反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

K-1福岡大会の感想②

前田慶次郎○-×佐藤匠(判定)
 ローで主導権を握った前田が2Rからはパンチでも攻勢に出て完勝。前田はパンチの方も打ち込むタイミングの良さや、手数をまとめる上手さが印象的。GPで準優勝していた頃の武蔵に近い感じ。最後の方の打ち合いでは佐藤に押し込まれる危ない場面もあったけど。

エヴェルトン・テイシェイラ○-×中迫強(判定)
 中迫がローキックをもらって数秒してから突然ダウンしたのは面白かった。秘孔でも突かれたか?テイシェイラが予想どおり圧力で押し切ったけど、攻め切れずに判定までいってしまったのは残念。どうせならきっちりKOで決めてほしかったなあ。

バダ・ハリ○-×グラウベ・フェイトーザ(1R KO)
 今大会屈指の好カードと見られていた一戦だったが、開始直後から左とローキックを的確にヒットさせたハリがそのまま一気に主導権を握り、グラウベにほぼ何もさせずに2度のダウンを奪って圧勝。
 グラウベはタイトルマッチということで必要以上に固くなっていたか、自分の距離で戦えずまごまごしている内にペースを持っていかれてしまった感じ。もっとも、それを差し引いてもハリの強さが際立っていたのは確か。こりゃ、ヘビー級のベルトが移動する光景は想像がつかなくなってきた。

セーム・シュルト○-×ジェロム・レ・バンナ(判定)
 シュルトの懐の深さとリーチ差に、バンナまたも何もできず。最後までガンガンぶつかっていく姿勢は評価できるけど、やはり工夫がなさすぎたか。シュルトは試合運びが手堅すぎて、一昨年頃の一番つまんない時期に戻ってしまった感じ。まあタイトルマッチだし、3度目の対戦でお互い手の内が分かっているので仕方ない部分もあるか。

前田慶次郎×-○エヴェルトン・テイシェイラ(判定)
 前田がフットワークを使ってテイシェイラに自分の距離を取らせない予想どおりの展開だったけど、テイシェイラがきっちり前に出続けて前田にペースを持っていかせない。本戦はドローでもおかしくなかったと思うけど、前田の序盤の消極姿勢が祟ったか、判定2-0でテイシェイラ。前田が攻めに転じた3Rもテイシェイラが互角以上の手数で打ち返していき、ポイントを奪えなかったのが予想外だったか。

 テイシェイラは4月に比べて着実にK-1ルールへ適応しているけど、まだスタミナと圧力だけで勝っている印象。日本人相手ならともかく、トップクラスの相手にアウトボクシングで試合をされたら今のままではきついか。開幕戦で誰をぶつけるのかが気になるところ。
 前田は優勝は逃したけど、武蔵超えを果たしたのはお見事。開幕戦に推薦出場の可能性は非常に大きいと見ていいでしょう。予想を外しておいてなんだけど、世代交代が進んだという点で今回のジャパンGPは大きい意義があったといえるのでは。武蔵にもまだまだ巻き返してほしいところだけど。

 こうなると澤屋敷と前田の出世争いも注目。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-06-30 01:03 | K-1 | Comments(0)