反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

爆腕VSナオキック

 Krush!2の第1弾カードとして大月晴明VS石川直生、山本真弘VS国崇が決定。

 石川は先日の「キックルールで大晦日に出場」宣言を踏まえるとKrush!とは距離を置くのかな、と勝手に思いこんでいたので、今回の参戦は意外かつ少々残念。キックという看板で対世間へ打って出たいけど、世間への浸透を考えるとK-1と接点を持たざるを得ない。分かってはいたけれど、大きなジレンマですね。
 大月がK-1ルールでいまいちパッとしないことを差し引いても、ヒジ・ヒザという武器を封じられた石川が不利なのは否めないところ。「Road to 大晦日」の信念が、逆境を跳ね返すか。

 一方の真弘VS国崇も楽しみなカード。真弘がどんな勝ち方をするかが楽しみ、という意味だけど。M-1では寺戸VS前田のバンタム級王者対決も組まれたし、全日本対NJKFの対抗戦路線は炎上する一方ですね。
 K-1ルールでの興業には賛否両論あるところだけど、こういう枠組みの中で団体の壁を越えたカードが実現できるのなら、それはそれで一つの意義として認めていいのでは。こういう「焼き畑農業式」の豪華カードが一回りした後に何が残っているのか、という点が不安ではありますが。

 言っても仕方ないことなのか。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2009-02-09 23:51 | 全日本キック | Comments(0)