反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

UFC78の感想

 タムデン・マックローリーVS郷野聡寛だけネットで拝見。相変わらず判定決着の試合には食指が動かない。

 とりあえずは「非常に郷野らしい試合」の一言に尽きますね。序盤は相手にガンガン攻めさせて、のらくらと決定打を許さずにやり過ごしてからいつの間にか自分のペースへ。

 他のPRIDE勢が持ち味を出せずに苦戦している中、11ヶ月ぶりとかなり試合間隔が空いているにも関わらず「らしさ」を出し切った点に、素直に「郷野すげえなあ」と思ってしまいます。

 黄金のウェルター級も、いつの間にか全員勝ったり負けたりの大混戦。果たして郷野は上位戦線へ食い込むことができるか?期待したいですね。

 それにしても、この試合で郷野が獲得した「タップアウト賞」の賞金が約600万円というのがすごい。ファイトマネー本体よりよっぽど稼げたんじゃないの?やはり今のUFCは動いている金の水準が違いますな。
[PR]
by nugueira | 2007-11-23 23:03 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)