反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

2012年 06月 30日 ( 1 )

RISE88の感想

 TOKYO MXで放送していたRISEを視聴。

 全体的な感想としては各試合とも細かいカットの多いダイジェスト形式の放送だったのが残念。とはいえ現在GAORAを視聴できる環境になくRISEの試合を見れない状態が1年以上続いていたので、こういう形で放送してもらえるのはありがたい限り。

清水賢吾○-×羅王丸(1R KO)
 左ミドルでボディを効かせた清水、最後はボディへのヒザで圧巻の1ラウンドKO。

KENJI○-×フランク・グロス(3R TKO)
 回転系のコンビネーションを繰り出すグロスに落ち着いて対処したKENJI。着実にパンチを入れていくと最後は得意のレバーブローでTKO勝利。

神村エリカ○-×ハム・ソヒ(判定)
 神村が左フックを打ち込み、パンチ連打でソヒを一瞬棒立ちにさせる場面も。KOは奪えなかったものの判定で完勝。RENAとの再戦はどういう結果になるか。

日菜太×-○ヘンリー・オプスタル(3R KO)
 日菜太がミドル・前蹴りからパンチへとつないでいき、完全にペースを掌握するも3Rにオプスタルが右ハイ一発で大逆転KO。日菜太は負けはしたけどどちらかというと「ポカ」のレベルで、KOシーン直前までの試合運びを今後も見せてくれるなら逆に期待できそう。

上原誠○-×クラフトン“ブレイズ”ワランス(2R TKO)
 ワランスは重そうなコンビネーションを繰り出すも、上原が着実にロー・ミドルで応戦。2Rにミドルを食らったワランスが嫌がって後ろに下がると、上原が打ち下しの右でダウンを奪取。さらにまたも右でダウンを奪うと、後頭部へのパンチをアピールしていたワランスが戦意喪失気味になり試合終了。

小宮山工介○-×花田元誓(4R TKO)
 5Rのせいか、メインのこの試合が一番ダイジェスト感がひどかった。ミドル・前蹴りで主導権を握り続けた小宮山が、4Rにミドルで花田を下がらせるとドンピシャのタイミングでボディへヒザを突き刺し花田ダウン。さらに追撃のヒザで2度目のダウンを奪うと、ここで花田のセコンドがタオルを投入。小宮山はベルトを獲ってから完全に一皮むけた感じか。
[PR]
by nugueira | 2012-06-30 22:05 | RIZE | Comments(0)