反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

UFC87の感想

 遅ればせながらネットで動画を見たので、その感想を。

ジョルジュ・サンピエール○-×ジョン・フィッチ(判定)
 開始早々タックルからテイクダウンを獲ったGSPが上をキープしてパウンドやヒジで攻勢。立ったら立ったで、フィッチのローにGSPがカウンターの右を合わせてダウンを奪い、序盤から完全に圧倒。結局このままほとんど危ない場面もなく、GSPが文句なしの判定勝利。
 繰り返し書いたようにこれまでフィッチの試合映像を見たことがないのですが、戦績・勢いから見て最強の挑戦者だったわけでしょ?その相手に「5ラウンドよく持ちこたえた」という意外は何も見せ場を与えず完勝。GSPどれだけ強いんだ、という話ですよ。
 GSPは最初にベルトを巻いたヒューズ戦なんかは打撃に頼っている印象だったけど、今はレスリング・グラウンドも含めて全局面で相手を圧倒している。総合格闘技の次の次元へひとりだけ進んでしまっている、という表現が何ら大げさではない感じ。こりゃBJペンと再戦してもかるく返り討ちにしちゃいそうだな。この一戦の先行きも不透明になってきてるようですが。

ブロック・レスナー○-×ヒース・ヒーリング(判定)
 レスナーは開始直後にうっかり入ってしまったパンチ一発でそのまま試合を持っていってしまった感じ。とはいえきっちり決めてほしい試合だったなあ。追い込まれてからのディフェンスが上手い、というのはヒーリングの昔からの持ち味ではあるけど。
 レスナーの場合単に体の圧力とパワーでテイクダウンを取ってる印象だし、グラウンドでのポジションキープ能力はさすがなんだけど、ポジションを取ってから先の攻め手がない感じ。これで次がいきなりタイトルマッチというのは、UFCサイドも露骨に優遇しちゃってるなあ。
 レスナーがクートゥアーに勝つとしたら今回みたいな出会い頭の一発しかなさそう。とはいえ、クートゥアーも1年以上のブランクを経ての復帰戦。ワンサイドゲームになるか大番狂わせが起きるかはクートゥアーのコンディション次第か。

 WOWOW中継復活間近。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-09-04 23:52 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)