反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

2008年 12月 15日 ( 1 )

戦極の追加カード

 1月大会で光岡VSゴリアエフが決定。

 五味と北岡のどっちが勝っても次期挑戦者はゴリアエフになるかと思っていたのですが、戦極もそこまで甘くはないですね。まあタイトルマッチの価値を高めるためには妥当な判断だろうと思います。
 光岡は完治を強調しているものの、北岡戦で足首を極められた瞬間の音は尋常ではなかったので、怪我の影響が不安。ゴリアエフはこれで勝ったら完全に勢いづくかも。

 しかし、それ以上に驚いたのが「来年はフェザー級の16人トーナメントを予定している」という驚愕の発表。おいおい、今年は結局フェザー級の試合1つも組まなかったのに、いきなりそこまで欲張って大丈夫かよ。出場確実な顔ぶれが一人も思い浮かばない状態でトーナメントの枠組みだけ決定っていうのもすごい状況だな。

 来年はDREAMのフェザー級トーナメントの話も上がっているので、体重設定が微妙に違うとはいえ選手の争奪戦が激しくなりそう。修斗ライト級の選手にとっては願ってもない好景気になりそうですな。
[PR]
by nugueira | 2008-12-15 23:13 | SRC(戦極) | Comments(0)