反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

UFC82の予想

 来月早々に迫ったUFCの予想を。

アンデウソン・シウバ○-×ダン・ヘンダーソン
 ライトヘビー級に続く、UFC・PRIDE王座統一戦。もはやUFCにとって忌み言葉になってきた感のある「PRIDE」の名称をどこまで表に出すのかは不明だが。(もう大会名に使っちゃってるか。)
 試合の予想ですが、最近の安定感を見る限りアンデウソンの防衛で固いのでは。ダンヘンが勝つとすればスタンドの一発だけど、このところのアンデウソンの試合内容からするとボクシング合戦でも五分以上に渡り合いそうだし。

ヒース・ヒーリング×-○シーク・コンゴ
 ノゲイラに敗れて以来の出場となるヒーリング。ここ最近(というかここ数年)のパッとしない状況から見るに、今回も取りこぼすかなあ。というか最近の戦績からすればコンゴの方が格上と言っていいぐらいだし。コンゴはこの試合をクリアすればそろそろタイトル戦線にも絡んでくるのでは。

岡見勇信○-×エヴァン・タナー
 岡見はミドル級元王者タナー相手の大一番。実績ではタナーが上回るけどだいぶ試合から遠ざかっているし、フランクリン相手に接戦を演じた岡見ならタナーを食ってしまう可能性は高いかな、と思いこういう予想にしました。

ジョン・フィッチ○-×クリス・ウィルソン
 本来は郷野と戦う予定だったフィッチ、よく知らん選手が相手だけどとりあえず取りこぼしはないか。ていうかフィッチの試合もあまりちゃんと見たことないんですけどね。こういう予想に手を出すのはよくないかなあ・・・。

アンドレイ・アルロフスキー○-×ジェイク・オブライエン
 離脱の噂も散々流れていたアルロフスキーがひさしぶりの登場。かつてのヘビー級絶対王者も完全に影が薄くなっちゃったなあ。相手のオブライエンって昔ヒーリングに勝った選手だっけ。まさかここでアルロフスキーがポカはしないでしょう、と信じておきます。

 こうして見ると今のUFCは本当にカードは充実してるんだけど、どうも関心は低下気味なんですよねえ。今回もネットで探してでも絶対見たいのはアンデウソン対ダンヘンぐらいだし。やっぱりテレビで流して欲しいなあ。
[PR]
by nugueira | 2008-02-24 23:56 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)