反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

MAX開幕戦観戦記

HIROYA○-×藤鬥嘩裟(判定)
 前蹴りから先の攻めが出なかった藤と、一発狙いか大振りが目立ったHIROYA。どちらも動き自体は良かっただけに、やや大味な展開になっちゃったのはもったいなかったかな。HIROYAはパンチだけじゃなくもっと上下に打ち分けていけばよかったのに。
 試合の方は、最終ラウンドにようやく藤を捕らえてボディブローを叩き込んだHIROYAが判定勝利。やはり体格差は如何ともしがたかったか。藤は負けた瞬間の心底悔しそうな表情が印象的。これだけ負けん気が強ければ、まだいくらでも強くなるでしょ。

ブアカーオ・ポー・プラムック○-×アルバート・クラウス(延長判定)
 両者とも仕上がりは万全で、そうなるとスタイルの噛み合わせからブアカーオが優勢になったという感じ。やはりパンチの距離を殺して戦うのが上手い。
 で、判定は文句なしでブアカーオ・・・と思ったらドロー。まずここで「何で?」となる。まあこれは手数で勝っても目立ったダメージは与えてなかったから、ということにしましょう。
 でもそうなると、延長ラウンドはクラウスの勝ちなんじゃないの?パンチでブアカーオがのけぞる場面が何度かあったし。全体をコントロールしていたのがブアカーオだから、となると本戦でブアカーオの勝ちにしとけばよかったじゃん、となっちゃう。本戦と延長で判定基準が入れ替わってるとしか思えない。クラウスが怒るのももっともですわ。
 MAXの問題判定ってブアカーオ絡みの試合がやたら多い気がするんだけど、蹴り主体でポイントを取ろうとするスタイルがMAXのジャッジ基準に合わないからなのかな?ここまで続くとさすがに可哀想になってくる。

魔裟斗○-×ヴァージル・カラコダ(3R KO)
 いやー、魔裟斗やっぱりすごいわ。素直にそういうしかない試合だった。
 開始直後からパンチを叩き込むと、様子見もなしに上下の打ち分けでカラコダを圧倒。意外と蹴り主体で冷静に戦うんじゃないか、という予想はいい意味で見事に裏切られました。
 2Rあたりからドロドロの展開になってきたので判定に行っちゃうかな、カラコダも打たれ強いし。と思っていたら、3Rに右フック一閃。K-1の試合でKOパンチが目視できなかったのは去年のサワーVSドラゴ戦以来か。
 徹頭徹尾ガンガン打ち合いを仕掛けて、最後もきっちりKO。客の要求に真正面から応えて、しかも要求どおりの結果をちゃんと出しちゃう。メインイベンターの鑑ですね。それに引き換え佐(以下略)

 準々決勝の抽選も本日終了。魔裟斗VS佐藤は残念ながら実現しませんでした。サワーがかなり楽なブロックに入っているので連覇に向け視界良好、という感じはするものの、まだまだ何が起こるか分からない。10月の決勝ラウンドまで目が離せない戦いが続きそう。

 また佐藤VSブアカーオかよ。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-04-10 23:34 | K-1MAX | Comments(0)