反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

Dynamite!!の感想③

ミルコ・クロコップ○-×チェ・ホンマン(1R KO)
 特に大きな動きもないまま、ミルコがコツコツ当て続けたローでホンマンがダウン。ホンマンは見せ場もなければ負け方もパッとしないな。お互い様子を見合ったままの判定もありうるんじゃないかと思っていたので、最悪の事態は免れたという気もしますが。ミルコは膝の手術をするのね。

武蔵×-○ゲガール・ムサシ(1R KO)
 08年大晦日の大番狂わせその3。大番狂わせの原因を作っているのは大半がK-1ファイターですが。
 ムサシが勢いもキレもあるパンチを打っていたのは確かだけど、武蔵がここまで簡単にやられちゃったのは意外かつガッカリ。以前の武蔵なら捌いていておかしくない相手だったと思うんだけどなあ。こちらが予想していた以上に衰えていたということか。

メルヴィン・マヌーフ○-×マーク・ハント(1R KO)
 08年大晦日の大番狂わせその4。「マヌーフが序盤にいいパンチを2、3発入れる」というのはまあ予想どおりだったんですが、ハントがそれで簡単に倒れちゃったのが完全に予想外。いい仕事しすぎのマヌーフを絶賛すべきなのか、期待はずれも甚だしいハントを罵倒すべきなのか。

青木真也○-×エディ・アルバレス(1R アンクルホールド)
 アルバレスの打撃が当たるのが先か、青木が極めるのが先か。息苦しくなるほどの間合いの測りあいから、足関の体勢へ持ち込んだ青木がそのまま一本勝ち。試合時間は短いながらも、緊張感のある攻防を見せて自分の持ち味を出し切った青木はさすが。今年の大晦日では唯一と言ってもいい「本物」の格闘技の試合だったと思います。

ヨアキム・ハンセン-J.Z.カルバン(試合中止)
 地上波を見終わって「なんだよ、ハンセン対カルバンはダイジェストすら流さないのか。存在自体ないことにされちゃったよ」と思っていたら、本当に試合の存在自体が消えていた。これ、会場のお客さんも直前になって知らされたということなんですかね?
 今回の大晦日で数少ない勝負論のあるカードだったので本当に残念ですが、とにかくハンセンの無事を祈ります。

田村潔司○-×桜庭和志(判定)
 現在の総合格闘技の水準からすれば、技術論的には何ら見るべきところのない試合。結果も消化不良気味の判定決着。ローを食らうたびに体がグラつくボロボロの桜庭の姿は、切ないのを通り越して見るに耐えない姿だった。それでも、15分間リング上に流れたあの「空気」を感じ取れただけで、このカードを組んだ意味があった、と断言したい。
 田村がパウンドを打っているときに、両者の間で交わされた会話らしきものは何だったのか。優勢に進めながらも判定まで持ち込んだのは、田村なりのUへのはなむけだったのか。技術論とは別の次元で、想像し、語りたくなるポイントが随所にちりばめられている。やはりリング上であの2人が行っていたのは、「格闘技」ではなく「プロレス」として見るべきものなのだと思う。

 大会の総括については時間があって気が向けば改めて書きますが、やっぱり大晦日の格闘技は今回が最後でいいんじゃないか、という気がします。視聴率の低下云々の問題は別にしても、「大晦日」という枠組みの中で格闘技が提示できるものはこの8年間で出し尽くしてしまったんではないか、と思えてならないので。

 PPVは煽りVだけが楽しみ。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by ねぇ at 2009-01-05 07:23 x
ローでぐらつく桜庭に対し、スタンドでKO出来たであろう田村がタックルに行った時はみんなでテレビに突っ込みましたよ・・・。
Commented by nugueira at 2009-01-05 19:24
>ねぇ様
 最後の最後で「介錯」はしたくない、という思いがあったんですかね。見ている側がこういう「ストーリー」を思い描いてしまうような試合をしたという点でも田村の勝ちなのかな、という気がします。
by nugueira | 2009-01-04 02:21 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)