反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

2017年 11月 15日 ( 1 )

UFN121の予想

 19日のシドニー大会の予想。

ウィル・ブルックス○-×ニック・レンツ
 連敗で後がないブルックス。負け方も言い訳のきかない内容ではあるのだが、ここは踏みとどまってくれるのでは…と期待。

アレクサンダー・ヴォルカノフスキー○-×シェイン・ヤング
 粕谷、廣田と日本勢をなで斬りにしていたヴォルカノフスキー。今回も対戦相手変更が続いてUFCデビュー戦の相手なので、難なく勝ちそう。

エリアス・テオドロウ×-○ダン・ケリー
 柔道出身のフィジカルファイター・ケリーがまたも地元で試合。オッズは劣勢だがエヴァンス戦の勝利が印象深いので推しておく。

ファブリシオ・ヴェウドゥム○-×マルティン・ティブラ
 ハントがメディカルチェック拒否により欠場、代打はなぜかヴェウドゥム。元王者とはいえオーストラリアの客は喜ぶのか?ヴェウドゥムが問題なく勝つだろうけど、これでタイトルショットが近づいてくるかは微妙。

[PR]
by nugueira | 2017-11-15 23:45 | UFC | Comments(0)