラスの予想。

ISAO○-×粕谷優介
 思わぬ敗戦でタイトル戦線から後退を余儀なくされたISAO。粕谷は元UFCファイターとはいえ実績ではISAOが上回るので、再起戦をしっかり白星で飾りたい。

松嶋こよみ○-×カイル・アグオン
 ISAOに勝ったアグオンと、粕谷に勝った松嶋が激突。こういうマッチメイクは分かりやすくていい。上位進出が期待されながらここ一番での取りこぼしが多い松嶋だが、今回は結果を出せるか。

久米鷹介○-×徳留一樹
 メインはライト級タイトルマッチ。王座陥落後も立て直して2連勝した徳留の挑戦はまあ妥当。とはいえ久米にとって前回スタンドの打撃戦で殴り勝てたのは自信になっているはずだし、「また徳留?」という気の緩みが発生する状況でもなさそう。返り討ちで久米が防衛と予想。

[PR]
by nugueira | 2017-12-05 22:52 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

RIZIN追加カード

 一部既報カードも含め、年末RIZINの対戦カードが発表。

 ミルコ・クロコップvs高阪剛
 KINGレイナvsシンディ・ダンドーワ
 真珠・野沢オークライヤーvsチェルシー・ラグラース


 去年のミルコはモーやアミールといった「今、強い選手」と戦ったから見てる側も乗れたわけで、ここでまた対オールドネーム路線に戻られてもなあ…。なんだかんだでミルコの姿がまた見れるのは素直に嬉しいところではあるんだけど。それにしてもミルコの引退ロード、これで何回目だ?

 女子2試合は出るべきメンツが来たという感じだが、KINGレイナは対モンスター路線の総仕上げでギャビと戦うとばかり思っていたので、このマッチメイクは意外。曲がりなりにも元UFCファイターとの対戦になるわけで、真価の問われる一戦になりそう。こうなるとギャビは誰とやるんだろう?さすがに神取は勘弁してほしいが。

 矢地のツイッター上での暴露により話題となった五味の去就だが、正直自分は五味にどうして欲しいんだろう…というのが上手く言葉にできない。最後にもう一度日本のリングで五味の姿を見たいという思いはあるけど、ここ何年かのパフォーマンスを見る限り、リスクが高いだけで期待できる要素は皆無だからなあ。五味が矢地との対戦を渋った経緯はよく分からないが、わざわざ公開処刑になるカードを実現させる必要もないか…と思えてきた。

 ここ2年と同様、29日を会場観戦して大晦日は家でゆっくり見る予定。ワンマッチは29日にもいいカードを振り分けてほしいなあ。

[PR]
by nugueira | 2017-11-17 23:09 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

PANCRASE 291の感想

 メインの感想を。

ロッキー川村×-〇新村優貴(3R KO)
 1Rは前に出る新村に、川村がサークリングして距離を取り続ける展開。ラウンド終盤に川村のパンチも入り出すが、両者とも手数は少ない。
 しかし2Rに入った途端、両者積極的にパンチを振るい一気にエキサイティングな展開へ。打ち合いから川村が弾き飛ばされるようにダウンするが、すぐさま立ち上がると今度は新村がダウン!追撃した川村が上を取るが、パウンドでは攻め切れずスタンドへ。川村が再度押し倒すようにダウンを奪うが、またも立ち上がった新村がラウンド終盤に攻勢。パンチをもらった川村はフラフラになり、ホーンに救われる。
 3R、川村はなおも打ち合いに挑むが流れは変わらず、新村のパンチをもらい続けて後退。最後は相打ち気味のパンチを食らった川村が崩れ落ち、新村がリベンジとベルト奪取に成功。

 再戦はお互い手の内が分かるが故に膠着しがちだが、そんな心配は不要のどつき合い。2Rからの倒し倒されまた倒し…という展開は見ていてハラハラし通しだった。タイトルマッチがこれだけ面白かった一方で、ミドル級の選手層が厚くならないのは勿体ないなあ。

