反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

TEAM DRAGON QUEST 2の感想

 スカパーの格闘技放送の録画がかなり溜まり気味。今月は大型興行は少ないので、過去のビデオの整理が目標。

 というわけでまずは、8月のTEAM DRAGON QUEST 2の感想。

TSUYOSHI○-×勝光(1R KO)
 TSUYOSHIは大振りの場面もやや目立ったものの、きっちりKO勝利。完全に勢いに乗ってますね。先日行われたスーパーフェザー級王者決定トーナメントでも勝ち進んでいるし、この階級の注目株になりそう。

梶原龍児○-×キム・ギョングワン(3R KO)
 1Rは様子見の場面が目立ったものの、2R以降は梶原がパンチのコンビネーションと手数で圧倒。相手のギョングワンってまだ18なのね。最後に梶原が飛び膝を決めた瞬間は思わず「大人気ない・・・」という感想が漏れてしまった。プロなんだから当然ちゃ当然ですが。

尾崎圭司○-×ジョン・クァンシック(3R KO)
 尾崎が回転技を出す余裕も見せて圧勝。尾崎が見せていた、途中までミドルの軌道で足を振り上げたあとに打ち下ろすローキックが面白かった。こんなフェイント効くのか、と思ったけど、実践でいざ使われたら確かに反応できなさそう。

細野岳範×-○黒田アキヒロ
 両選手とも今回初めて見たんですが、3度目の対戦ということもあってか良く言えば競った、悪くいうとお互い決め手のない展開に。こりゃ判定勝負かな、と思ったら4Rに黒田がフックでダウンを奪うとあっという間にKO勝ち。

AKIRA○-×KO-ICHI(3R TKO)
 パンチ勝負に行きたいKO-ICHIに対して、AKIRAは首相撲からのヒザでペースを掴むと、ミドル、パンチ、肘を次々に入れて完勝。チームドラゴンはK-1ルールでの強さが強調されるけど、キックルールの試合でもきっちりこういう展開に持ち込んで勝てるのはさすが。
 11月の全日本キックでは真弘とAKIRAが対戦するけど、この試合でもパンチをもらう場面が目立ったし、普通にやれば真弘が圧勝しそう。K-1ルールへの対応度にもよってくるでしょうが。

 ビデオはまだまだあります・・・。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-10-10 23:21 | その他(立ち技系) | Comments(0)