反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

K-1横浜大会の予想

 年間スケジュールが発表にならないなど不安点は色々あるものの、土曜に迫ったK-1の予想を。
 まずはヘビー級王者決定トーナメント。

タイロン・スポーン×-○グーカン・サキ
 カラエフの負傷によりリザーバーだったスポーンが繰り上がり出場へ。スポーンは前々から評判がいいので非常に気になるところですが、あまり試合を見ていない選手でもあるし、昨年ベスト4のサキの勢いを評価。

メルヴィン・マヌーフ○-×ハリッド・“ディ・ファウスト”
 世界的な株価低迷の中、昨年末から株が上がりっぱなしのマヌーフ。ファウスト相手ならあっさり殴り勝ちしてくれそう。

サキ○-×マヌーフ
 サキが落ち着いてローをコツコツ入れて勝っちゃいそう。マヌーフが勝つとすれば序盤で一気に押し切るしかないか。

前田慶次郎○-×シング・心・ジャディブ
 スポーンの繰り上がりにより正真正銘どうでもよくなってしまったリザーブマッチ。ジャディブはこれまでの試合を見た限りでは単にデカいだけ、という印象しかないので、前田にとっては与しやすい相手か。

 続いてワンマッチ。

澤屋敷純一×-○グラウベ・フェイトーザ
 ともに昨年負けが込んだ者同士の、敗者復活戦色の濃いカード。グラウベはガードの甘さが心配だが、さすがに今の澤屋敷相手に取りこぼしはしないか。

ジェロム・レ・バンナ×-○エヴェルトン・テイシェイラ
 今大会の中ではかなり予想が難しいカード。経験で言えばバンナだが、テイシェイラの底力が全く読めない。テイシェイラはジマーマン戦では削り合いの末に敗れたが、今のバンナ相手ならフィジカルだけで押し切ってしまうのでは。

ピーター・アーツ×-○エロール・ジマーマン
 バダ・ハリのドタキャンは頭に来るが、ジマーマンとの再戦よりも、世代抗争のこのカードの方がテーマ性があって面白くなったのは確か。
 バンナ対テイシェイラと同じく、フィジカルと勢いに勝る新世代が旧世代を呑み込む結果になりそう。これまで何度となく世代交代の波を押し返してきたアーツ、今回が最大の正念場か。

レミー・ボンヤスキー○-×アリスター・オーフレイム
 大晦日にバダ・ハリを食ったアリスターが、返す刀でレミーに挑戦。これでレミーが負けたらK-1よどうなる、という状況ですが、ここ数年のレミーの試合内容を見る限り、勢いで押してくる総合格闘家相手にポカをする可能性は低いのでは。序盤はアリスターの猛攻をいなして、3RぐらいにKOしそう。

 新キャスターに優木まおみ。微妙。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by ごんた at 2009-03-24 08:54 x
アーツには勝って欲しいなあ。
バンナもティシェイラのようなタイプに力負けするようだと今後苦しいですね。

アリスターにも期待したい。
破壊力とリーチは他のK-1ファイターよりもあるので、レミーがシュルト戦みたいに亀になったままボコられる可能性もない事はないと思います。
アリスターがどう圧力をかけるか、それをレミーがどう捌くかでしょうね。
Commented by nugueira at 2009-03-24 21:25
>ごんた様
 アーツ、バンナは世代交代のかかったカードなので踏ん張って欲しい気もする一方で、やはり厳しいかなあと思えてきます。アリスターはここで勝たれてしまうと、競技論としてやっぱりへこみますねえ。
by nugueira | 2009-03-23 21:39 | K-1 | Comments(2)