[PR]
by nugueira | 2017-11-13 23:22 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

PANCRASE 291の予想

 12日のパンクラスの予想を。

上田将勝○-×アラン“ヒロ”ヤマニハ
 ここ一番で海外勢に遅れをとってしまう上田だが、気づけばランキング1位。石渡のRIZIN参戦によりバンタム級タイトルマッチは少し先になるだろうが、そこまでしっかり白星を積み重ねるのが大事か。

ロッキー川村○-×新村優貴
 ミドル級KOPタイトルマッチは結局昨年のタイトルマッチの再戦。この階級の選手層が薄いのは致し方ないところか。川村が盤石な王者という感じはあまりしないのだが、去年の勝利自体は交通事故でもなんでもないれっきとしたKOだし、とりあえず返り討ちを予想。

[PR]
by nugueira | 2017-11-07 22:27 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

ベラトール186の予想

 日本時間明日のベラトールの予想。AbemaTVの中継はあるが所用のため見れなさそう。

ライアン・ベイダー○-×リントン・ヴァッセル
フィル・デイヴィス○-×ラオ・レイチ

 6月にライトヘビー級タイトルマッチを戦った両者が防衛戦&再起戦。デイヴィスの相手はキャリア10戦全勝だが今回がベラトール初戦。ベイダーと戦うヴァッセルも3連勝中だがUFCファイターと渡りあえるレベルなのかは微妙。両者とも無難に勝ちそう。

[PR]
by nugueira | 2017-11-03 21:07 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

修斗の感想

 15日の舞浜大会、つまみ食いで見た感想を。

覇彌斗○-×六本木洋(3R TKO)
 1R、覇彌斗がタックルに行ったところへ六本木がギロチンチョーク。ヒヤリとさせられたが、覇彌斗はこれを凌ぐとトップポジションをキープしパウンドと鉄槌。しっかり削って1Rを終える。
 2Rも六本木のしつこいギロチン狙いを外した覇彌斗が、トップをキープし攻勢。ここまで来たらフィニッシュしてほしい…と思った3R、覇彌斗がトップポジションからヒジを落として流血を呼び込み、TKO勝利。とはいえ、結果的にスクランブル出場の六本木の健闘の方が光ってしまったか。

川名雄生○-×小谷直之(判定)
 序盤は小谷が組み力の強さを見せテイクダウンを奪うが、1R後半から川名もトップをキープ。ここまでは「なんだかんだでよく動けてる」という印象だった小谷だが、2R以降は失速。タックルを切られ自分から引き込む場面が増え、3Rもケージに押し込まれ続けて試合終了。川名がベテランの小谷を下した。小谷のランキングを考えれば普通に環太平洋タイトルマッチとして組んでやれば良かったようにも思うが。

扇久保博正○-×オニボウズ(1R チョークスリーパー)
 オニボウズのタックルを切った扇久保が左ハイを浅くヒット。スタンドの攻防が続いた後、またもオニボウズのタックルを切った扇久保が低空のダブルレッグからテイクダウン。ハーフからこつこつパウンドで削ると、背中を向けたオニボウズに強いパウンドを連打し、最後はバックに回ってチョークで一本。
 昨年の菅原戦に続き「扇久保強ええ」としか言いようがない圧勝劇。今回の試合内容で比べると、さすがに今の覇彌斗じゃまだ勝てないか。これだけの選手にUFC契約のチャンスが回ってこないのは切ないなあ。

[PR]
by nugueira | 2017-10-19 23:57 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

RIZINの感想②

 その他の地上波で流した試合の感想を。日本人女子が絡まない判定決着のカードは根こそぎカットで、桜庭の試合もダイジェストすら流れず。これだから地上波格闘技は…というのはもはや言うだけ野暮か。

