反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

2008年 12月 07日 ( 1 )

ゴールデンボーイの落日

 オスカー・デラホーヤVSマニー・パッキャオをWOWOWで観戦。

 いやー、驚いた。もうどういう言葉を使っていいものやら。

 序盤からデラホーヤは体格差・リーチ差を活かすことが全くできず、出入りの早さで先手を取っていくパッキャオに完全にペースを握られたまま、7・8Rには集中打を浴び続けて結局ドクターストップ。ボクシング専門誌に目を通したわけじゃないけど、こういう展開と結果を予想できた人はどのくらいいたの?パッキャオに賭けた人、儲けただろうなあ。

 試合前までは「ボクシングの階級制という歴史を否定するマッチメイク」という否定的な論調が大半だったわけですが、終わってみれば「ボクシングの常識を覆す結果」を生み出すことに。
 とはいえ、「パッキャオが凄い」という以上に「デラホーヤが衰えた」という印象の方が強かった感じ。パッキャオにいいように試合をコントロールされた中盤以降は、実況も言っていたように「普通のボクサー」にしか見えなかったもの。

 白状しておくとデラホーヤの試合を初めてまともに見たのがホプキンス戦なので、デラホーヤについては負けた試合を見た回数の方が多いんですが、それにしても今回の精彩のなさにはガッカリ。全盛期を知るファンであれば、なおさらショックでしょう。本人は引退について明言を避けたようですが、今回の試合がデラホーヤのキャリアにとってはやらなくていい余計な一戦だった、ということは間違いのないところなんではないでしょうか。

 これでファイトマネーがウン十億なんだから・・・。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-12-07 23:49 | その他(立ち技系) | Comments(0)