反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

VTJ復活

 修斗伝承は大ヒット興業といっていい盛り上がりを見せたようで、チケットを入手できなかった方は非常に悔しい思いをしたのでは。どうせなら代々木第二とか、もう少し大きいハコで開催すればよかったのに。

 格闘技の世界では「最高の面子を集めても、いざふたを開けてみたら凡戦の連続」という事態が決して珍しくはない中で、20周年記念興業という節目の勝負興業できっちり大当たりを引いてみせる辺りに修斗の底力を見た思いがします。修斗出身選手の底力、と言った方がいいのかもしれないが。
 思い返せば、川尻-ハンセン戦がノーコンテストになったときは「この辺りの運のなさが修斗の現状を象徴しているのか」という感想を持ちましたが、今回の興業でその潮目すら変わるのでは、という気にすらなりました。(まだスポーツナビの文章しか見てませんが。)

 各カードについてはネットで動画を見ながら追々感想を書いていこうと思いますが、「ヴァーリ・トゥード・ジャパンが10年ぶりに復活」という告知に衝撃を受けたので、先にその話から。

 といっても私が格闘技ファンを始めた頃にはVTJは既に休止に入っており、この大会について特段の思い入れがあるわけじゃないんですが。
 ただ、これまで良くも悪くも競技という世界観というか殻の中に閉じこもっていた修斗が、このタイミングで「VS外部」の色合いが濃いVTJの復活に踏み切るという点に強いメッセージ性を感じるんですよね。格闘技バブルの中で収奪される立場が続いていた修斗が、遂に「収奪者」たる外部との戦いに打って出る。老舗団体の逆襲の狼煙となるか!?
 さらに言えば「修斗VS外部」ではなく「修斗出身選手VS外部」という枠組みで、今回のような復帰組がリングに上がるのではないか。マッハ、あるいは青木がVTJのリングに上がったらどうなるか、など色々な想像が湧いてきます。

 実際問題、青木やマッハはDREAMとの関係もあるから難しそうだし、「軽量級の団体も山ほどある今の状況で、果たして外からどれだけの選手がかき集められるのか」とか不安要素は挙げようと思えばいくらでもあるんですが、今大会の盛り上がりを見るに、修斗にとってはいい流れができつつあるのではないかと。空振りのリスクは承知の上で、VTJの詳細発表を楽しみに待ちたいと思います。

 ゴルドー来ないかな。ありえないか。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2009-05-12 23:35 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)