反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

Dynamite!!の感想②

 残りの試合の感想を。順番はうろ覚えなので放送順とは一致してませんが。

西島洋介×-○メルヴィン・マヌーフ(1R KO)
 まあ予想通りな展開でマヌーフがあっさり勝利。試合後のマヌーフのコメントを見ると、西島の発言にかなりカチンときていた模様。ガラにもない煽りをやるもんじゃない、ということか。

ミノワマン×-○ズール(3R KO)
 1Rからズールの周りをグルグルと動き続けるミノワマンの作戦自体は良かったと思うんだけど、ズールが想像以上に冷静に対処していた感じ。グラウンドも体重を活かすだけというよりは、ちゃんとポジションを考えながら動いている印象を受けたし。ミノワマンは大晦日はどうも相性が悪いね。

ボブ・サップ○-×ボビー・オロゴン(1R KO)
 ボビー相手にきっちりとサイドポジションからパスガードしてマウントへ移行するサップの姿には、「選手としての成長」以上に「大人げのなさ」を感じた。負けた後のボビーの表情にも無駄な「一仕事終えた感」が漂っていたし。やっぱりこの路線は今回限りで打ち止めにしてほしいなあ。さほど数字が取れているとも思えないし。

立川隆史○-×井上由久(1R KO)
 あー、やっぱり来てたよ、ロッテ応援団。試合の方はこの前の横浜アリーナと同じような展開で立川が勝利。いきなり大物とやるわけでもなく、大晦日とはいえこうして前座から試合を積み重ねていく姿には「叩き上げ感」があって好感が持てる。それにしても「いい右ローを放つ元プロ野球の四番打者」って何か微妙だよな。

魔裟斗○-×チェ・ヨンス(3R KO)
 開始早々に後ろ回し蹴りを出す元ボクシング世界王者の姿勢は評価しておくべきなのかどうか。絵柄として面白かったけど。
 パンチの攻防になっても魔裟斗は最後にきっちりローへつなげるのが上手いしいやらしい。ヨンスも韓国人特有の打たれ強さは存分に発揮していたけど、まあキックボクサーとしての格の違いが如実に出た結果でしたね。

山本“KID”徳郁○-×ハニ・ヤヒーラ(2R KO)
 ヤヒーラってもっとねちっこく寝技に引き込んでくる印象があったけど、どうも動きにスピードが欠けた感じ。やはり減量苦の影響か?
 寝技に付き合わずスタンド狙いというKIDの作戦が完全にはまっていたけど、ヤヒーラのパンチを迂闊にもらったせいで終盤が子供のケンカのような展開になってしまったのが残念。どうせなら危なげなく締めてほしかった。

桜庭和志○-×船木誠勝(1R チキンウイングアームロック)
 船木の入場シーンは予想外に見入ってしまった。やっぱりオーラというか雰囲気を持っている選手なんだなあ、と感心。試合の方ですが、まあ去年のことなんで細かい話は抜きにしましょうや(←適当な締め)。
 これで桜庭対ヒクソンは実現してくれるのかなあ。試合自体がワクワクする内容になるとは全く思えないが、ひとつの歴史の総決算としてやって欲しい気はする。

 視聴率もまあ悪くはなかったようで。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by ヒデ at 2008-01-03 09:10 x
Dynamiteの録画失敗してしまったのでありがたいです。珍しく全体的に評価が高いので驚いてます(笑)
Commented by nugueira at 2008-01-03 22:56
>ヒデ様
 決定的なキラーカードはなかったものの、試合ごとの平均点としては悪くない内容だったと思います。コアファン路線へのシフトはある程度成功したんでしょうかね。
by nugueira | 2008-01-02 23:19 | Dynamite!! | Comments(2)