反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

AfflictionやらUFCやら

 少し間が空きましたが、Affliction BannedとUFC Fight Night のメインを動画で見た感想を。

エメリヤーエンコ・ヒョードル○-×ティム・シルビア(1R チョークスリーパー)
 凄い。ビビッた。たじろいだ。2文節以上の感想が出てこなくなるほどの、ヒョードルの圧勝劇。
 シルビアのリーチ&ボクシング技術にどう対処するかが最大のポイントだったはずなんだけど、あっさり懐に入り込むとアッパー、左右のフックを立て続けにクリーンヒット。事実上これで勝負ありでしたね。
 クートゥアーも圧倒したとはいえ一本は奪えず、ノゲイラも序盤は大苦戦したシルビアを何の苦もなくあっさり料理。皇帝幻想、衰えるどころかますます膨らんじゃったなあ。次回興行はぜひアルロフスキーと対戦してほしい。

アンデウソン・シウバ○-×ジェームス・アーヴィン(1R KO)
 階級を上げたアンデウソンにとって決してイージーファイトではない、という見方もあったようですが、蓋を開けてみればローキックへのカウンターで放った右ストレート一発で勝利。こちらの絶対王者も、遺憾なくその存在感を発揮した感じ。
 アンデウソンは今後はまたミドル級で戦うようだけど、期待の岡見戦が怪我で流れてしまったのは非常に残念。
[PR]
by nugueira | 2008-07-26 17:39 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)