反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

DREAM.9の感想(PPV)

 PPVで見たその他の試合の感想を。

ヤン“ザ・ジャイアント”ノルキヤ×-○ソクジュ(1R KO)
 ソクジュがローを効かせた後、テイクダウンからのパウンド連打でノルキヤを粉砕。どうせならローでKOしてほしかった気も。
 ソクジュがレフェリーストップの後も殴り続けたのは完全に余計でしたね。総合グリーンボーイじゃあるまいし。セコンドについていたセフォーとの因縁が勃発するか?

ゲガール・ムサシ○-×マーク・ハント(1R アームバー)
 パンチを入れてあっさりハントを寝かせたムサシが、そのまま腕を極めて圧勝。ここ1年ぐらいのハントは迫力がないのを通り越してやる気が感じられない。ヒョードルを追い詰めていた頃が懐かしいよ。

 スーパーハルクトーナメントはここまで大味な試合が揃うと逆に面白く見えてくるから不思議。準決勝はホンマン対ミノワマンとかを組んじゃうんだろうか。そうなるとムサシ対ソクジュがガチすぎて浮いてしまうか。

前田吉朗○-×高谷裕之(1R KO)
 前田が当て勘の良さと着実なテイクダウンで主導権を握る展開。一方の高谷はなかなか手数が出ずこのままジリジリと判定負けか、と思われた1R終了間際、前田のパンチに高谷がカウンターの右を合わせ大逆転のKO勝利。
 前田は「格闘技の強さ」で9割方勝ちを手にしていたが、最後の最後に高谷が「喧嘩の強さ」で全てをひっくり返した、という印象。まあ高谷もチーム黒船でみっちり技術を磨いてるわけで、こういう見方は失礼なんでしょうけれど。

今成正和×-○ビビアーノ・フェルナンデス(判定)
 戦前は「打撃の差でビビアーノの勝ち」と予想したんですが、そういう展開にすらならない噛み合わない内容の末、多少上のポジションを取っていたビビアーノの判定勝ち。まあ今成はバッシングされても文句言えないんだろうけど、こういう展開になるのは対戦相手にも問題ありでしょう。足関を警戒してグラウンドに付き合わないなら付き合わないで、そこから自分なりの攻め方を見せるのがプロだろうと思うんですが。

ホナウド・ジャカレイ△-△ジェイソン“メイヘム”ミラー(ノーコンテスト)
 メイン前のタイミングで抽選会の当選発表。地上波で流す気ゼロ、というのを今さら実感。
 「勢いのない団体ほど大一番の試合に消化不良の結末が訪れる」という傾向をかねてから感じているのですが(全盛期のPRIDEでもヒョードルVSノゲイラみたいなこと起きてるけど)、その意味でDREAMはなかなかいい流れに乗れてない感じ。個人的に非常に期待値の高いカードだっただけに残念。

 視聴率も上々で一安心か。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2009-05-28 21:47 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)