反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

2017年 09月 25日 ( 1 )

UFN117の感想②

石原夜叉坊○-×ローランド・ディ(判定)
 開始早々、ディの蹴り終わりに夜叉坊が左を合わせダウン!一度は立ち上がったディを再びテイクダウンすると、夜叉坊がパウンドとヒジで削り続け1R終了。
 上々のスタートを切った夜叉坊だが、狙い過ぎたのかガス欠なのか、2Rからは入り際にカウンターを合わされ被弾する場面が増え、急に怪しい雲行きに。3Rもディのハイをもらうなど苦しい展開になるが、度重なるローブローでディが減点をもらった直後、夜叉坊がタックルからテイクダウン。五分かやや押し気味の展開に戻して試合終了。
 終わってみれば三者とも夜叉坊だったが、ローブローの減点がなければドロー。1Rで攻め急がずに冷静にテイクダウンを狙ったあたりは良かったが、結局2R以降は失速。首はつながったものの、今後への不安感は否めない試合内容だった。

グーカン・サキ○-×エンリケ・ダ・シウバ(1R KO)
 開始直後にサキの左がヒットしシウバがダウン!この後もサキが打撃スキルの差を見せつけパンチで圧倒するが、ラウンド後半に入るとやや失速。シウバの膝をもらい始める。サキをケージ際に詰めたシウバが左ミドルからラッシュ!しかし離れ際にサキが左フックを打ち抜き、一撃でシウバをノックアウト!ヒヤリとさせられたが、最後は力ずくで吹き飛ばした。

五味隆典×-○キム・ドンヒョン(1R KO)
 低い姿勢で圧力をかけながら飛び込んでのパンチを狙っていく五味。比較的よく動けているか?と思ったところでドンヒョンのノーモーションの右が入りダウン!ドンヒョンの追撃の鉄槌をもらい続けたところでストップ。
 止めるタイミングが早いのはまあそうなのだが、打たれ弱さを露呈し一発もらってそのまま終わり、というここ最近嫌になるほど見続けてきたパターン。PRIDE時代に数々の名勝負を見せてもらった五味に恩義は感じているし、試合後の涙は本心からのものだとは思うが、それでもここ2試合の負け方は契約を消化するためにとりあえずオクタゴンに上がっているようにしか見えなかった。契約解除後にRIZIN参戦はあるのか…という辺りがやはり気になってくるが、ダメージの蓄積が心配だし、何よりこれ以上晩節を汚すような行動はやめてほしい。

クラウディア・ガデーリャ×-○ジェシカ・アンドラージ(判定)
 序盤はガデーリャが正確な打撃で圧倒。アンドラージは額から流血し早期KOもあるか…と思えたが、後半にアンドラージがテイクダウンを奪うと、強めのパウンドを入れ続ける。ガデーリャはかなり削られた感じで、急に分からない展開になってくる。
 2Rはテイクダウンの奪い合いになるが、ガデーリャが露骨にガス欠。アンドラージがフックの連打を打ち込み、追い込んでいく。ラウンド終盤にガデーリャが起死回生のギロチンに行くが、これは極まらず。3Rは完全に失速したガデーリャをアンドラージがテイクダウンからのパウンドで圧倒し、文句なしの圧勝。上位ランカー対決を制しヨアンナとの再戦に近づいた。
 日本のファンには馴染みの薄い選手同士の対戦だったが、死力を尽くした今大会一の激戦になった。しかしまあ、両者ともタックル・打撃を当然のようにバランスよく使い分けていて、女子のレベルの向上を改めて思い知らされた。朱里がこのレベルに太刀打ちしようとしたら、覚えなければいけないスキルは山ほどあるなあ。

オヴァンス・サンプレー○-×岡見勇信(1R ヴァンフルーチョーク)
 開始早々シングルを狙った岡見。下になるとサンプレーの首をギロチンに抱えるが、サンプレーはここで得意のヴァンフルーチョークの体勢へ。そのままサイドに移行し締め上げると、岡見が失神しストップ。
 「岡見玉砕」というのはまあ予想通りなのだが、フィニッシュがあまりに分かりにくすぎたのか場内がパソコンの画面越しにも分かるほど静まり返る、もの凄く微妙な空気。とはいえこの相手に打撃で打ち合えとは間違っても言えないし、ダメージなく今回の仕事を乗り切ったという意味では岡見にとってはいい結果だったということなんだろうなあ。

 大会を通じて悪くはなかったものの、残念ながら会場に行かなかったことを後悔するほどではない内容。これはもう、今のUFCの非北米大会がこういうもん、と思うしかないんだろうけど。次の日本大会はさすがにインターバルが空くだろうなあ。

[PR]
by nugueira | 2017-09-25 23:08 | UFC | Comments(5)