反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

2009年 01月 26日 ( 1 )

たまには書評

 『PRIDE機密ファイル 封印された30の計画』を先週やっと購入。

 kamiproが書いた本だけに、今まで表に出てこなかった驚愕の情報満載なのでは?と期待したものの、既に当時から半ば公然の事実として報道されていた話(徳山VS五味)とか、「とりあえず試しにオファーだけしてみました」というレベルの話(ホリフィールド参戦、KONISHIKI参戦等)とかが中心で、正直やや拍子抜けな印象も。

 とはいえ、「あー、こういう話あった」と当時の記憶が蘇ってくるエピソードも多いので、ファンにとっては一種の「PRIDEクロニクル」として十分楽しめる本なんではないかと思います。

 個人的に今まで知らなくてツボにはまったエピソードは以下の3つでした。

・青木は警察学校時代にUFCからBJペン戦をオファーされ、これがきっかけでプロ格闘家への転向を決意した。
・田村潔司がアニメとのメディアミックスで「タイガーマスク」としてPRIDEのリングに上がるプランがあり、アニメは絵コンテの作成まで進んでいた。
・PRIDE武士道のネーミング候補の1つに「PRIDE東京番外地」という案があった。


 1点目はPRIDEと直接関係ないし、3点目は「いっそのこと永遠に封印していれば良かったのに」という気がしなくもないですが。

 吉田豪は一刀両断してた。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2009-01-26 22:59 | 雑記 | Comments(0)