反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

K-1横浜大会の予想

 日曜のK-1の予想を。谷川も自信ありと言うだけあって、なかなかいいカード揃いですね。

立川隆史○-×榎田洸之
 榎田のキャッチフレーズは「東国原知事からの刺客」だっけ?悪ふざけもたいがいにしとけよ。
 今回もほどほどの相手をあてがってもらった感じのある立川、無難にクリアしてくれるんではないでしょうか。今回も鳴り物つきの応援団が横アリに押しかけるんだろうな・・・。

ハリッド・“ディ・ファウスト”×-○アレキサンダー・ピチュクノフ
 去年はパッとしなかった、というか試合の機会もほとんどなかったファウスト。グラウベ戦で見せた打たれ強さと根性は評価するけど、ピチュクノフの勢いの方が上回りそうな気がする。

ピーター・ボンドラチェック○-×野田貢
 うわー、パッとしない。ボンドラチェックを評価する根拠も特にないんだけど、それ以上に野田を評価する根拠がないのでこういう予想にならざるを得ない。

マイティ・モー○-×前田慶次郎
 トライアウト昇格組の前田。去年一年間で結果は出してるので抜擢自体は妥当だと思うんだけど、やっぱりモー相手はきついよなあ・・・。どっかでボコッと一発もらって終わりそう。

グラウベ・フェイトーザ○-×アレックス・ロバーツ
 ようやくロバーツがK-1に登場。でもこれまた相手がきつい。勝つのは無理でもせめて見せ場は作って、ジャパンGPのエントリーにこぎつけて欲しいところ。

レイ・セフォー×-○バダ・ハリ
 武蔵VS澤屋敷と同様、世代交代のテーマが色濃く出た一戦。バダ・ハリって正真正銘のスーパーヘビー級相手にはまだ結果を出していないのが不安要素なんだけど、今回はセフォーを食ってしまうのでは。セフォーは完全に下り坂に入っちゃった感じだし。

武蔵×-○澤屋敷純一
 色々経緯はあったと思うけど、このカードをこのタイミングで切ってみせた主催者と、それを受けた両選手に対しては素直に敬意を表したい。
 予想はかなり難しいなあ。武蔵も最悪の時期は脱しただろうし、逆に澤屋敷はアーツ戦の敗戦で下降線に入っちゃってもおかしくないし。まあでも、セコンドも含めた総合力の差で澤屋敷が世代交代を決定づけるのではないかと。

エヴェルトン・テイシェイラ○-×藤本祐介
 今回最注目のテイシェイラ。お手頃な相手をマッチメイクしてもらっていることもあり、結果を出してくれるんではないかと。藤本がKYぶりを発揮する可能性も否定しきれませんが。

セーム・シュルト○-×マーク・ハント
 ハントがいきなりタイトルマッチ挑戦というのは釈然としないものの、まあ上位戦線に新味を出す意味ではいたし方ないのかと。
 「懐に入って一発強いパンチを叩き込む」というシュルト攻略法を実現し得るという意味では、ハントの戦いぶりは非常に興味深いところ。まあでも、シュルトが前蹴りを使って自分の距離で戦い続けて3R終わっちゃうかな。
[PR]
by nugueira | 2008-04-11 23:13 | K-1 | Comments(0)