ジェロム・レ・バンナ×-○ロッキー・マルティネス(1R ネックロック)
 バンナの身体の仕上がり具合には驚いたが、マルティネスがタイミングのいいタックルからテイクダウンすると最後は袈裟固めで一本。タプタプの体型のくせにグラウンドでは意外と動けるのね。

アイリーン・リベラ○-×山本美憂(2R 腕十字)
 スタンドでは押し気味だった山本だが、テイクダウンの後に下から仕掛けられる展開。1Rは何とか凌ぐものの、2Rはまたもタックル後にラバーガードから腕十字。回転して逃れようとするものの極められてしまいタップ。やっぱりテイクダウンから先の攻め手が用意できていなかった。リベラも山本相手にスタンドで後れを取るようだと、RENAにはあっさり殴り倒されそう。

浅倉カンナ○-×シルビア・ユスケビッチ(判定)
 浅倉がトップポジションはキープするがあまり印象に残らない展開を続けて判定勝利。

マネル・ケイプ○-×山本アーセン(1R KO)
 スタンドで積極的に手を出していたケイプが、左ハイをクリーンヒットさせKO勝利。やや交通事故的な感じもあるフィニッシュだったので、ケイプをどの程度評価すればいいのか判断に困る試合。

KINGレイナ○-×ガブリエル・ストークス(判定)
 テイクダウンは取るがなかなか攻め切れないレイナ。2Rにはストークスにバックマウントを奪われパウンドをもらい続けてしまう。嫌な空気で3Rを迎えたレイナだが、ストークスが露骨にローを効かされ失速。倒しきれなかったもののレイナが判定でRIZIN3連勝。インパクトに欠ける試合内容だったが、これで大晦日のギャビ戦当確か?

川尻達也○-×ガブリエル・オリベイラ(2R KO)
 オリベイラのパンチを顔面にもらい続ける川尻。タックルも切られ、最後は頭を下げたところにヒザを合わされKO負け。バンタム級挑戦という一世一代の賭けも実らず。せめて1Rから放送して欲しかったなあ…。オリベイラは61まで落とせるのならワイルドカードで出てほしい。

[PR]
by nugueira | 2017-10-16 23:37 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

RIZINの感想①

 生放送だったセミとメインの感想から。尺は大幅に余らず、最後はKOで締まってくれて悪くない展開だったのでは。会場組は大変だったろうけど。

那須川天心○-×藤田大和(判定)
 藤田は開始早々にミドルキックを繰り出し、さらに自ら組み付きにいくがここは那須川が逆に上を取る。この後も那須川は猪木アリ状態からの踏みつけを繰り出した後、スタンドで藤田の打ち終わりに左フックを叩き込みダウンを奪取!
 このまま那須川が一気に押しきるかと思ったが、藤田は2R以降もスタンドでキレのあるパンチを出し、那須川が浅く被弾する場面も。さらに2R後半は藤田がトップポジションをキープし、試合は最終ラウンドへ。
 3Rは那須川が左ストレートとテンカオを繰り返し叩き込んで優勢に進めるものの、猪木アリ状態の藤田を攻めきることができない。終了間際には藤田がマウントを奪い、結局判定で那須川が勝利。
 藤田が大舞台と那須川に呑まれず頑張ったというべきか、那須川が粗さを見せたというべきか。ボクシングエリート相手に予告通りパンチで上回ったのは相変わらず凄いが。藤田は地道にキャリアを積めば強くなるかもしれないけど、RIZINに引きずり込まれるとロングスパンで中途半端な相手を当てられてスポイルされそう。

RENA○-×アンディ・ウィン(1R KO)
 RENAがバックブローに行ったところをウィンが組み付きテイクダウン。RENAは下から腕十字を仕掛け立ち上がるが、ウィンはおぶさってバックチョーク狙い。しかしRENAはこれを振りほどいて正対すると、強烈な左ボディ!一発で聞かされた様子のウィンにRENAがヒザとボディの連打を入れ続け、最後は左ボディを食らったウィンがコーナーに崩れ落ちフィニッシュ。
 相手の計量オーバー、長丁場興業とモヤモヤの溜まる要素が多かった中、最後にきっちり締めるのはさすが。やっぱりこの子は持ってる。

