反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

全日本キック観戦記②

 だいぶ間が空いちゃいましたが残り2試合を。

藤原あらし○-×ワンロップ・ウィラサクレック(判定)
 1Rからワンロップが全開。前蹴り、ヒザ、パンチと次々に攻撃を繰り出していく。あらしはクリーンヒットはもらわないものの、ワンロップのスピードに対応できない。
 「しとめられるのも時間の問題か・・・」という空気がいきなり場内に流れ始めるが、2Rからはクリーンヒットはないもののあらしの手数が増え始める。3Rになるとあらし得意のミドルが当たり出し、飛び込んでのボディー、組んでのヒザと徹底したボディー攻め。自分の距離で戦えているあらしに対し、ワンロップは動きが明らかに落ちてきた。
 序盤とは打って変わって「これはもしや・・・」という雰囲気になった後半戦。飛び込めなくなったワンロップの攻めが単発になるのに対して、あらしはミドルと飛び込みながらのアッパーを着実にクリーンヒットさせていく。
 結局は2ラウンド以降、ワンロップに全くペースを握らせなかったあらしが判定3-0で勝利。バンタム級の日本人がワンロップに勝つ。当分は実現不可能だと思われていた偉業を、あらしがあまりにもあっさりと成し遂げてみせた。日本政府はあらしに対する表彰を本気で検討すべきではないだろうか。

大月晴明×-○山本真弘(判定)
 1Rは細かいフェイントで間合いを測る真弘に対して、大月はローを出していく。真弘もパンチを返していくが、大月は上体のスウェーだけでディフェンス。互いに間合いの測りあいに終始するが、退屈さは全く感じさせない。
 2R、間合いを完全に見切った大月が、真弘のパンチを上体の動き中心のディフェンスで完璧にかわし続ける。このまま大月のペースで進むかと思われたが、大月のローに真弘が左フックを完璧なタイミングで合わせ、ダウンを奪取。真弘が試合のペースを一気に手繰り寄せた。
 ゲームプランを崩された大月だが、3Rも間合いを支配し真弘の有効打を許さない。真弘の渾身のフックを大月がダッキングすれば、大月の叩きつけるようなパンチを真弘がブロック。派手な打ち合いはないが、お互いの高度なディフェンス技術が会場を魅了する。
 4Rになると、大月が準決勝で負傷した右目からの出血が激しくなり、徐々に足を止めてパンチをもらう場面が増えてくる。最終ラウンドは大月が振り絞るようなパンチを出していくが、最後まで真弘を捉えきれずに試合終了。真弘が文句なしの判定で大月を下し、トーナメント優勝を果たした。

 昨年のフェザー級ベルト戴冠後は長い低迷に入ってしまった真弘だが、今年5月頃からかつてのキレが復活。自分の持ち味を完璧に出し切った試合内容で、強豪揃いのトーナメントを制してみせた。
 対する大月は、1回戦・準決勝とも豪打を見せて勝ち上がったものの、全体を通じて動きにキレを欠いた印象。やはり60キロという体重がネックになったか。とはいえ、ディフェンス技術だけで観客を引き付けた決勝のパフォーマンスはさすがだった。

 真弘は早くも来年1月にフェザー級タイトルの防衛戦が決定。大勝負が続くこととなるが、2度目の黄金時代を迎えたこの男の王座は、当分は揺るがないのではないか。

 今月は70キロトーナメントが開幕。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by BJより一言(;´Д`) at 2007-11-04 06:44 x
真弘はうちの先生も先輩も戦ってるのですがまけてます・・・
(とうぜんかwww)
しかしパンチは軽いらしいです。あのフットワークとスタミナ、ディフェンス
がすごいみたいですね

攻撃はだめと聞いていたので大宮司をKOした時はびっくりしました

もしかしてここ最近でパワーアップしたんですかね???
そうなるととてもじゃないですがだれも手におえないあいてになりますね

桜井とやらないかなぁ
Commented by nugueira at 2007-11-04 15:57
>BJ様
 おおっ、「対日本人25戦無敗」の中に入っているわけですね。
 最近の真弘はパワーアップというよりも、パンチを入れるタイミングを見切るのが非常に上手くなっている感じがします。スピードという自分の持ち味を極限まで高めた結果としてKO・ダウンが増えているんじゃないでしょうか。
by nugueira | 2007-11-02 23:25 | 全日本キック | Comments(2)