反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

UFC82の感想

 とりあえずメインだけネットで拝見。

アンデウソン・シウバ○-×ダン・ヘンダーソン(2R チョークスリーパー)
 1Rは様子見のところをテイクダウンされてそのまま上を取られ続けたアンデウソンだが、2Rになると打って変わってガンガン圧力をかけていき、そのままスタンドの勝負を支配すると最後はチョークで一本。ダンヘンがここまで完膚なきまでに敗れたのはホジェリオ戦以来か。
 アンデウソンもパンチをもらう場面はあったのだが、ひるむ様子も見せずそのまま前に出続けてた。見かけによらず打たれ強いのか、相手の動きがよく見えているのか。いずれにせよ、2ラウンドに入ってからのギアチェンジの早さといい、ダンヘンが倒れた後の隙のない攻めといい、全てにおいてアンデウソンが上回ってましたね。
 次の挑戦者は順当に行けば岡見だろうけど、今のアンデウソン相手にどうにかできるとは思えないなあ。アルメイダが白星を重ねてタイトルマッチにこぎつけるまでは、有力な対抗馬は出てこなそう。アンデウソンが階級を上げるという話もちらほら聞こえてますが。
 これだけ圧倒的な内容で防衛を重ねているのに、会場人気がイマイチというのが不思議。まあPRIDEにおけるヴァンダレイも悪玉キャラを脱するまでかなり時間がかかっているから、同じようなものなのだろうか。

 岡見の動画を探さなきゃ。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2008-03-04 23:38 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)