[PR]
by nugueira | 2017-10-15 23:29 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)
 バンタム級GP&女子GPの予想を。

アイリーン・リベラ○-×山本美憂
 リベラにどの程度期待していいのか分からないが、山本がテイクダウン以降の引き出しを増やしているとも思えないので。

浅倉カンナ○-×シルビア・ユスケビッチ
 浅倉はこの前の出場者決定戦の映像を見ても、この1年で動きが格段によくなっている。ここで山本と比べちゃうのも可哀想だが、やっぱり若いと伸び代が違うんだなあ。

アリーシャ・ガルシア○-×マリア・オリベイラ
 試合を見たことのあるアリーシャに一票。順当にいけば彼女がこのトーナメントの本命か?

マネル・ケイプ×-○山本アーセン
 バンタム級GPも石渡以外微妙…というかよく分からないメンバーになったが、まあお母さんの分もアーセンには頑張ってほしいということで。

ムン・ジェフン○-×ケビン・ペッシ
 うわあ…もう予想をパスしたいが、こうなったら乗りかかった船。時差ボケの少ないジェフンを支持(超適当)。

石渡伸太郎○-×アクメド・ムサカエフ
 満を持しての登場となる石渡に、堀口の対抗馬としての存在感を発揮してほしい。ここで相手のロシア人が無闇に強い、とかいうオチはないだろうな。それはそれで面白いが。

RENA○-×アンディ・ウィン
 生放送のメインを飾るのはRENA。体重設定はRENA寄りだし、寝技への対応が不安と言われつつ対応力をつけながらここまで来ている。グラウンドに持ち込む暇を与えず打撃で押しきってほしい。

[PR]
by nugueira | 2017-10-13 22:56 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)
 15日のRIZINの予想、ワンマッチの方から。2試合生中継は面白い試みだけど、会場観戦組にはしんどいなあ。日帰り前提で九州以外から行くつもりだった人もいると思うのだが。

ジェロム・レ・バンナ×-○ロッキー・マルティネス
 旗揚げ当時の因縁を乗り越えてバンナが参戦。一発が入れば分からないんだろうけど、定期的にMMAの試合をやっている選手相手に勝ち目は薄そう。

川尻達也○-×ガブリエル・オリベイラ
 川尻のバンタム級GPワイルドカード査定試合。心意気は買いたいしこの試合はクリアしてくれると思いたいが、契約体重は63キロ。バンタムでやれるかどうかの査定になるのかなあ…という根本的な疑問が。

KINGレイナ○-×クリスタル・ストークス
 レイナは那須川とともに今年のRIZIN皆勤。粗いなりにデカい外国人相手に勝ち続けているのは大したもので、今回もしっかり結果を出してほしい。年末はいよいよギャビと激突か。

西浦“ウィッキー”聡生×-○アンディ・サワー
 また偉い微妙な組み合わせ。ウィッキーにとっては階級を上げての試合になるので、さすがにサワー優位か。寝技への対応が相変わらずザルだとしたら意外と分からないカードではあるけど。

桜庭和志○-×フランク・シャムロック
 グラップリングルールならレジェンド路線の選手が出てくるのも歓迎だし、桜庭vsフラシャムはPRIDE時代から期待されていたカードだから、オールドファンにとっては予想外のプレゼント。緊急出場のフラシャムにとっては厳しい試合になるか。

那須川天心○-×藤田大和
 那須川の相手は元ボクシングエリートの藤田。この相手なら那須川には寝技がどの程度できるのかを見せてほしい、という気もする。アムナットをKOしちゃうぐらいだから打撃戦になっても普通に殴り勝ちしそうだけど。

[PR]
by nugueira | 2017-10-12 23:09 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)