反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

2017年 08月 13日 ( 1 )

G1両国(最終日)

 最終日は新日本プロレスワールドで視聴。チケットの大幅値上げはツイッター上でも話題になっていたが、最終的に満員の入りになったので経営戦略として正解だった、という結論にたどり着くのでは。個人的にはG1最終戦の会場観戦は以前から諦めているので、プラチナチケット化するのもまあ有りなのかな、と思っている。

 セミまでは今後のタイトル戦線へのストーリーをつないだ、盛りだくさんの展開。ウォーマシンの優良外国人ぶりが依然際立っており、挑戦するのがまたGODかよ…と思っていたらここでKESが戦線復帰。これで俄然面白くなってきた。あとEVILは今回のG1で一気に存在感を増したなあ。

 柴田の登場は嬉しいサプライズだったが、復帰云々に関しては医学的判断に基づいて慎重にやってほしい、としか言いようがない。「生きてます。以上!」というコメントは実際問題として他に発言のしようがなかったのだろうし、ここで能天気に復帰を要望するのは無責任でしかないと思う。

 迎えたG1優勝決定戦は、見る側の期待値にレスラーがしっかりと応えてみせた、今の新日本のビッグマッチに相応しい好勝負。内藤のエプロンでのネックブリーカーに始まり、久々の場外トペ、実況席上でのパイルドライバーに至る荒業に度胆を抜かれると、ここから先は互いの死力を尽くしたせめぎ合い。内藤が雪崩式フランケンを繰り出せば、ケニーは蒼い衝動。内藤がグロリアからデスティーノを狙うものの、ケニーは切り返してパイルドライバー。内藤は雪崩式リバースフランケンから、遂にスターダストプレスを解禁!だがここはケニーが膝でブロック。
 「お前ら死ぬ気か!」と叫びたくなる攻防が続き、いつの間にか30分が経過。ケニーがVトリガーを幾度となく叩き込むが、内藤は片翼の天使だけは回避。最後は内藤が旋回式デスティーノから正調デスティーノの2連発でケニーを沈め、4年ぶりのG1制覇。
 流れとしては昨年内藤がG1を獲っていてもおかしくなかったと思うのだが、昨年ケニーがG1を制覇し怪物性を増していたからこそ、今年の優勝により説得力が出た。会場観戦していた二日間でも内藤への歓声の大きさは群を抜いており、「俺が新日本の中心」という発言に異を唱える人間は少ないのでは。ここから1.4ドームへと繋がっていくストーリーが今から楽しみで、ここ何年かの新日本は本当に客を飽きさせない。

[PR]
by nugueira | 2017-08-13 23:54 | プロレス | Comments(0)