反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ボクシングダブル世界戦

 テレビ観戦の感想を。

 WBA世界フライ級タイトルマッチは、坂田健史が久高寛之を大差の判定で破り4度目の防衛。序盤は久高がノビノビと攻めている印象が強かったけど、中盤以降は坂田が圧力と手数で圧倒。久高は中盤からはフットワークを使ってリズムを変えて、終盤はさらに真っ向からの打ち合いに切り替えたりと、打てる手は全て打ったという印象。それだけに坂田の安定感が目立った。世界戦の場数の差が大きいと思うけど、坂田はこういう我慢比べの展開にはめっぽう強い。こりゃ並の日本人じゃ崩すのは難しいか。

 もう一方のWBC世界フライ級タイトルマッチは、内藤大助が判定での劣勢を跳ね返して、清水智信を10R逆転KOで下し3度目の防衛。
 序盤は両者とも五分、中盤は内藤が完全にペースを握ったという印象だったので、8R終了時に清水が2-0でリードというジャッジには驚いた。清水がカウンターを上手く入れていたのは確かなので、有効打優先という基準であれば理解できなくはないけど。
 内藤にとっては予想外の大苦戦だったけど、結果的に勝ち方の幅を広げて、王者の風格がついてきた感じ。
 試合後の亀田興毅の乱入は余計だったなあ。内藤も露骨に嫌な表情浮かべてたし。亀田が今やるべきはパフォーマンスじゃなく、結果を積み重ねることだと思うのだが。まあ内藤にとって亀田戦がビッグビジネスなのは間違いないので、対戦が実現する可能性は高いんだろうけど。

 「サンデージャポン!」には笑った。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by FUVKYOU at 2008-08-01 03:47 x
感想が普通すぎてつまんない。
Commented by nugueira at 2008-08-02 00:00
>FUVKYOU様
 うーん、精進します。という返答がまた普通すぎてNGかもしれませんが。
by nugueira | 2008-07-30 23:50 | その他(立ち技系) | Comments(2)