反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

ヒョードルネタが続いて恐縮だが

 既にご存じの方も多いと思うが、プラハで開催されたコンバットサンボ世界選手権でヒョードルが優勝し王座を防衛。

http://www.sherdog.com/news/news.asp?n_id=9904

 で、試合内容はというと・・・

1回戦 対戦相手のウズベキスタンの選手がプラハに現れず不戦勝
準決勝 ブルガリアの選手相手にチョークで一本勝ち
決勝 対戦相手のウクライナの選手が姿を見せず不戦勝


 ワハハ!何だよ、3試合中2試合が「相手が現れず不戦勝」って。

 「えっ、俺の相手ヒョードル?アイタタ、急に腹の具合が・・・」
 という古典的格闘マンガのような光景が舞台裏で繰り広げられていたのだろうか。

 それにしても、UFCとヒョードルの交渉が決裂した原因のひとつにこの大会への出場を認めるかどうかがあったんでしょ?こんな結果になるんならUFCも認めてやりゃ良かったのに。(まあこれ以外の「他団体」に出たいという意向もあったのかもしれないけど。)

 カーンがFEGと契約したのも「他の団体はスピリットMCへの出場を認めてくれなかったから」とかいう話だし、資金力では勝てないUFC相手にFEGがつけいる隙があるとすればこの辺りか。
[PR]
Commented by ばばる at 2007-11-16 15:07 x
こんにちは
よそのサイトでみたんですが、対戦相手に“怪我をしないように、頭部の当たりをもうちょっとソフトにお願いします”と頼まれたらしいですよ。
漫画ですね。
Commented by ロシアンフック at 2007-11-16 16:23 x
ヒョードルはサンボもいいですけど、総合の試合に早く復帰してほしいですね。
確か今年は1試合しかしてないので試合感覚が鈍っているんじゃないかと少し心配ですね。。
Commented by nugueira at 2007-11-17 10:35
>ばばる様
 またものすごい情報が・・・。全盛期のカレリンみたいですね。

>ロシアンフック様
 試合間隔以上に、強豪相手の大一番をやっていないことが不安です。なんかムダに神格化が進んじゃってますよね。
by nugueira | 2007-11-14 23:55 | その他(総合・寝技系) | Comments(3)