反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

DREAM.1観戦記①

3月15日(土) さいたまスーパーアリーナ
d0010886_22512649.jpg

 場内はやや空席が目立つ印象で、結局最後まで満員と言える入りにはならず。旗上げの御祝儀でフルハウスになるかと思ったんだけど。地上波があるから会場観戦を控えた人が多かったか。

 オープニングのVはさすがの完成度。やっぱり佐藤さんの映像は見ているだけでテンションが上がる。

ミノワマン○-×イ・グァンボム(1R ヒザ十字)
d0010886_2255534.jpg

 ミノワマンは入場でタメることタメること。正直長すぎると思ったが、客がちゃんと付き合う空気になってるのが凄い。さすが「プロ」ですわ。
 試合開始後、ミノワマンは前方受身のように一回転するおなじみ(?)のムーブ。出だしはグァンボムとの間合いを測っている感じだったが、タックルからテイクダウンを取るとヒザ十字であっさり一本。入場も含めて自分に課された仕事をきっちりと果たしたというところか。

桜井“マッハ”速人○-×門馬秀貴(1R KO)
 序盤からローとパンチで攻めるマッハに、門馬はカウンターのパンチ狙い。門馬の方がリーチがあるだけに最初は少しヒヤヒヤしたが、マッハは首相撲からのヒザ、ローを着実に効かせていくと最後はパンチでダウンを奪い、パウンドを入れたところでレフェリーストップ。
d0010886_2345484.jpg

 マッハは今回は見事なKOで存在感を発揮。知名度は劣るが決して弱くはない日本人相手というリスキーなカードが続くが、ウェルター級活性化に向けまだまだ頑張って欲しいところ。

朴光哲×-○ヨアキム・ハンセン(判定)
 朴は回り込みながらのスタンド勝負を仕掛けていくが、逆に有効打を入れていくのはハンセン。さらにハンセンはグラウンドでもバックからのチョーク狙い、さらには腕十字、三角狙いと朴を完全に圧倒していく。
 スタンドで朴のパンチがハンセンを捉える場面も少しはあったものの、この後も試合は完全にハンセンのペース。打撃戦では伸びてくるパンチ、組み付くと反り投げからのテイクダウンで終始優位に試合を進め、一本は逃したものの判定で完勝。格の違いを示したというところか。
 ハンセンは試合ごとのムラの大きさがやや気がかりだが、やはり怖い存在。2回戦で誰と当たるのか楽しみ。

宮田和幸×-○ルイス・ブスカペ(1R 裸絞め)
 組み付いてくるブスカペに対して宮田は投げ技を連発してテイクダウン。ブスカペ得意のねちっこい寝技の展開に持ち込ませないが、上を取ってもなかなか有効打を入れることができない。そうこうしている内にようやく上を取ったブスカペが、細かい打撃を入れながらポジションを進めて行くと、最後はバックから裸絞めで一本。
d0010886_23212248.jpg

 宮田は序盤の動きは非常によかったのだが、ブスカペの粘り強い試合運びに敗北。今回も上位陣の壁を切り崩すことはできなかった。

 まだまだ続く。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-03-16 23:27 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)