反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

ジョシュVSモンソン

 戦極第二陣のジョシュ・バーネットの対戦相手がジェフ・モンソンに決定。少し前に「ジョシュVS小川」という噂を聞いたときはけっこうテンション上がったんだけど。小川は前々から噂には上がり続けているので、戦極と何らかの交渉は続いていると見ておいていいんですかね。

 ジョシュが有利だろうとは思うものの、モンソンの寝技にどこまで付き合っちゃうんだろう、というのがやや心配。相手の持ち味を引き出すいつもの「風車の理論」をやると、ガッチリ固められて終わっちゃいそうな気も。

 大会3週間前にここまでカードを揃えているのは上出来。アメリカの団体に比べると遅いけど。通好みのツボを押さえているカード編成といい、やっぱり戦極の姿勢は評価しておくべきなのでは、と思えてくる。
 真っ先に参戦発表されたホジャーの相手が未定なのがかわいそうだけど。
[PR]
Commented by なの。 at 2008-04-26 01:53 x
小川は第一陣の会場にも来てましたからね。ホジャーの相手だったら凄いな。色んな意味で。
Commented by nugueira at 2008-04-26 13:37
>なの。様
 対ホジャーが実現したら「柔道VS柔術」とか「プロレスVSグレイシー」とか、切り口の多いカードになりますね。ホジャーが総合慣れしていないことを考えると、勝負論的にもそこそこ面白いでしょうし。
by nugueira | 2008-04-24 20:08 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)