反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

ケンシロウVSオオカミ男

  Afflictionの第2回イベントで、ジョシュ・バーネット vs アンドレイ・アルロフスキーが正式決定。

 ヒョードルの欠場は興行的に痛いだろうけど、代替カードとしては十分合格点と言えるのでは?元UFC王者同士の対戦で非常にいい試合になりそうだし。
 ベウフォートVSリンドランドというカードも噂に上がっているけど、旗上げ戦で勝った者同士をぶつけていくのは非常に分かりやすいしストーリー性があっていい。戦極もこういうマッチメイクをやればもう少し盛り上がったかもしれないのに。

 Afflictionはマッチメイクのカラーや勝敗予想のしやすさが戦極と非常に似ていると思うのだが、「なかなか火が点かない」というところまで似ちゃいそうで不安。ここで一気に差をつけることができるか。まあAfflictionサイドに戦極と競っているという認識はさらさらないと思うが。
[PR]
by nugueira | 2008-08-06 21:09 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)