反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

2009年 01月 05日 ( 1 )

 まずは前半戦をささっと。

チェ・ムベ○-×デイブ・ハーマン(2R TKO)
 1Rはハーマンがガンガン攻め込むも、2Rに入っていきなり失速。持ち前の打たれ強さで耐え凌いだムベが逆転勝利。「未知の強豪」と思われたハーマンはとんだ期待はずれ。
 前日会見でハーマンが「いつもひとりで練習している」と言っているのを聞いたときは何かの冗談かと思ったが、我流っぽい固い動きを見ると納得。まずは練習環境を整えるところから始めないと駄目でしょうねえ。

光岡映二○-×セルゲイ・ゴリアエフ(1R 腕十字)
 ゴリアエフは寝技のディフェンスもそこそこできることを証明はしたものの、最後は光岡が一本。あっさりバブル崩壊。
 試合後の光岡の「2ヶ月に1度試合があると結婚の話もなかなか進まない」というマイクには笑った。自分からネタにしてどうする。

中尾“KISS”芳広×-○アントニオ・シウバ(1R TKO)
 シウバがスピニングチョークまで披露したのには驚き。減量の効果か、HERO’S参戦時よりも動きがスピーディになっている印象。
 最後が中尾の負傷で終わってしまったのは残念。勝敗は変わらなかったと思うが、シウバの動きをもうちょっと見たかったなあ。

キング・モー○-×内藤征弥(1R TKO)
 モーの出入りの早い打撃に、内藤は何もできず。一発を狙いすぎたかやや時間はかかったものの、最後はフックをクリーンヒットさせKO勝利。モーはボクシング技術が格段に上達しており、総合3戦目とは思えない進歩ぶり。戦極はつくづくいい人材を発掘したなあ。1年ぐらいしたらあっさりUFCに移籍しちゃいそうだけど。

 前半戦は実につまらなかった。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2009-01-05 20:29 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)