反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

UFC92の感想

ヴァンダレイ・シウバ×-○クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン(1R KO)
 WOWOWの放送初っ端がこのカード。贅沢な番組編成してるなあ。入場からスイッチ入りまくりの両者の表情に見ている方もテンションが上がったが、このカードが日本の団体では見られない現状にはやはり一抹の寂しさを感じる。
 予想どおりスタンドでの攻防に終始した末、ランペイジがフック一発でシウバを大の字にしてKO勝利。相手の連打をがっちりガードしてからきれいなフックを入れるKOシーンは、リデル戦のVTRを見るかのようだった。因縁の相手に三度目の正直を果たしたランペイジ、これでタイトル戦線へ文句なしの再浮上か。

シーク・コンゴ○-×ムスタファ・アルトゥルク(1R TKO)
 ローブローを食らったコンゴが、ローブローを入れ返した挙句にパウンド・ヒジの連打でアルトゥルクを血祭りにあげTKO勝利。男性自身を蹴られた恨みは怖い、といったところか。年の瀬なのに下ネタ混じりの感想でスマン。

岡見勇信○-×ディーン・リスター(判定)
 リスターの寝技を凌ぎ続けた岡見が完勝。リスターは2Rあたりから打つ手がなくなっていた感じでしたね。
 負けた方が契約打ち切り、という岡見にとっては不条理な噂も流れていたものの、これで首がつながったか。とはいえ試合内容がアピール材料に欠けるのは確かで、これじゃタイトルマッチへの道は厳しいのかな。

アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ×-○フランク・ミア(2R KO)
 開始早々にミアの右アッパーを食らったノゲイラが、その後もスタンドで先手を取られ続け、全くいいところなく人生初のKO負け。スタンド勝負なら優位に立てる、というゲームプランが早々と崩れてしまい、そのままペースを持っていかれてしまったか。UFCに移籍してからの試合は打撃でダウンする場面が目立っているし、打たれ弱くなってきているのかな。
 試合後に泣き崩れるノゲイラ。ノゲイラのこんな負け方を誰が予想できただろうか。とにもかくにも、ヘビー級戦線はレスナーVSミアによる王座統一戦という、1年前は予想だにしなかった展開へとなだれ込んでいくことに。

フォレスト・グリフィン×-○ラシャド・エヴァンス(3R KO)
 出入りの早さで攻め込もうとするエヴァンスを、リーチ差を活かしたパンチとローキックでグリフィンが迎え撃つ展開。2Rあたりからエヴァンスがローキックを嫌がりつつもタイミングを合わせてきていたのでもしや・・・と思っていたら、3Rにエヴァンスがパンチでダウンを奪い、そこからパウンド連打でグリフィンを粉砕。UFC2008年の最終戦はライトヘビー級王座移動という劇的な展開で幕を閉じた。まあグリフィンには打撃戦での危なっかしさが前からあったので、大番狂わせというほどではないですが。
 ライトヘビー級タイトルマッチの次期挑戦者は順当にいけばランペイジか。この2人なら噛み合ったいい試合になりそう。LYOTOはまた無視される流れになってきてるかな・・・。

 今日の試合なんかを見ても、石井は打撃への対応が最大の壁になりそう。外人相手だとリーチでもかなり不利になるだろうし、オクタゴンへの挑戦は茨の道が待っているか。

 長南は今回で解雇か?人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by AA at 2008-12-30 16:45 x
ランページかLYOTOvsチアゴの勝者かが時期挑戦者でしょうかね。
ショーグンvsコールマンでコールマンが快勝すればコールマンも浮上しますか。
Commented by nugueira at 2009-01-03 13:31
>AA様
 LYOTOはよほどインパクトのある勝ち方をしないと厳しいでしょうね。コールマンはさすがに1試合勝っただけでいきなりタイトル挑戦は早すぎる気がします。
by nugueira | 2008-12-29 14:56 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)