反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

〔こだわり〕バウト

 毎月恒例。10月のMVP・ベストバウトと、11月のおすすめバウトです。

MVP:魔娑斗(10/5 K-1 WORLD MAX)
 真弘やあらしも素晴らしかったし、トーナメントで優勝を逃した選手を選ぶのはおかしいということは分かっているのだが、それでも魔娑斗の名前を挙げないわけにはいかない。
 自分自身の決断で一世一代の大勝負の舞台を整え、なおかつ完璧な結果を出してみせる。大観衆を一瞬にして「魔娑斗劇場」に引き込んでみせる存在感と、その裏にある圧倒的な覚悟。MAXにとって魔娑斗が絶対無二の存在であることを改めて実感させられた。

ベストバウト:大月晴明VS山本真弘(10/25 全日本キック)
 間合いを完璧に支配し真弘の攻撃をかすらせもしない大月と、大月の豪腕に爆発を許さない真弘。派手な打ち合いではなく、お互いの卓越したディフェンス技術が観客を魅了した希有な一戦。大月の一瞬の隙を見逃さず真弘がパンチをクリーンヒットさせた瞬間は、達人同士の剣術の試合を見ているかのような錯覚に襲われた。

〔おすすめ〕バウト:桜井洋平VSアタチャイ・フェアテックス(11/23 NJKF)
 「神業」とも称される技術で日本マットを席捲しているアタチャイが、真王杯王者・桜井と激突。桜井の破壊力はアタチャイをも粉砕するのか、あるいはアタチャイの技術とスピードは桜井をも寄せ付けないのか。60キロ級至高の対決は果たしてどのような結末を迎えるのか。
[PR]
by nugueira | 2007-11-06 23:00 | 雑記 | Comments(0)