反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

全日本キックの感想(4月分)

 遅ればせながら、4月大会をGAORAで観戦したので感想を。

板倉直人○-×吉川英明(1R KO)
 上背に勝る板倉がタイミングよくパンチを叩き込み1ラウンドKO勝利。地味に連勝を重ねてますね。

中向居尚輝△-△卜部弘嵩(判定ドロー)
 卜部は離れた距離ではいいパンチを入れるが中向居の首相撲を凌げず、両者決め手なしのドロー。最近ぱっとしない卜部、新空手出身者の弱点を克服できていない感じ。

藤牧孝仁×-○細野岳範(3R TKO)
 2Rからタイミングよくパンチが入るようになった藤牧がダウンを奪取。しかし細野がヒジで額をカットすることに成功。3Rに入ってから藤牧の出血がひどくなりTKO決着。藤牧はいい攻めを見せていただけに残念。

前田浩喜×-○寺戸伸近(2R KO)
 寺戸は最近パンチに頼り気味の試合が目立ったものの、この試合ではローにつなげる上下のコンビネーションが上手く使えていた感じ。最後はパンチ連打を叩き込んでのKO勝利で、1月のタイトルマッチに続き2冠を達成。

藤原あらし△-△アピラック・KTジム(判定ドロー)
 2Rにアピラックのジャンピングハイであらしがダウンするものの、あらしがここから落ち着いて立て直す。3Rにあらしが上下のコンビネーションでポイントを取り返すと、終盤はローが効いたアピラックが前に出られなくなり防戦一方。判定はドローだったが、あらしの逆転勝ちでもよかった気がする。

瀧谷渉太○-×一戸総太(延長判定)
 組んでからの攻防で劣勢の瀧谷はなかなかペースをつかめず、3R終盤にようやく連打を入れるもののドロー。延長ラウンドも微妙な感じだったが、手数を出した瀧谷が勝利。卜部同様、もう一段上へ行くためには首相撲への対応がカギか。

クリストフ・プルボー○-×クンタップ・ウィラサクレック
 中盤までクンタップが首相撲で削り合いの展開に持ち込むものの、プルボーはしっかり対応し五分の展開。4Rあたりからペースの落ちてきたクンタップに対し、決定打はなかったもののパンチとヒジで攻勢を続けたプルボーが接戦を制した。プルボーはK-1ルールとかに変な色気を出さず、ムエタイルールで強豪と戦い続けてほしい。
[PR]
by nugueira | 2009-07-03 22:37 | 全日本キック | Comments(0)