反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

Afflictionの予想

 結局各種雑誌への広告は何だったのか、というのが不明なまま大会当日を迎えそうなAffliction旗上げ興業。注目カードも多いので、とりあえず予想を。

マイク・パイル○-×JJアンブローズ
 戦極にも参戦していたパイルが登場。非独占契約路線ということでAfflictionと戦極を掛け持ちする選手が今後は増えるのだろうか。

ビトー・ベウフォート○-×テリー・マーティン
 いつの間にか参戦が決まっていたベウフォート。しぼむにはまだ早いと思うので、階級も落とした今回の試合で再びキレを見せてほしいところ。

アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ○-×ヴァーノン・“タイガー”・ホワイト
 ホジェリオはどうせなら日本で試合してくれればいいのに。それにしても相手がヴァーノン・“タイガー”・ホワイトって、えらい懐かしい名前が出てきたな。アメリカではけっこう試合出てるみたいだけど。

エメリヤーエンコ・アレキサンダー○-×ポール・ブエンテロ
 アレキサンダーはここ最近もコンスタントに試合こなしてるし、無難に勝ってくれるのでは。相手はアリスターにも負けてるブエンテロだし。

ヘナート・“ババル”・ソブラル○-×マイク・ホワイトヘッド
 UFCをクビになったババルが参戦。ホワイトヘッドは二線級を相手にそこそこの結果を残しているようだけど、地力どおりに行けばババルが勝つか。

マット・リンドランド○-×ファビオ・ネガオン
 今のリンドランドをどれだけ信用していいのか微妙だが、とりあえず。こういう適当な予想は怪我のもと、と分かってはいるのだが。

ジョシュ・バーネット○-×ペドロ・ヒーゾ
 ジョシュって昔ヒーゾに負けてるんだったっけ。とはいえここ数年の両者の勢いの差を見るに、ジョシュがグラウンドで難なく勝ちそう。スタンドで下手につきあっちゃうと危ないんだろうけど。

アンドレイ・アルロフスキー○-×ベン・ロスウェル
 二転三転しつつも、結局アルロフスキーも参戦。UFCのヘビー級、本当に層が薄くなったな・・・。アルロフスキーは最近パッとしないとはいえ、このままフェードアウトするのは勿体ない選手なので、ここでまた存在感を発揮してほしいところ。ヒョードル戦をぜひ実現してほしい。

エメリヤーエンコ・ヒョードル○-×ティム・シルビア
 直前になってヒョードルの負傷という怪情報も乱れ飛んだメインカード。怪我がデマだとしても、ヒョードルにとってミルコ戦以来最大の難敵であることは確かなわけで、接戦になっても何ら不思議ではないところ。さすがにヒョードル優位は揺らがないと思うが、ノゲイラも手こずったシルビアのリーチとボクシング技術をヒョードルがどう攻略するのか、非常に興味深い。

 PPVやってくれりゃ購入するのに。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-07-14 20:23 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)