反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

DREAM.4の感想①

 家で赤ん坊の子守をしながらPPV観戦。

青木真也○-×永田克彦(1R フットチョーク)
 永田としてはテイクダウンから自分の優位なポジションをどれだけキープできるかに活路がかかっていたと思うのだが、そうする間もなく逆にテイクダウンを奪われると、マウントから最後はフットチョークで一本。この極まり方は総合格闘技史上初めてなのでは。
 収まるべき結果に収まり、ライト級GP決勝は最高の面子が揃った。この流れの中では、永田は(というか永田兄弟は)単なる添え物でしかなかったか。永田兄なんか、わざわざ「ブルー・ジャスティス」というキャッチフレーズつきで煽りVに登場したのに。

アリスター・オーフレイム○-×イ・テヒョン(1R KO)
 この試合と次の試合、煽りVが手抜きしすぎ。地上波で扱われないからか。それにしても外国人ナレーターに「カンコクサイキョウヨコヅナ!」と日本語を読み上げさせるセンスはいかがなものか。
 試合の方は、アリスターが弱点のスタミナ不足を路程する前に左右のフックとヒザを打ち込んで鮮やかなKO勝利。試合後のマイクでミルコへ対戦要求をしていたけど、確かに今のミルコのポジションを確認するにはいい相手かも。まあミルコVSハリトーノフとかを組んでくれるならそっち優先で構わないけど。
[PR]
Commented by ケータロー at 2008-06-17 09:55 x
自分は永田兄の「ブルージャスティス」を見た瞬間爆笑でした(爆)第二試合と第三試合の煽りVは佐藤Dが前言ってた、主役のVと脇役のVを別けて起承転結をつけようとしたんじゃないですか??あと単純にカード発表が直前だったので、時間がなかったか。
自分的には戦極のダラダラVよりはマシです!!
Commented by nugueira at 2008-06-17 20:55
> ケータロー様
 アリスターの煽りでランスを引き合いに出したり、短いながらも随所に光る部分はありましたね。正直これはセンスの問題なので、DREAMと戦極の差は永久に埋まらないのではという気はします。
by nugueira | 2008-06-16 21:06 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)