反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

DREAM.3の感想①

 PPV観戦の感想を。

山崎剛○-×昇侍(判定)
 昇侍のヒザに苦しめられつつも、グラウンドで優位を保ち続けた山崎が判定勝利。昇侍はグラウンドも含めてよく動けていたと思うけど、こういうしつこい寝技で来る相手に打撃のチャンスをどれだけ作れるかが課題か。とりあえずコンディションを万全の状態に戻してから巻き返してほしい。

ジェイソン・ミラー○-×柴田勝頼(1R TKO)
 ミラーはパウンドに入る前にきっちりカメラへピースサイン。余計なことすな。まあ相手が相手なんで、無難に出すべき結果を出した、という感想に尽きますかね。2回戦のマッチメイクが楽しみ。
 ちなみにダンサーたちと踊りながら入場したミラーに対して解説の須藤元気が発した「あれは体力を消耗するんですよ」というコメントは無駄に説得力があって面白かった。

メルヴィン・マヌーフ○-×キム・デウォン(1R TKO)
 デウォンが気持ちの強さを発揮して逆にマヌーフを下らせるものの、最後はグラウンドのヒザ・パンチでマヌーフがデウォンを粉砕。ここまで来ると「すげえ!」というより「不条理!」という感想の方がしっくりくる。フィニッシュ前の後頭部へのヒザは反則じゃないのか、というのが気になるが。
 ちなみにマヌーフが下った場面の解説席のやりとりが
 高阪「今の見た?元気?」
 須藤「マヌーフ下りましたね」
 という「お前ら、素のままでコメントしてるだろ」感満載の内容で笑った。このコンビは回を重ねるごとに面白くなりそう。

中村大介○-×チョン・ブギョン(2R KO)
 互いに持ち味を出し切って、マッチメイク側が意図した以上の面白さを発揮してくれた稀有な一戦。腕十字と足関節の奪い合いの攻防なんてまさに「回転体」ですよ。
 両者ともガードが上手いのか詰めが甘いのか、グラウンドでの一本は極まらず、最後はスタンドで優勢に進めていた中村がアゴをきれいに打ちぬいてブギョンをKO。大番狂わせを演じちゃったねえ。

ニック・ディアス○-×井上克也(1R TKO)
 両者のデータを見た時点からリーチ差が気になっていたんだけど、案の定ディアスが自分の距離でパンチを入れ続ける展開に。やはり井上はライト級で試合やった直後にこのオファー受けるのは無理があったか。
 ディアスのパンチはけっこう粗さも目立ったので、マッハが対戦したら殴り勝ちしそうな気がする。まあバロンに負けた後なのでなんとも言えないけど。
[PR]
Commented by at 2008-05-13 09:56 x
マヌーフの膝1発目でほぼKO状態で、それ以降のパウンドや2発目の後頭部への膝はほとんど力が入ってなかったように見えました。
レフェリーへのストップのアピールの意味合いが強かったと思います。
Commented by サモアン at 2008-05-13 12:46 x
中村勝利は番狂わせですかねぇ
キャリア、体格、シャオリンにしか極められてない実績を考えると、そこまで大番狂わせでもないような。3戦目で総合にあそこまで対応しているブギョンは、さすがメダリストですけどね。
ただウェルターから落としてきた選手と対峙すると体格差が気になりました。フェザーで山崎か、70でもそんなに大きくない宮田となら好勝負になりそうです。

ディアスはマンバのようなリーチのある相手にどう対処するんでしょうかね?興味のあるところです。
Commented by PRIDE4LIFE at 2008-05-14 23:30 x
中村は全然番狂わせじゃないですよ。実力通り、しかも余裕残しの勝利って感じでしょう。ブギョンが頑張ったと言うべきでしょう。中村は地味だけど極める力もあり強いですよ。でかい舞台というか知名度のある大会はあんまり出てませんが、武士道で池本を完封したのは記憶に新しいでしょう。
Commented by nugueira at 2008-05-14 23:32
>天様
 うーん、なるほど。また見返してみます。

>サモアン様
 ブギョンは並の選手相手なら楽に勝つぐらいの力と適応性があるだろう、という思いがあったもので。確かに、柔道時代の階級を考えるともうひとつ下の方が力を発揮するかもしれませんね。
 ディアスはストライカー相手なら意外とあっさり寝技勝負に行きそうな気もします。
Commented by nugueira at 2008-05-16 00:10
>PRIDE4LIFE 様
 言われてみて中村の戦績を見返してみたのですが、確かに着実に結果を重ねてますね。うーん、私が過小評価だったということでしょうか。
by nugueira | 2008-05-11 23:55 | その他(総合・寝技系) | Comments(5)