反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

全日本キック観戦記②

白虎○-×クリストフ・プルボー(2R KO)
 プルボーは序盤から重いローと組んでのヒザで先手を取っていき、組み付くと白虎を軽々と投げ飛ばす。連勝で自信をつけているのか、試合運びからもふてぶてしさが感じられる。
 予想どおりこのままプルボーのペースか、と思っていたら1R終盤に白虎のパンチがクリーンヒットしプルボーがふらつく。すると2R序盤から白虎が一気に攻勢に転じ、距離を詰めてのパンチ連打でダウンを奪取。立ち上がるもののふらついているプルボーにパンチラッシュを仕掛け、あっという間に3ダウン。トーナメントの台風の目になるかと思われたプルボーを下し、白虎が山内との再戦にこぎつけた。
d0010886_2320052.jpg

望月竜介○-×川端健司(延長判定)
 1R、望月は蹴りで先手を取っていくが川端もきっちりローとパンチを返していく。パンチのキレだけなら川端の方が上手か。
 2Rは川端がフットワークを使って手数を出していくものの、望月がカウンターのストレートをヒット。3Rになると望月はミドルを中心に攻めを組み立て、川端の体力を削っていく。川端は時おりアッパーをヒットさせるものの、なかなかパンチの距離を取らせてもらえない。
 4Rから川端が前へ出るスタイルへ切り替えるものの、逆にタイミングよくパンチを打ち込んでペースをつかむのは望月。川端がどうにかペースを引き戻そうとしても、望月が老獪な試合運びでそれを許さない、という感じ。
 クリンチの多い望月がイエローカードをもらう場面はあったものの、これは文句なしで望月でしょう。と思ったら判定は望月1-0のドローで延長ラウンドへ。川端が手数では互角に返していたのと、望月のクリンチの印象が響いたか?
 延長ラウンドはスタミナが切れた川端を望月がパンチで押し切り、ようやく判定勝利。本戦で勝負がついていておかしくない内容だったと思うが、ともかくも望月がタフな川端を振り切った。
d0010886_2348342.jpg

 細切れですがまだ続く。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2007-11-20 23:11 | 全日本キック | Comments(0)