反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

K-1ハワイ大会の感想

 優勝予想に挙げていたファウストがビザトラブルで欠場。のっけからグダグダですわ。

バダ・ハリ○-×ドマジョフ・オスタジック(1R KO)
 ハリがパンチ一発でKO勝利。早く終わりすぎちゃって、これじゃ逆に調子いいのかどうかよく分かんないよ。相打ちで食らったパンチで結構ぐらついていたし。

ポール・スロウィンスキー○-×アジス・ヤヤ(3R KO)
 ダウンの応酬の末、スロウィンスキーが殴り倒して逆転KO勝利。いやー、この試合は面白かった。ヤヤは終盤攻め疲れか動きが落ちたけど、それまでの攻勢はなかなかのもの。ブレギーに勝ったのは伊達ではないか。
 これだけの難敵を突破したスロウィンスキー、開幕戦にはぜひ推薦枠で出て欲しい。しつこいくらい繰り返し言ってますが。

マイティ・モー○-×ジャスティス・スミス(判定)
 スミスのリーチとラフプレーに苦戦しつつも、中盤から有効打を入れたモーが勝利。とはいえ、去年の調子のいい時期ならこういうデカいだけの選手は簡単に殴り倒していたはずで、やはり昨年来の不調は続いたままということか。

グーカン・サキ○-×ドゥシュ・プー(1R KO)
 サキがローキックで難なく勝利。

バタービーン×-○ウェズリー・“キャベージ”・コレイラ(2R KO)
 この結果には軽くショック。確かにコレイラは上背があるけど、立ち技素人のハイキックをどうして簡単にもらっちゃうかなあ・・・。

 いよいよ準決勝、と思ったらモーがローブローのダメージでリタイア。さらにはペタスは試合映像すら流れないまま初戦敗退。グダグダ感ここに極まれり、である。

ランディ・キム○-×ウェズリー・“キャベージ”・コレイラ(2R KO)
 で、リザーバーのランディが決勝進出。きっちりローでKO勝ちするあたり、K-1で場数を踏んできた成果をようやく出してきたという感じか。

グーカン・サキ○-×リック・チーク(1R KO)
 チークが予想外にいい動きをしていて驚いたが、落ち着いて対処したサキがまたもあっさりKO。出入りのスピードと、ローキック、ハイキック、ボディーブローという上中下の打ち分けがお見事。

ランディ・キム×-○グーガン・サキ(2R KO)
 これまでの試合内容からして順当な結果に。とはいえ、最初のダウンを奪ったサキのカウンターで試合が終わっていても何らおかしくなかっただけに、そこから立ち上がったランディの根性は賞賛すべき。

 直前の出場選手変更にはガックリきたものの、結果として実力者かつワールドGP的にはニューカマーのサキが優勝したのは嬉しい誤算。これで開幕戦の面子がさらに面白くなった。今回のサキの試合内容からすると、ハリやカラエフと対戦したら噛み合った面白い試合をしてくれそう。

 推薦枠はどうなるか。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by むーちゃん at 2008-08-13 22:56 x
むしろファンの間ではハリッド欠場でサキが本戦出場になり盛り上がってましたよ
今大会の裏MVPはハリッドだとも言われたぐらいでw
Commented by nugueira at 2008-08-16 14:20
>むーちゃん様
 ワハハ、裏MVPですか。確かにそうですね。サキがリザーバーだったのは明らかに不当な扱いだったので、本戦出場自体は私も歓迎してます。直前変更のドタバタが気に食わなかっただけで。
by nugueira | 2008-08-11 19:46 | K-1 | Comments(2)