反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

DREAM.5の感想③

青木真也×-○ヨアキム・ハンセン(1R TKO)
 リザーブマッチをわざわざ放送したということは・・・と嫌な予感を感じていたら、案の定アルバレスがドクターストップ。大会前からある程度想定できていた展開ではありますが。
 青木はハンセンのスタンドでの打撃は上手く見切っていて、このまま得意の展開に持ち込んでくれると思ったんだけど・・・。フルラウンド戦ったコンディション面の影響はゼロではなかったでしょうけれど、それを敗因にするのはハンセンに失礼な気も。パウンドが得意なハンセンは青木にとっては扱いにくいタイプのはずで、仮にワンマッチであっても、この2人が対戦すれば一定の確率でこういう結果になりうる、ということなんでしょうね。

 決勝開始までは青木の優勝を見届ける気満々だったので、この結果には意気消沈。見終わった後、テレビの前にうずくまりました。ルール上は何の不備もないし、ハンセンが王者にふさわしくない選手というわけではないのだけれど、何とも言いようのない消化不良感が。

 ネット上の反応をちゃんとチェックしてるわけではないので、この結果に対するファンの見方がどうなのかよく掴みきれていないんですが、会場に行った知人なんかは「思わず泣けた」という高い評価をしていました。

 よく考えてみれば、「ファンの思い通りにならない残酷な現実」というのはかつてのPRIDEのお家芸。前回桜庭が負けたとき、「これでDREAMはPRIDE的世界観へ舵を切った」という趣旨の感想を書いたんですが、今回の結果もその流れ、と言えなくもないんですよね。ということは、この結果を素直に受け入れることができないのは、「PRIDE的世界観のDREAM」というものに自分の頭がまだ追いついてない、ということの証拠なのかもしれません。

 とりあえず、これで今後のライト級戦線は大混戦。ハンセンはまずはアルバレスとのリターンマッチが急務でしょうね。

 未放送の試合の感想もいずれ。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by ひで at 2008-07-25 15:08 x
一本負けして優勝した三崎よりはマシな気がします(笑)
Commented by nugueira at 2008-07-26 17:30
>ひで様
 引き合いに出すべきかどうかかなり悩んだのですが、三崎の名誉のためにスルーしときました。あのときに比べれば説得力は十分ですね。
by nugueira | 2008-07-24 20:45 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)