反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

2010年 02月 03日 ( 1 )

 1/30大会を動画で見た感想を。DREAMにとっては非常に厳しい結果に。

メルヴィン・マヌーフ×-○ロビー・ローラー(1R KO)
 開始からジリジリと圧力をかけ続けたマヌーフが、ロー・ミドル・ボディーブローで圧倒。ローラーはローキックで完全に足が流れるようになり、こりゃKOも時間の問題か、と思いきやマヌーフのガードが下がっていたところにローラーの右がクリーンヒット。そうそう見れるもんじゃない大逆転劇でローラーがKO勝利。マヌーフはディフェンスがおろそかになる悪い癖が最後の最後で出ちゃったなあ・・・。

ニック・ディアス○-×マリウス・ザロムスキー(1R KO)
 序盤から打ち合いになるものの、パンチの正確性ではディアスが優勢。一度はザロムスキーのパンチでディアスがダウンする場面があったものの、素早く体勢を入れ替えて凌いだディアス、最後はパンチでザロムスキーを粉砕。ザロムスキーが振り回してくると組み付いて金網に押し付けたり、ディアスの方が引き出しの多さという意味で一枚も二枚も上手だった感じ。
 ザロムスキーは自分の土俵である打撃戦で打ち負けてしまいまあ完敗なわけですが、それなりに見せ場は作ったいい試合だったのでは。いまやストライクフォースの方がギャラの払いもよさそうだし、DREAMでまた試合をしてくれるのかが不安になってくる。
[PR]
by nugueira | 2010-02-03 23:15 | Strikeforce | Comments(0)