反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

全日本キック観戦記②

レイ・スターリン×-○望月竜介(2R KO)
 ローキックで攻めていく望月に対して、スターリンはフットワークを使って出入りの早さで仕掛けていく。両者とも目立ったクリーンヒットはなく1R終了。やはり削り合いの展開になるか。
 ところが2R、望月のローを食らったスターリンが突然ダウン。何とか立ち上がるもののダメージは明らかで、さらに望月のローを食らったところで立ち上がれず勝負あり。判定必至と見られた一線はやや唐突な感じもするKO決着となった。望月のロー、そんなに効いていたかなあ。
d0010886_22563039.jpg

山内裕太郎×-○白虎(延長判定)
 序盤は山内が相手の動きをよく見ており、ボディーストレートなどで着実に有効打を入れていく。しかし白虎も下らず前に出続け、2R辺りからは白虎のパンチが山内を捉える場面も出てくるように。
 山内は近距離の打ち合いでも押し込まれることなく手数を出していくが、互いに決定打は奪えないまま3Rが終了。全体を通じた印象のとおり、ドロー判定で延長ラウンドへ。
 延長ラウンドでは山内が左右のヒジを振るっていくのに対して、白虎は引き続き近距離でのパンチ。白虎は最後まで倒れなかったものの、有効打の数は山内のヒジの方が勝っていた印象。
 予想外に手こずったがこれで山内勝利か、と思っていたら判定は2-1で白虎。うーん、山内のヒジの方にポイントが入るべき内容だったと思うのだが。
 白虎は1回戦のプルボー戦に続く大番狂わせを実現。トーナメントは本命・対抗の山内とスターリンがともに準決勝で姿を消す大荒れの展開になってきた。

菊地慧×-○瀧谷渉太(2R KO)
 ランカー相手の初の試合となる瀧谷、序盤は菊地に組み付かれる場面もあり、やや攻めあぐねている感じ。しかし菊地に組み付きの多用で注意が出た1R終盤、瀧谷がハイキックをヒットさせて遂にダウンを奪取。
 こうなると2Rは完全に瀧谷ペース。顔面への前蹴り、パンチで立て続けにダウンを奪うと、最後はハイキックで菊地を仕留めて試合終了。デビュー以来の連続KO記録を4に伸ばした。
 宮田部長のブログにも書いてあったが、瀧谷は少しでも早くKOで決めてやろう、という気持ちが前面に出ているのが非常に好印象。今回の勝利でランキング入りは確定。次はウエンツあたりとやったらどうだ?(と思ったら、ウエンツはJ-NETのトーナメントに出場するのね。)
d0010886_22565836.jpg

[PR]
by nugueira | 2008-01-11 23:08 | 全日本キック | Comments(0)