反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

K-1 WORLD GPの感想②

バダ・ハリ○-エロール・ジマーマン(3R KO)
 ハリが優勢に試合を進めるものの、2Rにカウンターのパンチをきれいに合わされダウン。これでもう終わったか、と思いきや、再び攻勢に転じたハリがダウンを奪い返すと、3Rにパンチでジマーマンの意識を刈り取り、大逆転のKO勝利で決勝進出。
 「すごい試合を見た」という以上の感想が出てこないくらいの名勝負。ダウンを奪われてから逆に攻め続けるハリの姿に、先日の魔娑斗が重なって見えた。ここまでは本当にいい流れだったのに・・・。

グーカン・サキ×-○レミー・ボンヤスキー(2R KO)
 体格差を活かして主導権を握ったレミーが、フライングミドルキックをサキのわき腹にめりこませ、一撃KO勝利。こんなKOシーン、初めて見た。返す返す、ここまでは本当に面白い展開だったのに・・・。

バダ・ハリ×-○レミー・ボンヤスキー(反則負け)
 もう試合展開についての説明は今さら不要でしょう。準決勝が終わったときは本当にワクワクする、非常にいい興行だったのに、どうしてこんな結果になってしまったのか。
 決勝が始まる時点で、視聴者もおそらく会場も、「厳しいかもしれないけどハリに優勝して欲しい」という空気だったと思うんですよ。言い方は悪いけど、そういう流れになった時点で、決勝の結果がどっちに転んだとしてもハリの勝ちなんですよ。あと一歩で頂点を逃したとしても、格闘技ファンは「栄誉ある敗者」には暖かいし、準決勝までのハリにそうなる資格は十分あったわけだから。
 それが、自らの反則で全てをぶち壊しに。ファンも「栄誉ある敗者」は受け入れても、「単なるならず者」を迎え入れる度量はありませんわ。ハリほどのいい選手が、どうしてこんなことをしてしまうのか。解説の魔娑斗が言っていた「心の弱さ」なのか。
 ハリの将来性は評価するにせよ、出場停止処分は絶対に課すべきでしょうね。ボクシングでいえば亀田大毅と同じようなことをやっているわけだし。
 「世代交代」を謳い文句にした今回のトーナメントがこんな幕切れを迎えたことは、ただひたすらに残念。もう他に言葉が出てこない。

 視聴率は大健闘だと思う。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by hellharmony at 2008-12-11 11:48 x
>そういう流れになった時点で、決勝の結果が
>どっちに転んだとしてもハリの勝ちなんですよ

それっす。まさにそれ。
潔く戦って、勝てば文句なしのハリ時代到来。
ボロボロになって散ったとしても、
俺にとってハリによるレミーへのリベンジは
来年以降のK-1WGPの中心軸になる、はずだった。

まだ、K-1って重荷を背負う準備が
できてなかったんでしょうね…
それ思うと、魔裟斗はやっぱスゴいや。
Commented by nugueira at 2008-12-12 19:21
>hellharmony様
 覚悟や精神力の面で、魔娑斗との決定的な差が出てしまいましたね。魔娑斗が解説席で言っていた「出場停止にしなきゃ駄目」という発言、非常に説得力と重みを感じました。
by nugueira | 2008-12-09 22:45 | K-1 | Comments(2)