反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

2017年 09月 01日 ( 1 )

UFC日本大会

 先月G1両国大会を観た帰り、一緒に観戦した知人に「来月のUFC日本大会、チケット買っとこうか?」という話を振ったら「あのカードで土曜の朝から行く気になります?」という返事が返ってきてうーん、となってしまった。そこそこ以上に格闘技好きの知人からこういうリアクションが返ってきたことも驚きだったが、これに対して真っ向から反論できない、ということに気づいてしまったからだ。

 改めて今回の日本大会のカードを眺めてみると、メインに日本に馴染みのショーグンが登場するものの、この試合自体はライトヘビー級のタイトル戦線に直結するほどの位置づけではない。堀口の離脱により上位を狙える日本人選手はいない状況で、女子ストロー級1位のガデーリャの試合やグーカン・サキのMMAデビュー戦といった多少の見どころはあるものの、これが「世界最大のMMA団体の最先端の戦いだ!」と言われたら「いや、違うでしょ」となるわな。日本大会に限らず最近のUFN、特に北米以外で開催される大会は基本的にこんな感じだけど。あと土曜8時半にたまアリまで行かなきゃならないという条件が地味にキツい。

 2012年の初上陸時に比べファン側のテンションが徐々に下がってくるのはまあ仕方ない話で、その一方で「格闘技ファンが年1回(2年に1回?)足を運ぶ恒例行事」として定着していく…というのが理想的なのだが、軟着陸への道のりはやはり険しいか。
 というわけで9月に入った現在も、チケットは確保しておらず。気が向いたらそれこそ当日券で会場に行くかもしれないけど、今回は自宅でパソコン観戦の可能性が高まってきているかなあ。

[PR]
by nugueira | 2017-09-01 23:31 | UFC | Comments(4)